忍者ブログ
JJ DRAGONS
当ブログについて お知らせ ブログ内検索 RSS 2.0 Web Master's Operation Web Master's Operation 日本ブログ村「中日ドラゴンズ」
JJ DRAGONS  -中日ドラゴンズ応援系ブログ-
ホーム ニュース 2008年試合結果 公示 球種考察 ファーム NPB全般 コラム ニュースクリップ 動画クリップ お知らせ 当ブログについて 当ブログについて
(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.

No TopPage
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログパーツ
D1-9T
【阪神】 ○下柳(1勝2敗) 江草 相木 久保田
【中日】 ●長峰(0勝1敗) 浅尾 グラセスキ S・ラミレス 小林 高橋
[本塁打] 金本7号(神)
中日 vs 阪神 第5回戦 (中日 1勝 3敗 1分)/観客数:30861人 /試合時間:3時間5分

長峰初回2/3、6失点KOで撃沈
前回の甲子園での登板では5回0/3で4失点(自責3)だった長峰。前回以上の投球を期待したが、何と初回3アウトを取れずに降板…。ここで試合はほぼ決まってしまった。。。
低めに投球できるかが生命線である長峰だが、打ちごろの高さに入ってしまうストレートを狙い撃ちされつるべ打ちの憂き目に。球に力が無く、制球力も無く、、、。投手下柳にも安打を浴び一巡。続く鳥谷にストレートの押し出しを与えたところで降板。
初回、三番のシーツの投手ゴロを捕球できない場面があり、(記録は内野安打)”これをアウトにできていたら”なんていう解説もありましたが…、投球内容を見ればつかまるのは時間の問題だったかも。
これで長峰は抹消濃厚。先発候補であれば下では佐藤充・小笠原あたりがそこそこの結果を出していますが…。

浅尾が最長3イニング1/3・56球。
長峰が初回KOとなり、「リリーフは吉見かな?」と思ったが浅尾が登板。金本に甘く入ったスライダーをライトスタンドへ放り込まれ3失点。
ロングリリーフだったため力を抑えていたのか、それともナゴドのガンの影響かはわからないが、今日のストレートの球速は140~140後半あたり。その他、打つ気のなさげな下柳にカウント2-3まで行くなど基本的な制球力はまだまだですね。
投球内容の他にも、1塁ベースカバーに入るのが遅れ内野安打にしてしまったり(フィールディングは上手いらしいが…)、バント失敗するなど課題は山積み。バントは目とバットが離れてしまっていたり、バントしにくい高めのボール球をバントに行ってファールや空振りをしてしまうなど、まだまだこれから練習ってなとこでしょうか。

打線は不安定な下柳を攻略できず。拙攻12残塁。
下柳に5イニングで計9人のランナーを出しながら得点1。試合全体でも残塁12。併殺3。下柳は初回からフラフラだっただけに、そこをしっかり突いていればわからない試合ではあったかも。

荒木
下柳のフォークをうまくすくい上げるバッティングでチーム唯一の1打点。本日は今岡の打球でお得意の悪送球披露(難しい打球ではあったようですが…)。送球イップスはしばしば出ますね、やっぱり。こういう時、決まって「荒木にしては珍しいプレーです」って発言する実況や解説…。そのコメントまで含めてよく遭遇するシチュエーション(笑)。

李炳圭
森野と入れ替わりで7番降格の中、4-2。が、そのニ安打ともに外のボール(攻めも外中心)。最初の打席の凡打(下柳のインコースシュートを三ゴロ)を見ている限り、インコース攻め云々の課題はまだまだ解消されず。

清水将
途中出場で2安打。内野ゴロを全力疾走で間一髪内野安打にするなど、気の入ったプレーを見せた。小林とのバッテリーではマサウミのサインに2度3度、小林が首を振るなど若干のぎこちなさも見えたが…。全体的にプレーを通じて本人の必死さが伝わってきたところは良かった。

その他
澤井が代打出場も三振で(犠打を挟んで)9打数ヒットなし。下の選手が調子を上げてきている感もあるだけに、そろそろ”抹消”がチラついてくる頃か…。リリーフ陣はそれなりの結果を出した。高橋聡も若干、調子は上がってきたか。
阪神は9回、8点リードで「橋本かな?」と思ったら久保田投入。登板間隔の問題かリリーフの駒の問題なのか、それともキッチリ勝つ事にこだわったか。

明日の先発はエース川上
予想通りいけば明日は川上-ボーグルソンのマッチアップ。前回の甲子園3戦目と同じ組み合わせ。明日は是非勝ちたいところだが、岡田阪神は”鬼門打破”という意味も含めてドラゴンズ以上に「勝ち」にこだわってくるでしょう。試合展開に関わらずJFKフル稼働も予想される。できればJFK出動前に序盤に先制しておきたいところ。前回ボーグルソンから一発を放っているノリにも期待したい。
PR

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログパーツ
「[PR]」「4月18日(水) 中日 vs 阪神 ~ナゴヤドーム~」への最新コメント
Re:4月18日(水) 中日 vs 阪神 ~ナゴヤドーム~
 詳細にして的確な分析で、思わず全文をじっくり読んでしまいました。
 優勝した翌年は、どのチームも防御率が下がるところです。これまでは割合よく押さえていましたが、昨日のゲームを見ていると「歴史は繰り返すのか?」と思ってしまうような内容ですよね。佐藤充、中里あたりが新たな歴史を作れるのか、見守っていきましょう。
knoll 2007/04/19(Thu)09:46:13
Re:4月18日(水) 中日 vs 阪神 ~ナゴヤドーム~
JJ's blogknollさん>
毎度書き込みありがとうございます。

>詳細にして的確な分析で、思わず全文をじっくり読んでしまいました。
 いえいえ、お恥ずかしい(笑)。ありがとうございます。

>優勝した翌年は、どのチームも防御率が下がる
>佐藤充、中里あたりが新たな歴史を作れるのか
 優勝した翌年の投壊はよく言われますね。疲れやら研究やら色々言われますが…。
佐藤充はウェスタンでそこそこ結果を出しているようですし、期待したいですね。中里に関しては…どうなんでしょう…。彼は暖かくなってきからでしょうかね?昨年後半ぐらいの球が戻ってこれば確実に大きな戦力になるんですがねぇ。

JJ 2007/04/20(Fri)00:44:42
コメントの投稿
※メールアドレスはWEB上には公開されません。当ブログに関連性の無いコメントや、内容が不適切なコメントは削除される場合があります。一部のブログでは、正しくサムネイルが表示されなかったり、表示に時間がかかる場合があります。
お名前:
タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:
「[PR]」「4月18日(水) 中日 vs 阪神 ~ナゴヤドーム~」への最新トラックバック
この記事にトラックバックする:
※当ブログに関連性の無いトラックバックや、内容が不適切なトラックバックは削除される場合があります。 一部のブログでは、正しくサムネイルが表示されなかったり、表示に時間がかかる場合があります。
長峰昌司初回6失点KO!5番昇格森野将彦打てずトラに完敗
長峰昌司初回6失点KO!5番昇格森野将彦打てずトラに完敗:DRAGONS VICTORY ●中日1-9阪神○ 2007年4月18日(水)ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対阪神タイガース、プロ野球公式戦5回戦が行われた。中日の先発は長峰昌司、阪神の先発は下柳剛で18時00分試合開始。 長峰がいきなり初回から阪神打線につかまり1アウト一、三塁から金..
DRAGONS VICTORY 2007/04/19(Thu)10:26:44

VIEW COUNT
カレンダー
←11 2017/12 01→
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
一万年と二千年前から「中日ドラゴンズ」を愛してる
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
※リスト表示以前のアーカイブは上記カレンダーよりご覧ください。
※2006年以前の記事は現在一部の記事のみです。一括エクスポートできない為、現在地道に引っ越し中…。
ブログ内検索
複数ワードによる検索は出来ません。検索ワードは高確率でインデックスされます。
 Keyword often retrieved:
サイト内検索

スペースで区切ることによって複数ワードでの検索が可能です。更新されたばかりのエントリーのワード反映には日数がかかる場合があります。検索ワードを全てインデックスさせるには上記「ブログ内検索」窓をご利用下さい。
Powered by Google
参照サイト
多謝リンク
あわせて読みたいブログパーツ

Environment Browser:FireFox2.0 & Plese On JavaScript / We Use Font "meiryo". Test Browser:FireFox2.0 , Internet Explorer 7 / Sorry,Japanease Only.
忍者ブログ [PR]

(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.