忍者ブログ
JJ DRAGONS
当ブログについて お知らせ ブログ内検索 RSS 2.0 Web Master's Operation Web Master's Operation 日本ブログ村「中日ドラゴンズ」
JJ DRAGONS  -中日ドラゴンズ応援系ブログ-
ホーム ニュース 2008年試合結果 公示 球種考察 ファーム NPB全般 コラム ニュースクリップ 動画クリップ お知らせ 当ブログについて 当ブログについて
(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.

No TopPage
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
球種■球速/使用頻度※備考

ストレート■130後半~140前半(MAX145)◎※ナチュラルスライド
カーブ■100中盤~110中盤◎
スライダー■120前半~後半◎
チェンジアップ・スクリュー■125後半~130前半○
※球種は独断の為、実際と異なる可能性もあります。
※球速は概算で誤差あり。◎~△は使用頻度。球種データは07年のものです。
PR

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
球種■球速/使用頻度※備考

ストレート■140前半~後半(MAX148)◎
シュート・ツーシーム■130後半~140中盤◎
カーブ■100後半~110前半○
スライダー■120中盤~130中盤○
フォーク■120後半~130中盤◎
※球種は独断の為、実際と異なる可能性もあります。
※球速は概算で誤差あり。◎~△は使用頻度。球種データは07年のものです。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
球種■球速/使用頻度※備考

ストレート■140中盤(MAX150)◎
ツーシーム(シュート)■140前半◎
スライダー■120中盤~後半○
フォーク■130中盤◎

高速スライダー・カットボール■習得中
※球種は独断の為、実際と異なる可能性もあります。
※球速は概算で誤差あり。◎~△は使用頻度。球種データは07年のものです。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
球種■球速/使用頻度※備考

ストレート■140前半(MAX148)◎
スライダー■120後半~130中盤◎
高速スライダー・カットボール■130前半~後半◎
シュート・ツーシーム■130後半○
シンカー■130前半△

ナックルカーブ■120中盤×
※球種は独断の為、実際と異なる可能性もあります。
※球速は概算で誤差あり。◎~△は使用頻度。球種データは07年のものです。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
球種■球速/使用頻度※備考

ストレート■140前半~中盤(MAX150)◎
カットボール■130後半~140前半◎※スライダーカット含
スライダー■120後半~130前半○
カーブ■100中盤~110中盤○
フォーク■120後半~130中盤○
シュート・ツーシーム■130後半○

ナックルカーブ■120中盤×
※球種は独断の為、実際と異なる可能性もあります。
※球速は概算で誤差あり。◎~△は使用頻度。球種データは07年のものです。

投球スタイル

ストレートと日本一のキレと言われるカットボールのコンビネーションが主体(しかしカットボールはデリケートで、05年などは曲がりすぎでその効果を保てず、一定期間封印)。特に左打者のアウトコースに対するカットボール(スライダーカット)とストレートでの出し入れは秀逸。左打者に外角だけで勝負できる。そこにシュート、カーブ、フォークを加え、カットが不調の場合でも臨機応変に対応できるところがこの投手の強み。配球に困った際に見せるスローカーブは、ファスト系を読んでいる打者に対して、もうひとつの決め球として非常に有効。ただ回転のキレイな4シームは、失投すると簡単にスタンドインされてしまう場面も。


【続きは後日書きます】

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
球種■球速/使用頻度※備考

ストレート■140前半(MAX147)◎
フォーク■120後半~130中盤◎
スライダー■130前半○
カーブ■110中盤△
※球種は独断の為、実際と異なる可能性もあります。
※球速は概算で誤差あり。◎~△は使用頻度。球種データは07年のものです。

投球スタイル

決め球は杉下茂氏も絶賛した”揺れる”フォーク。落差十分でベースの手前で落ちるなどまさに”一級品”。07年ウェスタンでは敵なしの投球で堂々のセーブ王を獲得(39・2/3イニングで防御率0.68)。
上での活躍を睨んだ場合、問題は打者を追い込むまでのカウントの取り方。スライダー、直球ともに制球・球威が不安定で追い込む前に痛打されている感は否めない。ストレートがしっかりと低めに制球できれば、フォークとの見分けも困難になり”高低勝負”がより有効になりそう。
その他では、スリーク気味から押し出すように投げる投球フォームもやや気になるところ。直球がシュート回転になり、対左打者の内角への配球が失投になりやすくなっている気がする。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
更新日:070611
(c)中日ドラゴンズ41浅尾拓也
■2006年成績■
■2005年成績■
■通算成績■
[生年月日] 1984年10月22日
[身長・体重] 182cm 71kg
[投打] 右投・右打
[出身地] 愛知
[球歴] 常滑北高-日本福祉大=07年大(3)
[推定年俸] 1200万


球種データ

球種■球速/使用頻度※備考
ストレート■140後半(MAX153)◎
カーブ■100後半~110前半△
スライダー■120後半~130中盤○
パーム■120後半~130中盤○
フォーク■130後半~140前半○※シュート回転
シンカー■※未確認
チェンジアップ※■未確認

※球種は独断の為、実際と異なる可能性もあります。
※球速は概算で誤差あり。◎~△は使用頻度。球種データは随時変更。


Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
「球種考察」の最新記事一覧
[PR]:04/01
川井進:01/01
佐藤充:01/01
朝倉健太:01/01
岩瀬仁紀:01/01
川上憲伸:01/01
金剛弘樹:01/01
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

VIEW COUNT
カレンダー
←03 2020/04 05→
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
一万年と二千年前から「中日ドラゴンズ」を愛してる
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
※リスト表示以前のアーカイブは上記カレンダーよりご覧ください。
※2006年以前の記事は現在一部の記事のみです。一括エクスポートできない為、現在地道に引っ越し中…。
ブログ内検索
複数ワードによる検索は出来ません。検索ワードは高確率でインデックスされます。
 Keyword often retrieved:
サイト内検索

スペースで区切ることによって複数ワードでの検索が可能です。更新されたばかりのエントリーのワード反映には日数がかかる場合があります。検索ワードを全てインデックスさせるには上記「ブログ内検索」窓をご利用下さい。
Powered by Google
参照サイト
多謝リンク
あわせて読みたいブログパーツ

Environment Browser:FireFox2.0 & Plese On JavaScript / We Use Font "meiryo". Test Browser:FireFox2.0 , Internet Explorer 7 / Sorry,Japanease Only.
忍者ブログ [PR]

(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.