忍者ブログ
JJ DRAGONS
当ブログについて お知らせ ブログ内検索 RSS 2.0 Web Master's Operation Web Master's Operation 日本ブログ村「中日ドラゴンズ」
JJ DRAGONS  -中日ドラゴンズ応援系ブログ-
ホーム ニュース 2008年試合結果 公示 球種考察 ファーム NPB全般 コラム ニュースクリップ 動画クリップ お知らせ 当ブログについて 当ブログについて
(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.

No TopPage
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
パの順位予想に続き、遅ればせながらセリーグ予想。五輪問題は度外視して予想しました。昨年の予想はこちらもやっぱり、、、外れています(汗)。

1位
完全制覇へ死角なし!と行きたいところですが、不安要素の第一に挙げられるのが”外野守備”。特に守備範囲という点では不安が残ります。それでも藤井・英智などをうまく起用し、カバーできれば総合力では問題ないでしょう。懸念される岡本の穴は鈴木を筆頭に、中里らで埋めていきたいところ。投手陣では左腕リリーフ不足以外は問題なし。ここら辺は小林・菊地・高橋らの発奮に期待。注目選手は開幕で遅れたものの、意識改革で飛躍を期待の久本とFA加入の和田。


2位
全体的に伸びしろと層の厚さを感じさせる野手陣。仮に新外国人がコケても、打撃面でそう簡単に崩壊することはなさそうです。ベテランと若手の融合もうまくいきそうな感じ。問題は投手陣ですが…。三浦が例年通りに働き、寺原・工藤・土肥らに上積みがあれば。クルーンの離脱は言われているほど大きくないのではないかな?と思うのでですが。


3位
JFKは今年もフル稼働になるでしょうか?新加入の金村は「そこまで勝てるかなぁ?」とやや斜めから見てしまう。野手陣は新井と平野の加入が大きく、特に関本・藤本の併用が目立っていた2番セカンドに平野が入るのは攻守に置いて大きいかと。注目選手は昨年、素晴らしい投球を見せた渡辺亮と前述の平野。


4位
大幅な戦力補強。が、どうしてもこれが結果に繋がるようには思えないんだよなぁ…。特にもう既にお家芸ともなった”故障者続出”となると崩壊は必至…。上原を先発に戻すためにクルーンを獲得したわけですが、クルーンが上原以上の安定感を見せる可能性は低く、勝てる試合を落とすという事もありそう。主力が軒並み調整が遅いのも気がかり。


5位
計算できる投手がとにかく足りない…。一年間を通じてやっぱり、投手力がネックになりそう。OP戦好調だった川島慶は注目ですね。さらには外国人のスカウティングに定評のあるヤクルト。新加入のリオス、林は要注目。


6位
黒田の離脱は本当に痛いなぁ。それに加えて永川も出遅れモード。打線は爆発すればそれなりの力はありそうですが。新井離脱もなんのその、赤松や天谷を筆頭に機動力野球を体現できれば得点力ダウンはそこまでなさそうではありますが。
PR

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
もう開幕してしまいましたが、パの順位予想。ちなみに昨年の予想はやっぱり外れた(苦笑)。今年も当たりそうにないですが毎年恒例ですしね。

1位
カブレラの獲得でビッグボーイス結成。濱中、古木が覚醒しラロッカに大きな故障がなければ”いてまえ打線”と呼ばれた近鉄時代の打線を彷彿とさせる攻撃力も可能か。坂口・迎など伸びしろのある選手も多く可能性を感じさせます。ポジションがかぶる選手が多いのでその辺は起用法の手腕も問われそうですが…。先発投手陣も平野・岸田・金子とこちらも伸び盛りが多く、クローザーも加藤が本調子を持続できれば問題なし。全体的に、勢いにのってしまえばいっちゃうんじゃないかなぁと。

2位
多方面で言われていますが、薮田・藤田の離脱の影響はそれほどなさそう。懸念される小林雅の穴はアブレイユとルーキー伊藤のどちらかが埋められれば。打線もズレータ・福浦などの中軸が万全ならば問題なさそう。

3位
長谷部の故障と一場・小山の遅れはかなり痛い。特に調整遅れのクローザー小山の早期復帰は必須。岩隈が復活できれば、田中・永井・朝井の先発4人でかなり星は取れそう。打線はフェルナンデスや山崎武などの主軸が落ち込まなければ…。

4位
ダルビッシュが孤軍奮闘と予想。投手力を含めたディフェンス面は前評判ではパ随一でしょうが、どこかに落とし穴があるような…。藤井の加入は大きいですね。

5位
主力投手陣の故障出遅れは痛い。大隣がどこまでやれるか。あと森福や柳瀬には注目したいです。松中の復活もちょと厳しいかな?と。昨年もそうでしたが、あと一歩で攻めあぐねる光景が今年も…。

6位
カブレラ、和田の移籍で打線が小粒に。抑え候補の小野寺、岡本らもどこまでできるか…。GG佐藤や中島が好調を持続し、新外国人が働かないと戦力的にも厳しそう。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
前にもちらっと書きましたが、1月10日の”プロ、アマ合同の日本野球規則委員会”で、今年のプロ野球においての新ルール適用が決定されました。

大量点差で盗塁認めず:ニッカン
プロは今季から点差が大きく開いた場面で選手が盗塁した場合、米大リーグと同様に盗塁を記録しないことを決めた。適用する点差については、公式記録員が試合展開を見て判断する。
 また、点差が開いた終盤の無死または一死で塁上に走者がいる場合、打者が試みたセーフティーバントが送りバントとなっても、今季からは犠打と認めないことも決めた。
 走者アウトの規定が一部改正され、野手のタッチを避けるため、走路から3フィート以上離れた場合にアウトとなる基準が「塁間を結ぶ直線」から「走者と塁を結ぶ直線」に変更された。


特筆すべきは「盗塁」に関する条項。この新ルール裁定ほんとに疑問。
色々な文献を見てみると以下のような解釈になるらしい。

点差が開いた状況(おおむね5点差)で、走者が行った盗塁に対して守備側がなんら阻止行為をしなかった場合、盗塁を記録せず野手選択による進塁(フィルダースチョイス)となる

そもそも、NPBは何のためにこの新ルールを適用したのか?
ずっと謳われている試合時間短縮のため?国際基準準拠のため?

メジャーでは不文律というのがあって、大差での盗塁以外にも、大差試合ではバントしてはいけないとか、3ボールから打ちにいってはいけないとか、色々とそのような暗黙の了解が存在する。

で、メジャーをそこまで観戦していない自分にとってはこの辺の”不文律”というのも実はそこまで理解できていない。

大差の基準を5点差というけど、5点差を逆転した試合のサンプルなんて過去に腐るほどあるでしょう。5点差以上のゲームを真剣勝負のゲームにもう一度シフトしなおすには、とりあえず「4点差以内」にしなければならないワケです。

まぁMLBにはMLBの歴史がある。メジャーを全く知らないような自分みたいな人は、そこに意見できるような深い志向も理論も持ち合わせていないから、別にそれはそれで「あぁよくわからないけど、そういうものが存在するんだな」っていう認識程度。

でもNPBで採用されるとなるとちょっとアレルギー反応が出てくるわけで。

メジャーほどの権威を持っているとは言えない日本のアンパイヤ、公式記録員。”おおむね5点差で、公式記録員の判断に委ねられる”という曖昧さがまず心配。

次に、”守備側がなんら阻止行為をしなかった場合”の判断。ランナーが投手のクセ、フォームを完全に盗みきって、捕手が送球を諦める場面をたまに見るが、そういった場合はどうするのか?阻止行為をしなかったと判断するのか?
仮にそうだとしたら、ペナント終盤、タイトル争いのライバル同士でのカードがあった場合、点差が開いたら”捕手が投げなければ”盗塁カウントはされないといったケースが出てくるのではないか?”阻止行為の有無”なんてどうやって判断するの?

MLBはこのルールで問題なくやってきている。が、NPBとMLBは構造的にも別物であるし、文化も違えば歴史も違う。

この新ルールが新たな混乱、騒動を生まないか今から心配である。
盗塁王争いが、見苦しいタイトル争いに発展しないことを祈っています…。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
何が何だかわからなかったが、色々と文献を見て周って、ちょっとだけ把握できました。
パウエルの二重契約問題です。


1月11日、オリックスはパウエル投手の獲得を公式プレスとして発表



で、騒動が起こったのが1月29日。
何と、オリックスと契約合意していたはずのパウエルの獲得をソフトバンクが公式発表



ここではじめて「え?どうなっとんの?」という事に。

以下は愛読誌の週刊ベースボール(閃球眼のコーナー参照)、および各スポーツ紙、ネット上での情報などをかいつまんでまとめたもの。
※情報が氾濫しているので、下記が確かな情報なのかはわかりません。

①単年5500万円プラス出来高5500万円でオリックスとパウエルは大筋合意(口頭での合意だった模様)。ビザの取得の為、この時点でオリックスは統一契約書をFAX送信。

②オリックスはメディカルチェックの結果を受け、契約の”詰め”の段階で(1月18日)、故障した場合の付帯事項を付け加えた→球団に有利な契約変更であるとして、パウエルはこれに激怒。

③パウエルは1月20日、オリックスが加えた”故障した場合の付帯事項”が記載されていない統一契約書に自筆でサインをし、オリックス宛にFAXで送信。

④ソフトバンクは、オリックスとパウエルの契約が正式契約ではないと判断(規約にある”対面契約が実際に行われいない”事や、契約寸前でオリックスが付帯事項を付け加えた事にパウエルが合意していない=サインしたのは付帯事項のないものである、等)。※パウエルの代理人からソフトバンクへ接触したという話も

⑤ソフトバンクはパウエルとの契約交渉に入り、年俸1億円プラス出来高の条件で合意。統一契約書原本にパウエルがサイン。ソフトバンクが正式にパウエルの獲得を発表。

⑥オリックス側は「パウエルとは契約合意に達している」として、ソフトバンクに激怒。連盟が事情聴取をし、両球団とパウエルが交わした契約書がともに有効なものであると判断。ここに二重契約が発覚。

⑦連盟が来日したパウエルから事情聴取。ソフトバンクに優先権ありと判断。「強い勧告」として6月22日まで支配下登録を許可しないことを決定


とまぁこんな流れのようです。

契約に詰めに甘さ、不手際があったオリックス、
オリックスとの契約を破棄しないままソフトバンクとサインをしたパウエル、
パウエルとオリックスとの交渉過程、および契約書にサインした事を知りながらパウエルに接触し、サインをさせたソフトバンク。。。

フェアかアンフェアか、と強引に二者択一をしてしまえば三者全てがアンフェアだと言えるのかもしれません。誰が、どこが一番悪いのか?とかそういった事は正直よくわからない。

が、ただひとつ。
個人的な感情として、ですが…、、、

ソフトバンクには強い不快感を覚えました。

オリックスが契約を正式リリースしているのを把握しつつ、ソフトバンクはなぜ調査(および契約破棄)の段階を踏まずにパウエルと契約するなどという強行突破をしたのか?大騒動になるのは目に見えているのに…。

ま、これは現時点での自分の感情にすぎず、報道に流されてる恐れもありますからね。今後、もっともっとこの問題の透明性が高まっていくのであれば、また意見は変わってくるかもしれませんが。


ただまぁ、数年前のミラー問題といい、今回の問題と言い、、、、
日本プロ野球界は海外の代理人や外国人に完全にナメられてるのは間違いなさそう。
勿論、穴だらけの日本球界にも問題があるのでしょうけど。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
61歳あぶさん引退…花道の舞台は巨人との日本シリーズか:報知
ソフトバンク・景浦安武外野手(61)が、今季限りで引退する意向を固めていることが31日、分かった。後見人(原作者)の水島新司さん(68)が明かしたもので、今季は代打に専念し、巨人と日本シリーズを争う“有終の美”を夢想している。

景浦 安武(かげうら・やすたけ)1946年12月17日、新潟市生まれ。61歳。72年11月、ドラフト外で南海(現ソフトバンク)入団。91年から3年連続でパ・リーグ3冠王。94年、本塁打56本のプロ野球新記録。07年、前人未到の打率4割達成。今季で36年目。187センチ、85キロ。長男・景虎は阪神投手。

あぶさん、遂に引退かぁ。

初期の頃の、代打一筋の頃のあぶさんが好きだったかな。まさに”一芸”打者だった頃。
パ・リーグ中継がほどんどなかった時代、パの選手を覚えるのはスポーツニュースとあぶさんだった。

今シーズン限りでの引退ということですが、今後の野球を離れてのドラマも面白そう。コーチとなって景虎の話を中心にシフトしていく可能性もありますが…。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
乱闘から20年…クロウ、元中日・宮下さんと合体:サンスポ
(c)サンスポ電撃合体だ。崔領二と組んで、シン&アン・ジョー之助とタッグ対決するクロマティに、思わぬ助っ人が登場した。あの宮下氏が「野球選手代表として狂虎と闘う勇気を応援したい」と、リングサイドからシンへの威嚇を申し出てくれた。
 1987年6月11日の巨人-中日戦。クロウは宮下投手から背中に死球を受けて激高し、桑田真澄投手(現パイレーツ)の制止を振り切ってマウンドへダッシュして右ストレートをぶち込んだ。20年前の敵は今日の友。都内で米穀店を経営しながら少年野球のコーチも務める宮下さんは、リングに上がることも希望しているという。その侠気に、勇気百倍だ。
クロマティと共闘ですか?アングル的には対決の方が盛り上がるんじゃないかなぁと思うが。まぁタッグ組んで、その後仲間割れっていうブックかもしれんなぁ。

クロマティ応援にあの元中日宮下さん来る:ニッカン
球界を代表する乱闘劇の“被害者”宮下さんは、クロマティのデビュー戦勝利を確信していた。ちょうど20年前に浴びた右ストレートは、昨日のことのように鮮明に覚えていた。「金づちで殴られたような衝撃で一瞬、意識を失いました。まさか本当に殴ってくると思わず、身構えていないのもありましたが、モーションが速くてよけることができなかった」。口の中は切れ、左あごは腫れ上がり、1週間は食事をするのも苦労。「あんな威力のあるパンチを受けたのは最初で最後」と、当時から格闘センスに気付いていたという。
”当時から格闘センスに気付いていた”のくだりは何か笑える。

ハッスル・エイド2007試合結果:ハッスル公式
かつて乱闘でクロマティの伝説の右ストレートを受けた張本人の、元中日ドラゴンズ投手・宮下昌己がVTRで登場。宮下は当時の思い出を「『ジャイアンツは紳士たれ』という明言もありますが、ゲームになればファイターですから、私のデッドボールに対して火がついちゃったんでしょうね、次の瞬間にはパンチを浴びてました(苦笑)」と懐かしそうに語る。
 続けて「強烈なパンチを覚えてます。今回の試合でもそのファイティングぶりをとことん発揮してくれると思います」とクロマティの活躍に期待を寄せる。
(中略)
巨人応援団のクロマティコールと「楽をしてもクロウ~」という懐かしのテーマソングに乗り、クロマティが崔と共に花道に姿を現す。客席には、かつてクロマティの右拳をマトモに受けた元中日ドラゴンズの宮下昌己投手の姿も。一般世間の注目も集めた世紀の一戦、見事に場外ホームラン級のインパクトをカッ飛ばした「史上最強の助っ人」クロマティ。最後は観客を起立させると、トレードマークであるバンザイ三唱で締めくくったのだった。
クロマティはおなじみの応援歌(ヒッティングマーチ)で入場。最後は例の万歳三唱で締め。レポ見る限りではなかなか良い試合内容だった様子。

PS新日のスーパーJrで元ドラゲーのミラノが優勝。
おめでと。
全日のコンドッティとかもそうですが、元闘龍門のレスラー達は結構出世してるなぁ。
今見たいのは丸藤vsCIMAのシングル。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
敵か味方か、クロマティデビュー戦に元中日投手・宮下氏来場:スポナビ
 ハッスルエンターテインメントは16日、「ハッスル・エイド2007」(17日 さいたまスーパーアリーナ)に、元中日ドラゴンズの投手・宮下昌己が来場することを発表した。
 宮下氏にとって、プロレスデビューする元読売ジャイアンツのウォーレン・クロマティは因縁の相手。ちょうど20年前の1987年6月11日、宮下氏からデッドボールを受け激怒したクロマティがマウンドに突進し、宮下氏を右ストレートでKO。それをきっかけに両軍入り乱れての大乱闘に発展した。
 現時点で宮下氏の来場の真意は不明。かつての宿敵を激励するためか、それとも右ストレートの復讐のためにタイガー・ジェット・シンのセコンドに付くのか……。
プロレス…じゃなかった、ファイティングオペラ、「ハッスル」のアングル。面白い事考えますなぁ。

宮下かぁ懐かしいなぁ。

ハッスルはほとんど見てないんですが(最近、気にしてるのはドラゲー関連くらいかな…その関係でノアJrとかその辺が限界)、宮下が出るってだけで、今後どういうストーリーに展開していくつもりなのかは気になるところではあります(笑)。

そういえば、IGFってどうなったんだろ。

【追記】
プロレスファン御用達ブログ「-プロレス専門BLOG:ブラックアイ2-」さんの方で速報があります。楽しみにしております!

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
VIEW COUNT
カレンダー
←07 2017/08 09→
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
一万年と二千年前から「中日ドラゴンズ」を愛してる
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
※リスト表示以前のアーカイブは上記カレンダーよりご覧ください。
※2006年以前の記事は現在一部の記事のみです。一括エクスポートできない為、現在地道に引っ越し中…。
ブログ内検索
複数ワードによる検索は出来ません。検索ワードは高確率でインデックスされます。
 Keyword often retrieved:
サイト内検索

スペースで区切ることによって複数ワードでの検索が可能です。更新されたばかりのエントリーのワード反映には日数がかかる場合があります。検索ワードを全てインデックスさせるには上記「ブログ内検索」窓をご利用下さい。
Powered by Google
参照サイト
多謝リンク
あわせて読みたいブログパーツ

Environment Browser:FireFox2.0 & Plese On JavaScript / We Use Font "meiryo". Test Browser:FireFox2.0 , Internet Explorer 7 / Sorry,Japanease Only.
忍者ブログ [PR]

(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.