忍者ブログ
JJ DRAGONS
当ブログについて お知らせ ブログ内検索 RSS 2.0 Web Master's Operation Web Master's Operation 日本ブログ村「中日ドラゴンズ」
JJ DRAGONS  -中日ドラゴンズ応援系ブログ-
ホーム ニュース 2008年試合結果 公示 球種考察 ファーム NPB全般 コラム ニュースクリップ 動画クリップ お知らせ 当ブログについて 当ブログについて
(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.

No TopPage
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログパーツ
G7-2D
【中日】 ●山本昌(0勝1敗) 高橋 デニー 小林
【巨人】 ○姜(1勝0敗) 会田 真田
[本塁打] 森野2号(中) 小笠原1号(巨) 二岡1号(巨)
巨人 vs 中日 第1回戦 (巨人 1勝 0敗 0分)/観客数:42711人 /試合時間:3時間1分
巨人が小笠原の本塁打を含む3安打3打点の活躍などで本拠地初戦を勝利で飾った。巨人は2点を追う3回、小笠原の巨人移籍後初アーチとなる2ランで同点に追いつく。4回に二岡の1号ソロで勝ち越すと、5回には打者10人の攻撃で4点を追加し中日を引き放した。巨人先発・姜は7回を被安打5、失点2で今季初勝利。中日は先発山本昌が4回途中7失点で降板しリードを守れなかった。打線も2回に森野が2号2ランを放って以降沈黙し、追加点を挙げられなかった。中日は今季初黒星で8年ぶりの開幕4連勝はならなかった。(TBS)
解説者コメント 栗山英樹
先日の横浜・工藤に続き、左投手の山本昌を攻略した巨人。右打者が不安視され、左投手が打てないと言われてきたが、見事打線のつながりで勝利を呼び込んだ。その裏には選手それぞれに生まれた意識の変化がある。今までと違い今季の巨人ナインには”自分が決めなければ”という気負いがなく、次につなげれば点になるという共通認識を持つ事ができている。それも左に対して左打者が打ってつなげるという最高の形で。こういう打線は2、3番が要となる。2番の谷も第一打席のミスを2打席目に粘りの四球で返し、結果同点弾を呼び込んだ。今後さらに1番・高橋由伸の状態が上がってくると、より恐い打線となるだろう。(TBS)

テレビ観戦。
左打者の多い読売打線に対して先発はサウスポー山本昌。が、左に打たれまくって敗戦(苦)。

山本昌
とにかく全体的にボールが高く、球場の特性も相まって被弾2。立ち上がりからボールが上ずり、お得意の”修正”も効かず、4回1/3でKO。
”200勝へのアシスト采配”云々については、”ビハインドでも引っ張る”采配よりも、ローテの組み方(できればナゴドで多く投げさせてあげられるローテ)で考えて欲しいところだなぁ。

高橋
アキフミは交代直後にマサの残したランナーを返し、さらにはピッチャーの姜に四球を出すなど早くも”抹消”の文字がチラホラ。”制球力”という昨年の大きな課題を今年にもしっかり持ち越してきた。今のところ、せったゲームでは使えんなこりゃ。

小林
1イニング三人でピシャリ。一昨日は青木にしっかりリベンジされたが、今日はカウント2-3にしてからも勝負できていたし、なかなかの感じだったんでは?右左関係なく起用されているのはワンポイント以上の仕事を期待されはじめたか。

森野
左方向への先制2号2ラン。開幕1・2戦はあまり良い感じを受けなかったが、一発の出た3戦目から調子が上向きか。相変わらずこの人の左方向への打球は良い飛び方をするなぁ。この調子で開幕ダッシュを。

ウッズ
今日も無安打。毎年春先は落ち込むイメージがあるのでさほど気にはしていないが、ただ”ドツボ”にハマるのだけは避けたい。早く一本欲しいところ。

会田
新フォームになってはじめてちゃんと見た。とりあえず、慣れるまでは結構抑えそうだなぁ。セットポジションになってどうかな?って思ってたが、ドラ打線がランナーを出せなかった為に見られず(苦笑)。

G打線
改めてスタメンを見ると…、、、、やっぱり控え陣は(特に昨年経験を積んだ亀井とか矢野とか鈴木とかetc)”故障待ち・スランプ待ち”みたいな状態になってしまうんだろうなぁ。他球団の若手選手とか見て、「お?結構いいねこの選手」みたいな楽しみ方ができない巨人は、ドラゴンズが絡まないとあまり見る気起きないなぁやっぱり。

あと、一番ヨシノブからはじまる打順は、個人的には”時間の問題”と予想しておきます(笑)。

ってな感じで、今季初黒星。
明日の先発が長峰だとしたら、ちょっと彼の荷が重くなる感じもしますが。あとはOP戦でもテーマにしていた”低目への投球”を実践できれば、序盤KOという憂き目には合わないと思うので頑張って欲しい。
PR

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログパーツ
「[PR]」「4月3日(火) 巨人 vs 中日 ~東京ドーム~」への最新コメント
コメントの投稿
※メールアドレスはWEB上には公開されません。当ブログに関連性の無いコメントや、内容が不適切なコメントは削除される場合があります。一部のブログでは、正しくサムネイルが表示されなかったり、表示に時間がかかる場合があります。
お名前:
タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:
「[PR]」「4月3日(火) 巨人 vs 中日 ~東京ドーム~」への最新トラックバック
この記事にトラックバックする:
※当ブログに関連性の無いトラックバックや、内容が不適切なトラックバックは削除される場合があります。 一部のブログでは、正しくサムネイルが表示されなかったり、表示に時間がかかる場合があります。
山本昌乱調7失点KO、中日開幕連勝ストップ。
山本昌乱調7失点KO、中日開幕連勝ストップ。:ドラゴンズスタジアム 投打がかみ合い開幕3連勝と 最高のスタートを切ったドラゴンズ。 今夜からは東京ドームで巨人との3連戦。 その初戦のマウンドには、 41歳の大ベテラン・山本昌が上がりました。 しかし現役最多の36勝を誇る巨人キラーも 初登板ということで、緊張もあってか、 自慢の制球が定まりませんでした…。
ドラゴンズスタジアム 2007/04/04(Wed)02:29:44

山本昌が5回巨人に集中打を浴びる!中日今季初黒星で連勝止まる
山本昌が5回巨人に集中打を浴びる!中日今季初黒星で連勝止まる:DRAGONS VICTORY ○巨人7x-2中日● 2007年4月3日(火)東京ドームで読売ジャイアンツ対中日ドラゴンズ、プロ野球公式戦1回戦が行われた。中日の先発は山本昌、巨人の先発は姜建銘(ジャン・チェンミン)で18時01分試合開始。 2回表、森野のレフトスタンドへの2ランホーム..
DRAGONS VICTORY 2007/04/04(Wed)09:16:00

VIEW COUNT
カレンダー
←05 2017/06 07→
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
一万年と二千年前から「中日ドラゴンズ」を愛してる
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
※リスト表示以前のアーカイブは上記カレンダーよりご覧ください。
※2006年以前の記事は現在一部の記事のみです。一括エクスポートできない為、現在地道に引っ越し中…。
ブログ内検索
複数ワードによる検索は出来ません。検索ワードは高確率でインデックスされます。
 Keyword often retrieved:
サイト内検索

スペースで区切ることによって複数ワードでの検索が可能です。更新されたばかりのエントリーのワード反映には日数がかかる場合があります。検索ワードを全てインデックスさせるには上記「ブログ内検索」窓をご利用下さい。
Powered by Google
参照サイト
多謝リンク
あわせて読みたいブログパーツ

Environment Browser:FireFox2.0 & Plese On JavaScript / We Use Font "meiryo". Test Browser:FireFox2.0 , Internet Explorer 7 / Sorry,Japanease Only.
忍者ブログ [PR]

(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.