忍者ブログ
JJ DRAGONS
当ブログについて お知らせ ブログ内検索 RSS 2.0 Web Master's Operation Web Master's Operation 日本ブログ村「中日ドラゴンズ」
JJ DRAGONS  -中日ドラゴンズ応援系ブログ-
ホーム ニュース 2008年試合結果 公示 球種考察 ファーム NPB全般 コラム ニュースクリップ 動画クリップ お知らせ 当ブログについて 当ブログについて
(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.

No TopPage
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
昨日の試合、岩瀬は落ち着いた投球で松中・小久保を三振。最後は柴原をショートゴロに抑え15セーブ目を上げました。

で、「おっ?」と思った場面がありまして。

松中に対するカウント1-1からの三球目。松中のインサイドからゾーンへ入ってくるいわゆる「インスラ」を投げたんですね。同じような軌道の投球でも、右打者の外ボールゾーンからストライクゾーンへ入ってくるボールは見たことあったのですが、左打者では初めて見ました(見落としているだけかもしれませんが)。
松中は「岩瀬のインコースはシュート」という意識があったのか、体を後方へよけながら見逃すと、ボールはストライクゾーン一杯へスライド。

ちょっと見づらいですが画像。


球速も140キロ近く出ていて(中継画面では138キロ)、ウェブ上の1球速報なんかだとストレートと表示されていた記憶。で、気になってスロー映像を拡大・一時停止してリリースの握りを見直してみると…。



2シーム!!
2シームからややずらして、縫い目の外に指をかけてスライドさせているんですね~驚き(確かドラゴンズでは与田さんあたりがこのような握りでスライダーを投げていたとのこと)。個人的には、これは球速的にも変化的にもムービングファストと言った方が良いかも?という感じ。

開幕前に”岩瀬新球種2シームに挑戦”という記事が出ましたが、こちらは”ボールが遠く見え、逃げていく感じ”と表現されているのでまた違うボールなのでしょう。

で、この後1球ファールを挟んで松中を三振にとった最後のボール。

実況「外一杯!ストレート142キロ!空振りにとりました!」
解説「松中はスライダーを狙ったんでしょうね!裏をかかれました。」


しかしながら、松中のバットは(投手視点から見て)確実にボールの左側を振っていたので、解説は間違い。恐らく松中はストレート狙いだったのでしょう。ボールがスライドした感じ。140オーバーで動いたのでカットボールか?ここもリリース確認。

カットボール?ちょっと球が手から放れてしまってますが、握り的にはカットボール、高速スライダーという表現が良さそうな感じですね。岩瀬の代名詞とも言える130キロ台のスライダーとはまた別の感じです。
昨年、他球団の選手(確か横浜の村田だったと思う)が「岩瀬は最近カットボールを使ってくる、厄介」と言ってましたが、これがそのカットボールですかね?

松中の次の打者、小久保に最後に投じたボール失礼、最後のボールではなく、その1球前もこの類の球でした。見逃し三振だったのですが、インコース低め一杯に決まる球。小久保はスライダーを予想したのか、球をよけるように体を後方へ。ボールは思ったより変化せず、インローへ決まりました。

2シーム式のスライダー、小さなカット式スライダー、深く握ったお馴染みの横滑りスライダー
この三種の神器を駆使しつつ、シュートで左右を揺さぶる。
「全盛期に比べかなりキレが落ちてきた」と言われる岩瀬ですが、このバリエーションと確かな制球力。進化する投球が、守護神であり続けられる理由なのかもしれませんね。

しかしまぁ岩瀬は本当に謎の多い投手だ…。

◆ブログランキング
ブログランキング、現在「中日ドラゴンズ」ランキング 5位です。最後まで読んでくださった方、もし宜しければ左記バナーのクリックをお願い致します。
PR

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
岩瀬がチェンジアップを試投しているという話がキャンプでありましたが、結局安定せずに頓挫した様子。

で、次に出てきたのがこの記事。
岩瀬、新球ツーシームで右打者対策:名古屋ニッカン
テーマだった右打者封じに手応えをつかんだ。岩瀬の持ち球は直球、得意のスライダー、そしてシュート。右打者には主に外角への直球とスライダーで挑んできた。昨季は左打者を2割0分3厘に抑えたのに対し、右打者は2割6分1厘。今キャンプでは右対策としてチェンジアップに取り組んだが、時間切れで断念した経緯があった。それに代わる新球にメドがついたのは、大きな収穫だ。中村紀は「ボールが遠く見えた。逃げていく感じだった」と証言。
うん?手首を捻るようなリリースをしない岩瀬が、シュート持っててツーシームってのも変な話だな、と最初は思ったが、岩瀬のシュートと言えば”スライダーとほぼ同じ握りから投げるシュート”っていうのがあったから(記憶が正しければ4,5年くらい前のキャンプで誰かに教わっていた)、「あぁ今までのシュートは2シームの握りじゃなかったのかな?それともリリースに差異が?」なーんて頭を悩ましていました。

で、次に出た記事がコチラ。

シート登板…川上はフォーク&岩瀬はSFF試投:スポニチ
SFFを試投した岩瀬も「投球の幅が広がれば。精力的に取り組もうかな」と新球習得に意欲的だった。
ここで解決(多分)。ニッカンでツーシームと呼称していたボールは恐らくSFFのことなんでしょう、きっと。
打者の手元でややお辞儀するスプリット系のボール。習得できれば今まで以上にゴロで打ち取るパターンが増しますね。早くオープン戦でそのボールを見てみたいところです。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
昨年、取りかかり始めてから随分経ってしまいましたが、何とか07年の球種リストのみをまとめました。やはり文献ごとに解釈の差が大きく、最終的には中継や観戦などで感じた”独断”を中心にしています。よって、間違いもあるかもしれません。

下記に球種別の備考をまとめました。詳細はネット上にいろいろと解説が転がってると思いますので、そちらを参考にして下さい(以下の説明は正しい説明とは言えませんので…)。今回のリスト作成の補足などを簡単に(ドラゴンズで該当するボール球種を投げる投手、およびNPBで印象深い投手などを独断で付記しました)。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
TOP参考文献

2008 DRAGONS Stuff-Pitch LIST

(c)中日ドラゴンズ 0 金剛弘樹
1979年2月12日/181cm/83kg
右投右打
(c)中日ドラゴンズ 11 川上憲伸
1975年6月22日/179cm/90kg
右投右打
(c)中日ドラゴンズ 13 岩瀬仁紀
1974年11月10日/180cm/81kg
左投左打
(c)中日ドラゴンズ 14 朝倉健太
1981年6月11日/186cm/91kg
右投右打
(c)中日ドラゴンズ 16 佐藤充
1978年4月29日/190cm/83kg
右投右打
(c)中日ドラゴンズ 17 川井進
1980年6月17日/178cm/72kg
左投左打
(c)中日ドラゴンズ 18 中里篤史
1982年9月12日/185cm/84kg
右投左打
(c)中日ドラゴンズ 19 吉見一起
1984年9月19日/182cm/83kg
右投右打
(c)中日ドラゴンズ 20 中田賢一
1982年5月11日/180cm/78kg
右投右打
(c)中日ドラゴンズ 21 陳偉殷(チェン・ウェイン)
1985年7月21日/182cm/80kg
左投左打
(c)中日ドラゴンズ 23 鈴木義広
1983年1月15日//188cm/88kg
右投右打
(c)中日ドラゴンズ 26 山内壮馬
1985年7月1日/181cm/77kg
右投右打
(c)中日ドラゴンズ 29 山井大介
1978年5月10日/177cm/81kg
右投右打
(c)中日ドラゴンズ 30 石井裕也
1981年7月4日/178cm/71kg
左投左打
(c)中日ドラゴンズ 33 平井正史
1975年4月21日/185cm/97kg
右投右打
(c)中日ドラゴンズ 34 山本昌
1965年8月11日/186cm/87kg
左投左打
(c)中日ドラゴンズ 38 斉藤信介
1982年2月12日/183cm/85kg
右投右打
(c)中日ドラゴンズ 41 浅尾拓也
1984年10月22日/182cm/71kg
右投右打
(c)中日ドラゴンズ 42 R・クルス
1977年5月19日/186cm/109kg
右投右打
(c)中日ドラゴンズ 43 小笠原孝
1976年11月29日/173cm/76kg
左投左打
(c)中日ドラゴンズ 47 菊地正法
1984年9月9日/177cm/82kg
左投左打
(c)中日ドラゴンズ 49 M・ネルソン
1982年4月21日/204cm/86kg
右投右打
(c)中日ドラゴンズ 50 佐藤亮太
1983年9月2日//186cm/82kg
左投左打
(c)中日ドラゴンズ 54 赤坂和幸
1989年9月4日//184cm/83kg
右投右打
(c)中日ドラゴンズ 58 樋口賢
1989年12月2日/180cm/76kg
右投右打
(c)中日ドラゴンズ 60 高江洲拓哉
1987年8月24日/185cm/70kg
右投右打
(c)中日ドラゴンズ 61 久本祐一
1979年3月14日/177cm/72kg
左投左打
(c)中日ドラゴンズ 64 清水昭信
1983年10月26日/175cm/85kg
右投右打
(c)中日ドラゴンズ 67 高橋聡文
1983年5月29日/176cm/80kg
左投左打
(c)中日ドラゴンズ 68 長峰昌司
1984年8月8日/192cm/88kg
左投左打
(c)中日ドラゴンズ 69 小林正人
1980年8月21日/181cm/86kg
左投左打


参考文献

Sportiva2008年7月号
野球小僧 第6巻 第4号 通巻32号
Baseball Times Vol.006
ベースボールマガジン 5月号 Vol.32 No.3【別冊付録】2008プロ野球主力選手データ名鑑
週刊ベースボール 第61巻 第23号 通算2753号
プロ野球データスタジアム2006
ベースボールマガジン秋季号 第30巻 第4号 通算168号「魔球伝説」
野球小僧 第5巻 第3号 通巻24号
ヤフー一球速報
ニッカンリアルタイム速報
nifty プロ野球速報
gooアニメーション速報

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
球種■球速/使用頻度※備考

ストレート■130中盤~140前半(MAX144)◎
カーブ■110前半~中盤△
スライダー■120前半~後半○
シンカー■120後半~130中盤△
シュート・ツーシーム■120前半~後半△

ナックルカーブ■120中盤×
※球種は独断の為、実際と異なる可能性もあります。
※球速は概算で誤差あり。◎~△は使用頻度。球種データは07年のものです。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
球種■球速/使用頻度※備考

ストレート■130後半~140前半(MAX144)◎
カーブ■100後半~110後半○
スライダー■120前半~後半○
フォーク■120後半~120後半○
シュート・ツーシーム■130前半~中盤×
チェンジアップ・サークルチェンジ■120前半~130前半○
※球種は独断の為、実際と異なる可能性もあります。
※球速は概算で誤差あり。◎~△は使用頻度。球種データは07年のものです。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
球種■球速/使用頻度※備考

ストレート■140中盤~後半(MAX150)◎
カーブ■100後半~110中盤△
スライダー■120中盤~後半○
フォーク■120後半~130中盤△
※球種は独断の為、実際と異なる可能性もあります。
※球速は概算で誤差あり。◎~△は使用頻度。球種データは07年のものです。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
「球種考察」の最新記事一覧
[1] [2] [3] [4] [5] [6]

VIEW COUNT
カレンダー
←07 2017/08 09→
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
一万年と二千年前から「中日ドラゴンズ」を愛してる
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
※リスト表示以前のアーカイブは上記カレンダーよりご覧ください。
※2006年以前の記事は現在一部の記事のみです。一括エクスポートできない為、現在地道に引っ越し中…。
ブログ内検索
複数ワードによる検索は出来ません。検索ワードは高確率でインデックスされます。
 Keyword often retrieved:
サイト内検索

スペースで区切ることによって複数ワードでの検索が可能です。更新されたばかりのエントリーのワード反映には日数がかかる場合があります。検索ワードを全てインデックスさせるには上記「ブログ内検索」窓をご利用下さい。
Powered by Google
参照サイト
多謝リンク
あわせて読みたいブログパーツ

Environment Browser:FireFox2.0 & Plese On JavaScript / We Use Font "meiryo". Test Browser:FireFox2.0 , Internet Explorer 7 / Sorry,Japanease Only.
忍者ブログ [PR]

(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.