忍者ブログ
JJ DRAGONS
当ブログについて お知らせ ブログ内検索 RSS 2.0 Web Master's Operation Web Master's Operation 日本ブログ村「中日ドラゴンズ」
JJ DRAGONS  -中日ドラゴンズ応援系ブログ-
ホーム ニュース 2008年試合結果 公示 球種考察 ファーム NPB全般 コラム ニュースクリップ 動画クリップ お知らせ 当ブログについて 当ブログについて
(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.

No TopPage
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
落合監督の退任発表の報を聞き、大変驚いた。

まず…なぜこの時期に?
考えられる事としては情報の漏洩か?大事なこの時期に、この辺の報道が先行すると現場への悪い影響が考えられる。後手後手になるよりは、との考えかな?

あちらこちらで言われてますが、「新しい風」というよりは「繋ぎ」なのでしょう。近い将来、立浪政権が本当に実現するのならば、着地点へのを道中を高木氏に。こんな嫌な役を引き受けてくれる人もそういない。落合監督と良好な関係を持っている点も大切でしょう。両方を結べる人事といえば、結局高木氏しかいなかった。

”強いチーム”を続けたかったのなら、落合続投で良かったはず。はたまた、”新しいチーム”を作りたいのなら、高木氏の就任はなかったでしょう。この退任劇の是非は、数年後に問われるものなのかな、と。

高木氏は大変だ。来季、結果が出なければ「落合ならこうしたはずだ」「落合ならこうはしなかった」と言われ続ける。球団も落合から高木への変化で観客動員・人気面での向上はさすがに考えていないでしょうし、高木氏の方が戦績を上げられると考えていることもないでしょう。どこかスケイプゴート的な…。

またいつか、ドラゴンズが低迷し、僕らが勝ちに飢えはじめたとき。
「もうあの人しかいない…」。
落合ドラゴンズがいつか再び、観られることを期待して…。

そう、今季の優勝は、その生きた伝説の最後の1ページとなるはず。
PR

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
緊急補強!! 小池を獲得:中スポ 落合竜が緊急補強に動く。15日までに横浜との間にトレードが合意。逆転Vへの使者として加わるのは、右のスラッガー・小池正晃外野手だ。激化した外野争いからはじき飛ばされる形で、今季の1軍戦出場はないものの、通算33本塁打を放ったパンチ力をもつ。3年前にはシーズン20発と、堂々たる実績を誇っている。28歳と年齢的にも若く、竜の外野陣に割って入れるだけの力はある。

 借金「28」と泥沼にあえぐ大矢ベイスターズからもたらされた今回の話。トレードには消極的だった落合監督だが、これだけの“商談”を黙殺する手はない。首位・阪神とのゲーム差はなお7・5あり、追い上げるためには攻撃力の強化は不可欠だ。横浜は交換要員に投手を希望。両チームの補強ポイントは合致しており、若干の調整は残っているものの基本合意には達しているもようだ。

 外野陣は左翼・和田が固定。残る中堅、右翼は井上、英智、藤井、平田で回しつつ、故障で戦列を離れている森野(左ふくらはぎ肉離れ)、李炳圭(右手親指痛)の復帰待ちという状況だ。強打の小池が加入すれば、若手はもちろん中堅クラスにも刺激となるのは間違いない。先発出場だけでなく右の代打としての活躍も期待される。両球団での最終調整が済みしだい、一両日中にも正式発表となる見通しだ。 

 【小池正晃(こいけ・まさあき)】 1980(昭和55)年5月15日生まれ、神奈川県出身の28歳。183センチ、88キロ、右投げ右打ち。横浜高では松坂(レッドソックス)らとともに甲子園春夏連覇を達成。98年のドラフトで横浜から6位指名を受け、入団した。05年には20本塁打、53打点と自己最高の成績を収めている。

ウッズの背番号「44」を引き継いだ野手、牛島政権でブレイクした小池が加入。大矢政権となってからは大幅に出場機会が減ってはいました。今年も大西・小関・ビグビーなどの補強もあり、一軍試合出場はなし。
そこまで詳しくはないですが、129試合に出場した2005年は2番打者として堅実な犠打、パンチ力のある打撃が特徴でしょうか?打撃スタイルは初球から打っていく積極のあるタイプ。ヒットの約6割がレフト方向(2005)という引っ張り傾向の強い打者。変化球にやや弱いタイプのようで、犠打のような”器用さ”と”粗さ”が同居したタイプの様子(参考:データスタジアム2006)。

守備力もまずまずで、立ち位置としては今の平田の場所になるのかな?外野は森野・李炳圭の離脱で流動的ですし、小池にもチャンスは多いでしょう。とりあえずは英智・井上・藤井あたりと競争ですかね。頑張ってもらいましょう。

交換となったのは石井。ドラゴンズを離れる寂しさはありますが…、横浜は彼の地元ですし、現状を考えれば移籍先の方が登板機会も増えそうですし…。頑張ってほしいですね。

石井はプロ初勝利・ヒーローインタビューをナゴヤドームで観戦した思い出がよみがえるなぁ…。プロ初登板で前田に打たれたアーチも懐かしい。その後の対戦でしっかりリベンジしましたね。

色々と思い出は尽きませんが、両選手・両チームにとって「良いトレードだった」と思われるように、二人には本当に頑張ってほしい。

しかし横浜は今オフ、相川のFAを控えている状態での鶴岡放出があったり、何か”目先”ばかりを考えているというか、迷走している気もしないでもないなぁ…。

報告:小池正晃:横浜55年会ブログ皆さん、お久しぶりです!
今日のお昼前に球団事務所に呼ばれ中日ドラゴンズにトレードになったと報告を聞きました!
今年は、開幕からファーム暮らしでファンの皆さんには大変ご迷惑をかけましたが、これを機に、心機一転中日ドラゴンズで頑張って来ます!
横浜ベイスターズで10年間、一生懸命応援してくれたファンの皆さんありがとうございました!!一日でも早く一軍に呼んでもらえるように頑張って、いつの日かハマスタでプレーする姿を見せられるように頑張ります!!


PS
多くのコメント、TBありがとうございますm( _ _)m。レスやエントリーなどは少々お時間がかかりそうです。申し訳ございません。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
落合監督トレード封印いらない選手いない:ニッカン中日落合博満監督(54)は3日、今季のトレード封印を宣言した。ロッテ戦(千葉マリン)が雨天中止となり、千葉市内の稲毛屋内運動場で、NPBが6月末までのトレード期限を1カ月延長する方針であることに言及。「我々現場は決定機関ではないから、決まったことに従うだけ」と前置きした上で考えを示した。
 「トレードするつもりはない。1カ月延びても関係ない。ウチにいらない選手は1人もいない。どうせ投手をくれという話ばかりだろうし、投手なんて出せませんよ。それに(中日が選手を獲得するとしても)相手が使う機会がない、使いづらいからトレードに出します、という選手だったら、戦力にはならないだろう」。
 中日の支配下登録選手は66人で、4つの枠が空いている。8月の北京五輪代表1次候補には10人が名を連ねており、主力の大量離脱もあり得る。さらに韓国の李、台湾のチェンも代表招集される可能性がある。それでも落合監督は「何人でも持っていってくれ」と従来のスタンスを強調。苦戦が続くが、あくまで強気だった。

そもそも、NPBがトレード期間を延長する方針である事を知らなかった…。2006年は荒木の故障等で日本ハムから奈良原を獲得するなどリアルタイムでの補強に動いていたドラゴンズですが、今季はシーズン中のトレード締結の様子。
まぁ現時点で懸念されているのは”左打者不足”なわけですが、これも昨年までのスタメン経験者で考えれば井上や堂上剛など選手はいるわけで、これ以上に使えそうな選手となってくると…まぁ市場に出回る可能性は低いでしょうしね…。
ただ、あまり外向けにコメントを出さない監督がこの言葉をわざわざ話したことが、選手たちの腰を据える事に繋がるのか、、、、はたまた三味線を弾いているのか…。ちょっと穿った見方をするならば、”何か”効果を狙った発言?とも思えなくもないですが…。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
まず最初に…、
プロ野球選手と、各球団との契約期間は10ヵ月と決まっています。

野球協約の173条に、特別な許可があった場合以外は12月1日~1月31日までの期間においては、いかなる野球試合や合同練習・野球指導も行うことはできない、と明記されているそうで。

で、昨年末、久本投手のドミニカ・ウィンターリ-グ参加問題が起こった。

みなさんご存知の通り、久本投手はV旅行、優勝パレードなどオフの予定すべてを球団に頭を下げてキャンセルし、自らの意志と球団の協力のもと、ドミニカ修行へ旅立ちました。

久本、ドミニカでパワーUP オフ返上!15日に出発:中スポ
当初、藤井、鈴木らと、1軍の全日程終了後、ウインターリーグに参加するはずだった。それがチームはアジアシリーズまで進出。選手会との取り決めで、球団が選手を拘束できる期間は11月30日までとある。シリーズ終了後に出発しても、2週間程度しか参加できず、球団は1軍選手の派遣を断念していた。
 だが唯一、久本が再度参加を志願した。15日に日本を出発し、『アギラス』に合流する。球団の拘束が解ける12月1日からは、“自主参加”の形で滞在を延ばす。自らオフを削ってまで、12月中旬までの武者修行を実現させた。

12月1日を超えても、久本本人はリーグへの継続参加を希望。球団側が選手会へ「12月1日を超えてもリーグへの参加は可能か?」と確認。

選手会の返答は「No」だったということ。

ドラ番記者:中スポ
同リーグに参加した中日の選手が疑惑の目を向けられているという。目を付けたのはプロ野球選手会。原因は12月初旬までプレーしたからだ。
 選手会と球団側との取り決めにより、12月と1月は“完全オフ”とされている。強制的な練習、監督やコーチの指導などが禁じられている。ただ今回、12月もプレーしたのはあくまで選手個々の意志。久本は「もっと投げたかった」と言う。
 選手会側が勝ち取ってきたオフの権利。守ろうとするのは当然。ただ、オフでもプレーしたい選手はいる。成長への意欲をつみ取る結果にならないことを願う。

これにより久本は無念の帰国。

焦点になったのは、オフの期間のこういったプレーが「選手の自由意思」であるか、「球団からの強制」であるかという点。球団から迫られれば「No」と言えない選手の立場を考えた上での、選手会のルール徹底であったのでしょうが、久本本人が残念がっているのが非常に気の毒。

選手会が勝ち取ったいくつかの尊重されるべき権利。
しかし、ストライキ以後、選手会の立場はやや強固なものとなり…。。。その権利の使い方にやや疑問を持つ部分も出てきています。


ただ、自らの意志で、V旅行返上で、オフ返上で、野球へのひたむきさを見せた久本。今までの彼とは一味も二味も違う気がするわけです。

野球はメンタルのスポーツでもあり、、、、今年の久本は何かやってくれそうな気がしています。

現在、左肩を故障との情報もありますが、オフも休まず投げ続けて疲労が溜まっていたのかも?とにかく今は肩を休ませ、良い形で開幕を迎えてくれるよう、祈っています。

意識改革。

これがもたらすもの、2008年度の彼に大期待。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
超不思議ブレイク!ドアラ独占インタビュー:All About
なぜ今、ドアラがこれほどまでにウケているのか? 今回は本の出版に先駆け、ブレイクまでの軌跡や人気の秘密など、ドアラに直撃インタビューを敢行しました!! (インタビューは筆談および秘密のテレパシーを駆使して行われました(笑)

処女作品、「ドアラのひみつ かくさしゃかいにまけないよ -PHP研究所」の発売を21日に控え、取材やプロモーションで大忙しのドアラ先生。All Aboutに登場です。例の”グッドウィル棒立ち事件”についてなど、なかなか面白いインタビューになってました。

中でも特に目をひいた内容が、


ゴールデンドアラと修行をしてイチから鍛え直す、というテレビ番組の企画

球団から“やり過ぎだ!”とこっぴどく怒られた

との事。



いや、今となっては”やり過ぎ感”は皆無です。ハイ。

「普通です。普通のプレーです。」

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
長峰「先輩はアイドル」:中スポ
長峰が取材で訪れていたグラビアアイドル・磯山さやかのインタビューを受けた。実は茨城・鉾田南中の1年先輩が磯山。「そのころから知ってはいましたよ。今回も(あらかじめ)メールをもらって『ひょっとしたら取材させてもらうかも』って」。野球大好きタレントだけに、キャンプ地に来たことも取材されたことも不思議はないが、周囲の視線は厳しかったかも…。

昨年、我がドラゴンズの日本一を大胆予想し、その際のプロフィールで長峰と中学の同窓生と紹介された磯山さやか氏。どうやらメールアドレスの交換はちゃっかり済ませている様子。

で、さっそく磯山氏のブログをチェック。

ゲッツーだよ♪:さやかの日記
今までで一番見たかった、守備練習が見れました☆もう最高!!思い出すだけでニヤけます(笑)練習なのに、華麗なプレーの連発♪アライバコンビのゲッツーを何回も見れて満足でした♪♪(一部抜粋)

うーん、この人は本当に野球好きですね。「○○○のファンなんです~~~~(はぁと)」なんて軽い感じの自称野球ファン芸能人が多い中、この方には非常に好感を持っています。

高卒入団のルーキーイヤーに2勝をあげ、注目された長峰もその後伸び悩み…気がつけば早くも4年目。毎年ローテ入りを期待されながら壁を突き破れずにいる感じ。

「長峰くんは中学の後輩なんで頑張って欲しいです」


から、、、


「磯山先輩は中学の先輩なんで頑張って欲しいです」


となるよう、、、

長峰投手には頑張って頂きたい!!

そして活躍の暁にはもちろん、、、


画像はイメージです


頑張れ長峰!!

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
主力登板雨でお流れ、中日キャンプ第1クール終了。:ドラゴンズスタジアム

「僕、人工芝が苦手で…。入念にストレッチしないと…。」

「おまえは田舎者だから、人工的な物が体に合わないんだな。シチイボーイのオレと違って

「・・・・・・。 ... oO(回想) 」









ああああっ…っ!









ああああっ…っ!



「・・・・・。 」

「うん?」

「あ、いや・・・・・。 」



昨年の中村紀入団からはじまり、福留が去った後も和田のFA加入で今年も厳しい立場になりそうな井上。外野レギュラー3人+布陣的に英智・藤井の一軍は確定的な上、昨季ブレイクの兆しを見せた堂上剛、外野コンバートも本格化しそうな新井など、下からの突き上げも激しい。1軍への切符を手にするのは昨年以上に大変になるでしょう。が、不言実行をテーマに掲げ、意欲的に打ち込む今キャンプ。立浪同様、ベテランの力が必要な時期はきっとくるはず。一昨年に藤川から打った同点アーチや、昨年、チームの息を吹き返す打撃を見せたアジアシリーズ。今年もそんな”大事な場面”での活躍を期待しています。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
VIEW COUNT
カレンダー
←03 2017/04 05→
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
一万年と二千年前から「中日ドラゴンズ」を愛してる
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
※リスト表示以前のアーカイブは上記カレンダーよりご覧ください。
※2006年以前の記事は現在一部の記事のみです。一括エクスポートできない為、現在地道に引っ越し中…。
ブログ内検索
複数ワードによる検索は出来ません。検索ワードは高確率でインデックスされます。
 Keyword often retrieved:
サイト内検索

スペースで区切ることによって複数ワードでの検索が可能です。更新されたばかりのエントリーのワード反映には日数がかかる場合があります。検索ワードを全てインデックスさせるには上記「ブログ内検索」窓をご利用下さい。
Powered by Google
参照サイト
多謝リンク
あわせて読みたいブログパーツ

Environment Browser:FireFox2.0 & Plese On JavaScript / We Use Font "meiryo". Test Browser:FireFox2.0 , Internet Explorer 7 / Sorry,Japanease Only.
忍者ブログ [PR]

(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.