忍者ブログ
JJ DRAGONS
当ブログについて お知らせ ブログ内検索 RSS 2.0 Web Master's Operation Web Master's Operation 日本ブログ村「中日ドラゴンズ」
JJ DRAGONS  -中日ドラゴンズ応援系ブログ-
ホーム ニュース 2008年試合結果 公示 球種考察 ファーム NPB全般 コラム ニュースクリップ 動画クリップ お知らせ 当ブログについて 当ブログについて
(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.

No TopPage
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
明日から史上初のセ・プレーオフ”クライマックスシリーズ”開幕。
第二戦をレフト側応援で観戦予定。黄色くなきゃいいけど。

平田、スタメンあるぞ「7番センター」 トラ退治やる気!やる気!!:中スポ
セ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)第1ステージ(3試合制・ナゴヤドーム)は13日に開幕する。中日は福留、英智ら故障者続出の外野陣が手薄な状況。そこで、大阪桐蔭高から入団して2年目の平田良介外野手(19)が「スタメン中堅手」として大抜てきされる可能性が出てきた。短期決戦ならではの大胆起用が実れば、阪神をたたくことができる。
これはちょっと”本気くさい”感じ。英智の離脱で外野不足というのもありますし、ノリがアウトなら森野がサードへ。となると、外野はもう「文句なしでスタメン当確」の選手が居ない状況。
クライマックス男になれるか。

で、これまでセンター起用が多かったビョンさんは…
<日本一への逆襲> 総力戦だから「一塁・李炳圭」:中スポ(c)中日スポーツ
「監督の指示ですね。高校生の時もやっていたみたいだし、向こう(韓国)でも年に1、2試合ほど一塁を守っていたみたいです」と高山通訳が説明してくれた。推測するに万が一のため。後がない短期決戦だけに投手、野手を惜しみなくつぎ込む。そんなとき「一塁・李炳圭」というオプションがあれば起用の幅が広がることになる。


ほぅ・・・一塁。別にDHがあるわけでもないので、基本は一塁タイロンだしなぁ。まぁオプションとしては悪くはないと思いますがね。ただ、こういう要求をされること自体、李の外野守備に対する評価はまぁある程度見えてしまいますわな。
井上も何年か前、取り組んでたなぁ一塁。山田政権の頃は試合出てましたね。

さて李はどういう使い方をするのか。スタメンでライトorレフトか?

短期決戦は先手必勝。
第一戦をとる、先制点を取る、とにかく優位にたってシリーズを進めるってのがありますが、それをも凌ぐのが「勢い」であるという事を歴史が証明しているわけで(加藤の「ロッテより…」発言の例のシリーズなんかもその典型ですし)。

対阪神を考えた場合「JFKを出させない展開を」っていうのは正しいのでしょうが、結局投入を前倒ししてきちゃうんだろうから、「JFKのどれかひとつを叩け」っていうのが「勢い」という意味では良いのかな、とも。
なかなか波乗りのできないドラですが、「JFK攻略」っていうのが特効薬になりうる唯一の術かと。

で、心配なのはベンチ入りと継投。
去年のシリーズでもアホみたいに投手をたくさんベンチ入りさせ、野手陣の控えを削って大失敗しましたけど、できればその教訓を生かして頂きたい。
個人的には右は岡本・鈴木・クルス。左は久本・石井・岩瀬の6枚+サバイバル用1枚の計7枚で十分かと思うんですが。第一「先発には完投するつもりで行ってもらう」って言っておいてリリーフを9枚も10枚も入れるってのは疑問だしな。
そりゃ~短期決戦でおかしくなっちゃうリリーフ投手が出現するかも?って考えたら枚数はたくさん欲しいでしょうけどね。そんなん考えてたらキリがないんじゃないか?とも思うのです。

さてさて、遂に始まるCS。個人的に投打のキーマンは…

後半勝負強さが戻ってきた大一番男”中村紀”

と、

勝たなきゃいけない試合で打たれてしまった”鈴木”

この二人とヨソー。
PR

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
さて明日は高校生ドラフト。
ここニ年は「平田・堂上直」と未来の右の主軸候補を指名してきたドラゴンズですが、今年はどうなるでしょうか。専らの情報だと、ドラゴンズの指名候補は下の三人。

唐川侑己:成田高校



佐藤由規:仙台育英



中田翔:大阪桐蔭



やっぱり前評判通り、唐川が一番、安定感を感じさせるなぁ。スピード以上の直球のキレ、堅実な制球力もあるし。リリースも打者の手前で離せているし、センス抜群。下半身を鍛えればスピードはもっと出そう。今は小さくまとまっている感じもしますが、伸びしろを感じさせる投手ですねぇ。

素質でいったら佐藤も十分でしょうけど、ちょっと荒いかな。スライダー投手って事でスリーク気味に肘を下げてるのもちょっと気になるなぁ。ただ投球フォームに、西武西口のようなバネを感じますね~。話題になっているストレートには球速ほどの威力を感じないなぁ。昨年の浅尾の時もそうでしたけど、こういうタイプの投手ってこのままの形で伸ばすのか、矯正させるのかの判断がすごい難しい。平田洋とか佐々木健一とか見てきたドラファンには、その辺のポイントは怖いところでもあります。そこがまぁ唐川よりちょっと、評価を下げたくなるところですかね。

中田はここに来て評価が下がり気味のようですが。。。うーんやっぱり、、穴が多すぎるかな。高校通算HR数の触れ込みばかりが先行しますが、これはもう試合数の関係もあるから参考にならないしなぁ。それでも「怪物」は「怪物」なんでしょうけどね。

個人的にはやっぱり、唐川の入札を期待します。

外れ一位とか下位指名候補とか、詳しいところは勉強不足なので割愛。。。。。

PS
ドラフトでアソボさんの方に詳しく載っていますよ。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
横浜・クルーンと中日・ウッズが試合前に口論:サンスポ
試合前のグラウンドに怒声が響き渡った。声の主はウッズとクルーン。お互いをののしり合う一触即発の雰囲気に、周囲の空気は凍り付いた。普段は和気あいあいと話す2人。口論の発端は前日の判定にあったようだ。ウッズを含め3者連続で四球を与えたクルーンは審判に不信感を示していた。これに対しウッズは「ひざより高かったら振っていた」などと反論。次第にヒートアップし、放送禁止用語を連発しながらのけんか別れとなった。
ウッズがクルーンと場外バトル:ニッカン
中日ウッズが横浜の守護神クルーンと口論した。試合前、クルーンが前日の9回、ウッズとの対戦でカウント2-3からボールと判定された球について「ストライクだよな?」と聞いてきた。「ボールだよ」と反論したところ言い争いになった。試合では2四球を含む2打数2安打と結果を出したウッズは今後のクルーンとの対決について「口論の影響? それはどうなるかわからないよ」と話した。
V見ましたが、ボールでいいと思いますけどね。まぁその他ノリの打席で際どいところをボール判定されていたり、ナーバスにはなってたんでしょうけど、翌日にまで引きずるのもなぁとは思う。タイロンも受け流しておけばいいのに。。。。。


ただまぁ、タイロンって、2005年の藤井の乱闘騒ぎ後もそうでしたけど、揉めた相手には一定以上の結果を残すからなぁ。今後のマッチアップには期待しておきましょうか。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
  • 落合竜に焦りなし 余裕の調整で逆転Vを見据える:スポニチ

  • 「他チームのことは分からん」と前置きしながらも、森バッテリーチーフは「昨日の試合(巨人-阪神)を見ていたら分かるだろう。どっちかが先にパンクする」。中4日で先発した巨人・高橋尚と10連投となった阪神・藤川を暗に示し、両チームをチクリ。最終的には先発陣を5人にすることが濃厚だが「まだ無理する時期じゃない」と話し、通常通り6人で回していくことになりそうだ。さらに14日からの阪神戦登板が濃厚な朝倉(12勝)、中田(12勝)をキーマンに挙げ「負けていても完投させることもある」と救援陣を休養させるプランも明言した。
  • 中日・森コーチが藤川&上原を挑発「どちらかがパンクする」:サンスポ

  • 中日・森バッテリーチーフコーチが、阪神・藤川と巨人・上原について「どちらかがパンクする。まあ見てろ」とライバルを挑発した。森コーチは現役時代の83年に西武でセーブ王。守護神の疲労度を知っているだけに、登板過多を皮肉った。11日からは9連戦だが「まだウチは無理する時期じゃない」と力を温存することも明かした。

挑発的な発言ととられても仕方ないコメント。まぁあんまり他球団の事をチクチク言わない方が良いとは思うんですけどね。
ただ、故障持ちの上原はこれまでリリーフの経験が全くない投手だけに、ヘバりそうな感じはありますね。藤川は毎年、不調を挟みながらも何だかんだでシーズン乗り切ってますけど。

森コーチの思惑は、相手が挑発されて意固地になって連投起用を続ける(→壊れる)って事か?森繁和って、ああ見えて意外と色んな伏線をはってくるタイプですからねぇ。それが有効的かどうかは別にして、ですけど(苦笑)。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
  • 李炳圭 意識ちょっと変わった 本塁へ全力送球:中スポ

  • わずかだが、李炳圭の意識の変化が見えたのが、6回の守備だった。1死満塁から自身が守る中堅前に転がってきた打球を捕球すると、本塁に向かって全力送球。中継に入ったカットマンまで矢のような返球で、二塁走者の生還を踏みとどまらせた
何と言うか…、、、”意識ちょっと変わった”で記事になった李炳圭。

ただチーム方針として、「プレイスタイルを変えなければ必要とはされない」っていうのは徹底して欲しいですね。”期間が過ぎたから自動昇格”っていうのだけは辞めてもらいたい。成績云々よりも、まず全力プレーですわね。まぁ当然っちゃ当然の事なんだけども…。

まぁ一部の記事によると”昇格は白紙状態”って話もありますし。
  • 二軍落ち李炳圭の課題は守備・と走塁:朝鮮日報

  • 宣銅烈(ソン・ドンヨル)も、イ・スンヨプもそうだった。そして李炳圭(イ・ビョンギュ)も日本で2軍落ちとなった。李炳圭は6日、オリックス戦に先立ち2軍行きを命じられ、すぐさま2軍に合流し練習を始めた。はっきりとした理由は明らかになっていない。ただ中日・高代野手総合チーフコーチが「よくなるまで。1からやり直さなければならない」と語ったのがすべてだ。つまり、コーチ陣の意に適うまでは1軍復帰はあり得ないということ。1軍復帰は白紙のままで2軍生活を送らなければならないというわけだ。今後の李炳圭の成功は、彼がどれだけ一生懸命野球に取り組むかに掛かっていると言えそうだ。(一部抜粋)

さて、李炳圭がいつ頃昇格となるのか。外野陣の英智・井上・藤井・中村公あたりにはその”枠”をあけさせないくらいの活躍を期待。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
  • 不振の李炳圭に日本のファンから非難殺到:朝鮮日報

  • ついに中日ファンが李炳圭に非難を浴びせ始めた。中日ファンはヤフージャパンの掲示板や2チャンネルなどに「李(炳圭)がスタメン入りしているとイライラする」「何が“韓国のイチロー”だ。冗談も休み休み言え」と非難の声を寄せている。(中略)
    ID「****」というネットユーザーはさらに手厳しく、「守れない、走れない、打てない、やる気ないの“ないない尽くし”の4拍子揃ったお荷物韓国人」と猛烈に攻撃した。ID「****」は「すぐにでも二軍送りにしなければ」と書き込んでいる。(一部抜粋)

まぁ…なんつーか…、記事自体は”遂に”出てしまったというか?
しかしまぁネットの声をそのまま記事にするのはまだしも…、投稿者のIDまで出しちゃって…なんつーか…ほんとに…。掲示板とか、結構しっかりチェックしとるんだなぁ。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
今日は試合の前半はCBCラジオを聴いてました。で、本日の解説者は木俣氏。久々に木俣節を聴けました(笑)。毎度ながら記憶が曖昧なのでコメントの正確性はかなり欠きます。この辺ご了承下さい。ちなみに前回の木俣節はコチラ→李炳圭の守備力にも疑問符?:JJ DRAGONS

さて、打席には李炳圭を迎えますが…
解説の木俣さん、李炳圭の最近の調子はどうですか?

私ねぇ、
キャンプからずーっと彼を見ておりますけども…

はい

調子どうこうじゃなしに、これくらいが彼の実力なんじゃないですかねぇ。調子が悪いとかそういうことじゃないと思いますよ。

・・・

私はキャンプからずっと言っておりますけど、彼をあまり買ってないんですよ私は。

・・・

まぁ結局、こんなもんなんじゃないですか彼の今の実力は。
全盛期からはもう衰えてきとるでしょう。


さて先発の浅尾ですけど…。

しかしお坊ちゃまみたいな顔しとるねぇ?お坊ちゃまというか・・・、なんだ、モテるんじゃない?

そうですね。イケメン投手と言われてますし。

うん、そうそう。何?イケメンっていうの?モテるんじゃないかなぁ。

大学時代はピアスを開けていたりして、お洒落な・・・

ん?ピアス?今はしてないの?

今はしてませんね。

あぁ。ピアスすりゃぁいいのにねぇ。

いや、まぁ・・・。

別にピアスしちゃダメなんていう決まりないんでしょう?

まぁ・・・日本人では清原選手とか、してますよね。

あ、そうでしょう?浅尾もすればいいのになぁ。したら落合監督に怒られちゃうかな?ハッハッハ。

はぁ…まぁ、、、どうでしょうかね。

解説者としてどうか?というのは置いておいて、ビョンギュについてとか特にそうなんですけど、試合進行に関係なく自分の感じた事を濁さずバンバン言ってしまう木俣氏は聴いていてまぁ~面白いです(笑)。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
VIEW COUNT
カレンダー
←12 2018/01 02→
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
一万年と二千年前から「中日ドラゴンズ」を愛してる
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
※リスト表示以前のアーカイブは上記カレンダーよりご覧ください。
※2006年以前の記事は現在一部の記事のみです。一括エクスポートできない為、現在地道に引っ越し中…。
ブログ内検索
複数ワードによる検索は出来ません。検索ワードは高確率でインデックスされます。
 Keyword often retrieved:
サイト内検索

スペースで区切ることによって複数ワードでの検索が可能です。更新されたばかりのエントリーのワード反映には日数がかかる場合があります。検索ワードを全てインデックスさせるには上記「ブログ内検索」窓をご利用下さい。
Powered by Google
参照サイト
多謝リンク
あわせて読みたいブログパーツ

Environment Browser:FireFox2.0 & Plese On JavaScript / We Use Font "meiryo". Test Browser:FireFox2.0 , Internet Explorer 7 / Sorry,Japanease Only.
忍者ブログ [PR]

(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.