忍者ブログ
JJ DRAGONS
当ブログについて お知らせ ブログ内検索 RSS 2.0 Web Master's Operation Web Master's Operation 日本ブログ村「中日ドラゴンズ」
JJ DRAGONS  -中日ドラゴンズ応援系ブログ-
ホーム ニュース 2008年試合結果 公示 球種考察 ファーム NPB全般 コラム ニュースクリップ 動画クリップ お知らせ 当ブログについて 当ブログについて
(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.

No TopPage
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログパーツ
C4-16D
【中日】 ○朝倉(2勝3敗) 石井 S・ラミレス グラセスキ 中田
【広島】 ●青木高(0勝6敗) マルテ 広池 小山田 河内
[本塁打] ウッズ13号(中) 中村紀6号(中) 井端2号(中)
広島 vs 中日 第6回戦 (広島 2勝 4敗 0分)/観客数:10127人 /試合時間:3時間40分

先発野手全員安打、計17安打16得点
打ちも打ったり17安打。それでいて残塁は広島より多い7…。まさに”大味”な試合。黒田をスライドせず、青木高を持ってきた広島ですが、今日の朝倉の調子を考えたら…。思い切り結果論で言ってしまえば、広島の黒田ノンスライドは失敗になってしまったかと(追記:と、思ったら黒田は故障か違和感かなんかみたいですねぇ)。

五月男ノリ、爆発か?
フォーム改造から調子を上げつつある中村紀がHRを含む4安打5打点と”ミスターメイ”の片鱗を見せた。レフトへの2塁打3本に加え、最後の打席では低めのストレートを得意の右方向へ本塁打。狭い球場、低いフェンスというアシストもあったが、低めのボールをパンチすると逆風をついて右方向へ強い打球を放ったところは”好調”へのサインか?近鉄時代、手のつけられなかった頃の中村紀は、相手バッテリーがセーフティーな配球で外角低目へ投げたボールをガンガン右中間へ長打を飛ばしていた。こういう打球が見られるようになると、一気に爆発も期待できそう。
後はデータがないので現時点では”イメージ”だが、何度か対戦した投手にはある程度、鋭い打球を飛ばしている気がする。

李炳圭
マルチヒット。ともに外角のボールをセンターから逆方向へ打ったもので、開幕直後に見せていた安打パターン。インコース攻めを意識する事で打てなくなってきていた外角だが、この日はある程度対応。しかし低めのボール球の見極めは相変わらず…。高めのボール球にはそれほど手を出さない分、今のところは投手のレベル(コントロール=相手の投手が低めにしっかり制球できるか)に比例する感じで打っている印象。

朝倉
5回2/3で4失点。これまで打線の援護が無かった分、この日は打線がカバー…。内容は決して良くなかったが、まぁよしとしなければという感じでしょうか。

石井・グラセスキ登板
先週、久本のハードワークが目立ち、故障の噂も立ったグラセスキだが本日登板。故障が治ったのか、単に登板機会が無かったのかは不明だが、久本にあれだけ無理をさせたところから見るとどこかアクシデントがあったと見るのが一般的でしょうか。石井はスライダーが今年はかなりキレてますが、ストレートが相変わらず高めに浮くのが惜しい。
石井・グラセスキ・Sラミレスの登板で、明日以降のローテがまたまた読めん…。

中田
ここまで悲惨な投球内容を見せていた中田がリリーフ登板。これまでどう考えても”抹消”すべき投球をしていた中田だが…、森繁和はどうしても彼を下に落としたくないのかねぇ。今の不調が精神的な問題だけだとは思えませんが…。
今日もストレートは走っていたが、スライダーが高めに浮くorゾーンから大きく外れ、目立った修正点はナシ。フォーク・カーブは投げず。スライダーかフォークのどちらかを、ある程度良いところに放れるようにならないと、この手のタイプの投手はかなり苦しいと思うんですが。

新井
代打で登場、今日も初球打ちでレフト線二塁打。相変わらず、思い切りの良さを見せていますね。個人的には、こういう大量リードのゲームでは守備につかせて何打席か与えてみてもよいとは思うのですが(同様に藤井に対しても)。まぁ9番に代打という場面が多い分、次のイニング以降にタイロンやノリに打席が回る可能性を考えたら守備につかせるのは難しいのもわかりますけど。
外野守備の練習をしているようですが、現時点でどの程度守れるのでしょうね?肩も強いし足も速いと聞くので、試合展開で可能であれば、外野での途中出場なんかも見てみたい気はしますがね。井端や荒木、森野なんかもそうやって出番を増やしていって今があるわけですしね(まぁちょっとケースが違うが福留も本格コンバート以前はそれに近かったですし)。

読めないローテ、明日は誰が来る?
ドラゴンズも読めませんが、広島も読めません。中日が”ローテの穴”と見て確実に獲りにくるつもりなら黒田かもしれないし、ローテ的には大竹の順番でもあり…。う~ん、大竹かな。大竹であれば苦手意識ができつつあるので、今後の事も考えてここらで黒をつけときたいところ。ドラゴンズは…どうでしょう?あ、川上は明日投げれば中5日か。巨人に当てる気があるなら別だが、間隔的には普通。川上を対Gに当てるつもりならば久本や浅尾あたりから細かく繋いでいくか…、明日から登録可能な佐藤充を即先発でいくのか…。鈴木、中里の登録もなきにしもあらず?(追記:が、今日二人とも下で投げたようです)。しかし昇格組だとすると誰かを抹消せねばんばらんし…。誰を抹消するのかのチョイスもかなり難しい…。抹消候補は中田?石井?両外国人は何となく結果は残してるしなぁ。またしても野手を削ってしまうとしても…消去法で小田くらいしか浮かばん…。
PR

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログパーツ
「[PR]」「5月8日(火) 広島 vs 中日 ~福 山~」への最新コメント
コメントの投稿
※メールアドレスはWEB上には公開されません。当ブログに関連性の無いコメントや、内容が不適切なコメントは削除される場合があります。一部のブログでは、正しくサムネイルが表示されなかったり、表示に時間がかかる場合があります。
お名前:
タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:
「[PR]」「5月8日(火) 広島 vs 中日 ~福 山~」への最新トラックバック
この記事にトラックバックする:
※当ブログに関連性の無いトラックバックや、内容が不適切なトラックバックは削除される場合があります。 一部のブログでは、正しくサムネイルが表示されなかったり、表示に時間がかかる場合があります。
中村ノリ大当たり4長打5打点、爆発竜17安打16点!
中村ノリ大当たり4長打5打点、爆発竜17安打16点!:ドラゴンズスタジアム ゴールデンウィーク9連戦を終え、 3位のドラゴンズは、今夜から4位・広島との3連戦。 初戦となった福山市民球場でのゲームは、 ライトからレフトへ吹き付ける強風のごとく、 序盤から打線が繋がり大爆発! 勝ち運のない先発・朝倉を大いに援護しました。
ドラゴンズスタジアム 2007/05/09(Wed)09:12:49

中日先発野手全員17安打16得点で広島に圧勝!
中日先発野手全員17安打16得点で広島に圧勝!:DRAGONS VICTORY ●広島4-16中日○(中村紀洋4安打5打点の大活躍) 2007年5月8日(火)広島県福山市民球場で広島東洋カープ対中日ドラゴンズ、プロ野球公式戦6回戦が行われた。中日の先発は朝倉健太、広島の先発は青木高広で18時01分試合開始。 2回表、李の二塁打で1..
DRAGONS VICTORY 2007/05/09(Wed)10:08:11

VIEW COUNT
カレンダー
←11 2017/12 01→
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
一万年と二千年前から「中日ドラゴンズ」を愛してる
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
※リスト表示以前のアーカイブは上記カレンダーよりご覧ください。
※2006年以前の記事は現在一部の記事のみです。一括エクスポートできない為、現在地道に引っ越し中…。
ブログ内検索
複数ワードによる検索は出来ません。検索ワードは高確率でインデックスされます。
 Keyword often retrieved:
サイト内検索

スペースで区切ることによって複数ワードでの検索が可能です。更新されたばかりのエントリーのワード反映には日数がかかる場合があります。検索ワードを全てインデックスさせるには上記「ブログ内検索」窓をご利用下さい。
Powered by Google
参照サイト
多謝リンク
あわせて読みたいブログパーツ

Environment Browser:FireFox2.0 & Plese On JavaScript / We Use Font "meiryo". Test Browser:FireFox2.0 , Internet Explorer 7 / Sorry,Japanease Only.
忍者ブログ [PR]

(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.