忍者ブログ
JJ DRAGONS
当ブログについて お知らせ ブログ内検索 RSS 2.0 Web Master's Operation Web Master's Operation 日本ブログ村「中日ドラゴンズ」
JJ DRAGONS  -中日ドラゴンズ応援系ブログ-
ホーム ニュース 2008年試合結果 公示 球種考察 ファーム NPB全般 コラム ニュースクリップ 動画クリップ お知らせ 当ブログについて 当ブログについて
(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.

No TopPage
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログパーツ
D4-3G
【巨人】 ●姜(1勝4敗) 西村 豊田 野口 会田
【中日】 ○中田(5勝2敗) S岩瀬(12セーブ)
[本塁打] 李11号(巨)
中日 vs 巨人 第11回戦 (中日 7勝 4敗 0分)/観客数:38281人 /試合時間:3時間10分

7連勝で首位奪還。連勝中は全て先発に勝ち星がついている良い展開。特にあれだけ酷かった中田がここまで良くなってくるとは…。交流戦目前で首位奪取。

好投中田、8回を無四球3失点
(c)中日新聞社「中4-3巨(19日) 中日が首位奪う」結果3失点はしたが、”テンポ良く・球数を少なく・ストライク先行”というこれまでの課題をしっかり克服。今季ほとんど使えていなかったフォークも低めに決まり、これまでとは見違えるような内容。それ以外での変化球もカーブ・スライダーに加えチェンジアップや曲がりの小さい速いスライダー(これが昨年取り組んでたスライダーですかね)を数球投げるなど、谷繁のリードもこれまでとはまたひとつ違った配球。ストレートのキレもまずまず。

2回イスンヨプにカウント0-2からストライクを取りに行った甘いストレートを被弾、6回には2死からの3連打で2失点の計失点。3連打は全て変化球(カーブ・フォーク・スライダー)が高めに入ったところを痛打されており課題は残ったが、それでも8回を投げきったところは好評価。球数も118球とほぼ理想的。さらに無四球。身内の不幸から”調整不足”ではじまったシーズンだったが、ここにきてある程度体のキレも出てきたでしょうか。スライダー/カーブと、速球との緩急で勝負するしかなかったこれまでだったが、今日のように本来の決め球フォークが低めに投げられて、小さく曲がる速いスライダー、さらにはチェンジアップもある程度投げられるようになれば投球の幅はグっと広がる。

課題をひとつずつクリアしつつある中田。ひとまずの課題としては、後は”時折”高めに抜けるボールの制球の安定感のみ。この内容が持続できれば、今年のドラゴンズの勝ち頭の可能性もあるはず。今後の快進撃を期待できる投球内容でした。

好調森野は7試合連続タイムリー
連勝中、全て打点をはじき出している森野。さらにはそのほとんどが”良い場面”でのタイムリー。日テレとかだと解説者が「Turning Point」とか出してくるような場面ばかり。福留-ウッズの後を打つ意味でもある程度、打席で走者のある場面が多い森野だが、それを生かしてクリーンナップとしてしっかりとした働きをしてくれている。外のクサイボールをファールで粘って好球を待つバッティングも素晴らしい。たまに甘いボールを見逃して難しいボールを打ちに行く場面もあるが、今は結果が出ているのでそこまで気にする事はないのでしょう。まぁ先週のような思い切ったバッティングも見たいですがね。

福留
インコース攻めからやや打撃を崩しているという評され方の福留ですが、逆を言えば「崩されないように」している姿勢も見えますね。あれだけインを突かれれば、早いカウントでそこに絞って、体を開いて打っていけば、彼ならばある程度パンチできるはずだとは思うんですね。ただそれによって、ほぼ”完成系”に近づいた打撃フォームが崩れるのを嫌っているのかな?と。どれだけインを攻められても肩を開かないようにして見送っている印象。
まぁスイングスピードは速いのに速球に振り遅れてるとこなんかは、始動が遅いんですかねぇ。ボールもちゃんと見れていない感じですし。彼にしてはなかなか良い感じが戻ってきませんね。

李炳圭
6回2死2・3塁で二岡の2点タイムリーとなった場面。打球はセンター前へ。まず…打球への入り方が悪いですねぇ…。バウンドを合わるのが難しいのはわかるが、もう少しスピードを持って、もうひとつ前のタイミングで捕球しないと…スローイングに力も入らないし…。しかしまぁ強肩って触れ込みはどっからきたんだか…。重心が高いまま、腕だけで投げる力の無い送球でした。
で、この場面、谷繁はバックホームさせて二岡をセカンドで殺すつもりだったか李炳圭に本塁への送球を促していたが、李炳圭の返球はピッチャーズマウンドでワンバウンドするショボイ返球…。何だか打撃面もアレだし、今後もいろんな意味で足枷になってくるような…。もうちょっと打ってくれれば平均的な守備でも我慢できるんでしょうけど…。

あ、巨人も清水や矢野や鈴木尚がいる中、ホリンズ使ってますねぇ。

交流戦前を連勝で締めくくるか?
7連勝で首位奪還。先発陣の奮闘もあってリリーフも酷使することなく、ほぼ理想的な戦い方でここまできました。明日は山本昌。連勝中、ずっと先発の働きがよいので、この流れに乗って194勝目といきたいところですね。
連投中の岩瀬は休ませたいところだが…、まぁセーブがつく場面なら行くんでしょうけど。
PR

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログパーツ
「[PR]」「5月19日(土) 中日 vs 巨人 ~ナゴヤドーム~」への最新コメント
Re:5月19日(土) 中日 vs 巨人 ~ナゴヤドーム~
 相変わらず素晴らしい分析力です。
 中田…時折、抜ける球はありますが、ボールに力がついてきました。1年目は腕の振りを良さを生かしたボールのキレで勝負するタイプかと思っていましたが、川上のように、力で勝負するタイプに変化しつつありますね。
 李炳圭…6回2死2・3塁で二岡の2点タイムリーとなった場面。打球への入り方が悪い!もっと打球にダッシュで入らないと!スローイングも、マウンド手前でバウンドする弱々しいもので、見るに耐えない!蔵本なら、ホームでクロスプレーになっていたか、少なくとも仁岡を2塁に行かせることはなかったはずはないでしょう。終盤に交代させられていましたが、当然でしょう。
knoll 2007/05/20(Sun)08:40:24
Re:5月19日(土) 中日 vs 巨人 ~ナゴヤドーム~
>相変わらず素晴らしい分析力です。
いえ、滅相もないです…。コメントどうもです。

>川上のように、力で勝負するタイプに変化しつつありますね
変化球がある程度投げられれば、あの直球も生きてきますよね。

>李炳圭…6回2死2・3塁で二岡の2点タイムリーとなった場面。打球への入り方が悪い!もっと打球にダッシュで入らないと!
全く同感です。英智や藤井ならばもっと違ったでしょうし、ホームが無理ならば少なくとも二岡は一塁で止めておかないと。あの後、中田が踏ん張ったからよかったものの、もしかしたら勝敗を分けるプレーにもなりかねませんでしたし。

しかしまぁ李炳圭に関しては…強肩攻守の触れ込みは何だったんでしょうねぇ。
JJ 2007/05/20(Sun)14:34:25
コメントの投稿
※メールアドレスはWEB上には公開されません。当ブログに関連性の無いコメントや、内容が不適切なコメントは削除される場合があります。一部のブログでは、正しくサムネイルが表示されなかったり、表示に時間がかかる場合があります。
お名前:
タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:
「[PR]」「5月19日(土) 中日 vs 巨人 ~ナゴヤドーム~」への最新トラックバック
この記事にトラックバックする:
※当ブログに関連性の無いトラックバックや、内容が不適切なトラックバックは削除される場合があります。 一部のブログでは、正しくサムネイルが表示されなかったり、表示に時間がかかる場合があります。
中田賢一8回無四球好投でGに連勝!中日7連勝首位奪回!
中田賢一8回無四球好投でGに連勝!中日7連勝首位奪回!:DRAGONS VICTORY ○中日4x-3巨人●(中田賢一ナゴヤドーム12連勝!) 2007年5月19日(土)ナゴヤドームで中日ドラゴンズ対読売ジャイアンツ、プロ野球公式戦11回戦、首位攻防戦第2ラウンドが行われた。中日の先発は中田賢一、巨人の先発は姜建銘(ジャン・チェンミン)で1..
DRAGONS VICTORY 2007/05/20(Sun)09:31:46

慣れた悩み
慣れた悩み:ドラゴンズが気になる。 5月19日 VS巨人11回戦 7勝4敗(ナゴヤドーム)巨  人0100020003中  日00310000X4 [中]中田、岩瀬 [巨]姜建銘、西村、豊田、野口、会田 (勝)中田5勝2敗 (S)岩瀬1敗12S (負)姜建銘1勝4敗 〔HR〕李承?11号(中田) 6連敗して借金したときは、いろんな悩みがありました。ローテ投手の崩壊、リリーフの駒不足、谷繁のリード云々…。 ここへきて7連勝。諸問題がいろいろ整理されてきて、行く着くところは中日伝統の拙攻残塁グセ。 このドラゴンズファンが“慣れた悩み”に集約さ...
ドラゴンズが気になる。 2007/05/20(Sun)14:38:55

中田快投無四球で5勝目、7連勝竜首位奪還!
中田快投無四球で5勝目、7連勝竜首位奪還!:ドラゴンズスタジアム エースの復活で初戦を取り、6連勝のドラゴンズ。 巨人相手にもその勢いは増すばかり。 迎えたナゴヤドームでの首位攻防第2ラウンド。 勝てば、ゲーム差0ながら 首位に返り咲ける大事な一戦で 先発の中田賢一が見事な投球を見せました。
ドラゴンズスタジアム 2007/05/20(Sun)15:00:17

VIEW COUNT
カレンダー
←05 2017/06 07→
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
一万年と二千年前から「中日ドラゴンズ」を愛してる
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
※リスト表示以前のアーカイブは上記カレンダーよりご覧ください。
※2006年以前の記事は現在一部の記事のみです。一括エクスポートできない為、現在地道に引っ越し中…。
ブログ内検索
複数ワードによる検索は出来ません。検索ワードは高確率でインデックスされます。
 Keyword often retrieved:
サイト内検索

スペースで区切ることによって複数ワードでの検索が可能です。更新されたばかりのエントリーのワード反映には日数がかかる場合があります。検索ワードを全てインデックスさせるには上記「ブログ内検索」窓をご利用下さい。
Powered by Google
参照サイト
多謝リンク
あわせて読みたいブログパーツ

Environment Browser:FireFox2.0 & Plese On JavaScript / We Use Font "meiryo". Test Browser:FireFox2.0 , Internet Explorer 7 / Sorry,Japanease Only.
忍者ブログ [PR]

(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.