忍者ブログ
JJ DRAGONS
当ブログについて お知らせ ブログ内検索 RSS 2.0 Web Master's Operation Web Master's Operation 日本ブログ村「中日ドラゴンズ」
JJ DRAGONS  -中日ドラゴンズ応援系ブログ-
ホーム ニュース 2008年試合結果 公示 球種考察 ファーム NPB全般 コラム ニュースクリップ 動画クリップ お知らせ 当ブログについて 当ブログについて
(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.

No TopPage
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログパーツ
D9-7T
【阪神】 ボーグルソン 江草 ●久保田(1勝1敗) 橋本健
【中日】 川上 小林 金剛 ○グラセスキ(3勝0敗) 岡本 S岩瀬(5セーブ)
[本塁打]なし
4月19日(木) 中日 vs 阪神 ~ナゴヤドーム~

大量ビハインドから猛反撃!6点差を逆転
今日の主役はお立ち台に上がった二人。立浪が無類の勝負強さを発揮すれば、英智は自称「諦めないベースボールスタイル」を披露(笑)。英智は久保田のストレートにもスライダーにも全くタイミング合ってなかったのに、2-1からの甘いスライダーを逆らわずにセンターへ逆転タイムリー。昨年も横浜川村からこんな感じで打ったタイムリー、あったなぁ。それ以外にも木田からのHRや、木塚からのタイムリーetc…。そして今日…。最後の最後で甘い球が来て、さらにそれをセンター返しでコースヒットにしてしまうあたり…、もうツキとか運とかそういうのじゃなくて、この人、何か持ってるんだろうなぁと思わずにはいられない(笑)。

不安定川上…右足に打球受け降板
今日も不安定な立ち上がりの川上。カットボールが不調で打者をなかなか攻めきれず、谷繁もカーブ、スライダーなど川上の持ち球全てを駆使して懸命にリードするが上手くいかない…。川上は投げながら”カットボールの修正”に取り組んでいるようにも見えた。が、曲がりすぎたり曲がらなかったり…。あの打者の手元で変化する、俗に言う”汚い回転の鋭いカット”が蘇らなければ今後も苦しい。「隔年投手」の称号がチラホラと。
5回表にシーツの打球が右すねに直撃。そのまま降板となった。例によって”かん口令”で詳細はわからず。骨に異常がなければよいが…(病院直行とはならなかったので大丈夫かとは思いますが…)。川上が右すねに打球で降板:共同

スキを突いた二つの盗塁
6点差をひっくり返す反撃の口火となったのが5回ウラ。森岡がストレートの四球を選び出塁すると、イバアラの連続二塁打で1点を返す。ここから圧巻だったのが足技。荒木が福留の打席で三盗を決めると、福留は長打を捨て、軽打に徹したかのようなタイムリー。続くウッズの場面では2-3からエンドラン。福留がスチールで二盗を決めた(ウッズは三振)。この場面でも失敗すれば最悪、三振ゲッツーとなるところ。この後、ボーグルソンが激しく制球を乱し自滅したところを見ると、この二つのスチールは大きかったかな、と。
こういう場面に限らず、「足がある」という事は相手バッテリーも変化球は投げにくくなるし、見た目以上の効果がある。クリーンナップを打席に置いても”走れる”野球はやはり相手にとって脅威となるはず。

井端
足を痛がる場面が2度ほど。特に荒木のヒットでホームインした場面は顔を激しくしかめ、ホームイン後は足を引きずっていた。今日の表情で事態は簡単な事ではなさそう。

小林
川上のアクシデントで緊急登板。OP戦で朝倉が危険球退場のハプニングがあった時もこの人が緊急登板でした。結構、肩が早くできる方なんでしょうか?金本へは死球、今岡には前進守備を破られるタイムリーとやられてしまったが、林はキッチリ三振に打ちとった。投げているボール自体は良さそう。

金剛
今季初登板はいきなりピンチの場面。ほろ苦い結果となってしまった。フォークは落差もコースも良さそうなんだが、もうちょっと打者の手元で落としたいところ。ストレートが岡本くらいビシっと投げられればそのフォークでも勝負できるのかもしれないが、140そこそこではなぁ。もしくは横浜牛田のように落差を生かしてこの際ストライクぎりぎりに放る技術をつけるとか、浅いのと深いのを使い分けるとか…。何か工夫が欲しいなぁ。ファーム級の打者は振ってくれても上では振ってくれない…。今のままでは平井をかなりスケールダウンさせたイメージしか浮かばないなぁ。

清水将
5回代打からという早い登場となったマサウミだが以後零封。ナイスリードでした。小田とともに、守備面ではそれなりの経験を積んだスタメンマスクレベルの捕手が計3人いるドラゴンズ。谷繁に躊躇無く代打を送れるという意味も含めて、これは戦術上でとても大きいと思う。

中村紀
4-2。ヒットは出るが、甘いボールを捕らえきれないところとアッパースイング(まぁこれはこの人の特徴ではあるんでしょうが…)は気になるところ。右方向への強い打球がもっと見たいですねぇ。バックホームが金本の頭を直撃したタイムリーエラーは、、、、突っ込みどころはありますが、まぁ不可抗力の範囲内かなぁ。

ウッズ
敬遠の場面でバットを逆さに持つパフォーマンス(笑)。ユーモアがあってこういうのは個人的には好き。中9-7神(19日) 中日が6点差を逆転:トーチュウ

虎とは2勝3敗1分
これで交流戦開けまで対戦の無い阪神。大きく負け越さなかったという意味では2勝3敗1分という数字はまずまずでしょう。阪神にナゴドの”鬼門”というイメージも残した結果になったし。
明日からは東京遠征でヤクルト戦。こういう大逆転も良いですが、良い意味で「勢い」をつけて、ドラゴンズの勝ち方での勝ち越しを期待しています。健太、そろそろキッチリ投げてくれ。
PR

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログパーツ
「[PR]」「4月19日(木) 中日 vs 阪神 ~ナゴヤドーム~」への最新コメント
コメントの投稿
※メールアドレスはWEB上には公開されません。当ブログに関連性の無いコメントや、内容が不適切なコメントは削除される場合があります。一部のブログでは、正しくサムネイルが表示されなかったり、表示に時間がかかる場合があります。
お名前:
タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:
「[PR]」「4月19日(木) 中日 vs 阪神 ~ナゴヤドーム~」への最新トラックバック
この記事にトラックバックする:
※当ブログに関連性の無いトラックバックや、内容が不適切なトラックバックは削除される場合があります。 一部のブログでは、正しくサムネイルが表示されなかったり、表示に時間がかかる場合があります。
代打英智逆転タイムリー!6点差ひっくり返しトラに大逆転勝利!
代打英智逆転タイムリー!6点差ひっくり返しトラに大逆転勝利!:DRAGONS VICTORY ○中日9x-7阪神● 2007年4月19日(木)ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対阪神タイガース、プロ野球公式戦6回戦が行われた。中日の先発はエース川上憲伸、阪神の先発はボーグルソンで18時00分試合開始。 2回表、川上がボーグルソンに2点タイムリー二塁打..
DRAGONS VICTORY 2007/04/20(Fri)10:10:55

VIEW COUNT
カレンダー
←04 2017/05 06→
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
一万年と二千年前から「中日ドラゴンズ」を愛してる
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
※リスト表示以前のアーカイブは上記カレンダーよりご覧ください。
※2006年以前の記事は現在一部の記事のみです。一括エクスポートできない為、現在地道に引っ越し中…。
ブログ内検索
複数ワードによる検索は出来ません。検索ワードは高確率でインデックスされます。
 Keyword often retrieved:
サイト内検索

スペースで区切ることによって複数ワードでの検索が可能です。更新されたばかりのエントリーのワード反映には日数がかかる場合があります。検索ワードを全てインデックスさせるには上記「ブログ内検索」窓をご利用下さい。
Powered by Google
参照サイト
多謝リンク
あわせて読みたいブログパーツ

Environment Browser:FireFox2.0 & Plese On JavaScript / We Use Font "meiryo". Test Browser:FireFox2.0 , Internet Explorer 7 / Sorry,Japanease Only.
忍者ブログ [PR]

(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.