忍者ブログ
JJ DRAGONS
当ブログについて お知らせ ブログ内検索 RSS 2.0 Web Master's Operation Web Master's Operation 日本ブログ村「中日ドラゴンズ」
JJ DRAGONS  -中日ドラゴンズ応援系ブログ-
ホーム ニュース 2008年試合結果 公示 球種考察 ファーム NPB全般 コラム ニュースクリップ 動画クリップ お知らせ 当ブログについて 当ブログについて
(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.

No TopPage
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログパーツ
D4-10T
【投手】
(神)杉山、能見-矢野
(中)中田、長峰、金剛、高橋-谷繁、小田
【責任投手】
(勝)杉山4試合2勝1敗
(敗)中田6試合4勝2敗
【本塁打】
(神)
(中)

今日は所用で出かけており、全く試合を見てませんでした。野球ファンたるや、外出していてもやはりドラゴンズの試合が気になるもの。2時半過ぎ、、、くらいだったでしょうか?携帯から速報サイトに繋ぎ、「さて、どうなっとるかな」とスコア確認。

ズンっ。

TBSラジオ



ジー○ン刑事殉職…
「なんじゃこりゃああああああっっ!!!」





◆監督談話

「(中田は)イメージチェンジは早すぎる。暴れろと言ってるんだ。きょうはまるで駄目。真ん中に球が集まるとやられる。」

サンスポ時事


◆ブログランキング
ブログランキング、現在「中日ドラゴンズ」ランキング3位です。最後まで読んでくださった方、もし宜しければ左記バナーのクリックをお願い致します。


◆関連動画

080505 阪神対中日 1回表 タイガースの攻撃ハイライト
080505中日×阪神 4回表
プロ野球ニュース 中日対阪神 080505
080505 初回で決まった! 新井と中田の熱い勝負 中日vs阪神 
PR

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログパーツ
「[PR]」「5月5日(月) 中日 vs 阪神 ~ナゴヤドーム~」への最新コメント
Re:5月5日(月) 中日 vs 阪神 ~ナゴヤドーム~
(笑) こんにちは。久しぶりに出ましたね↑。JJイリュージョン。

5/4(日)記事にupされたJJさん撮影スコアボードphoto(ビョングさんお立ち台)ですが、
右下辺りに紺色[tatsunami 3]Tシャツを着て紺白CDキャップを後ろ向きにかぶって、スコアボードをデジカメ撮影している男 が写ってますね。
それ、私です(笑) 5F-ゲート7-60通路-56列-R585
5/3(土)の初ナゴド観戦があまりにも不甲斐ない結果で、悔しかったので、
急遽、5/4も観戦しました。JJさんの不敗神話にあやかったワケです(笑)
ダフ屋の高いチケット買った甲斐があり、観戦成績1勝1敗の5分(笑)。

さて、JJさんも驚愕の昨日のT戦。
中田君は散々でしたが、「次、頑張れ」ですね。
3連戦通して最もTバッテリーに警戒されたような森野君には、やっと甘い球が来ましたよ。7回2死からの1,2,3番による2得点はよかったです。
長峰君+谷繁さん、アキフミ君+小田君、よかったです。「次も頑張れ!」ですね。
----------------
このT3連戦を振り返ると、D投手の出来が良くなかったと同時に、
Tの準備・D対策の意気込みに負けたって気がします。
(Jさん始めブロガーの皆さんのようなデータ分析をしていない私の、アテにならない感覚ですけど(笑))
Tのスコアラー分析→①矢野さん野口さんの学習 ②T打撃陣の意思統一
ってところでしょうか? 
谷繁さんのリードやD投手のクセ等、致命的ではないが何らかの傾向を見いだして対策しているような気もしなくもないです。
森野君対策として初カード以来、徹底して危険回避の配球(外角の出入・落ちる球、四球でもOK)をしているのはTバッテリーのみなんじゃないですか? むしろ他の4球団は学習能力がないのでしょーか?(笑)と思います。
Dに対する近年のTの苦労と並々ならぬ復讐心(←恐い言葉ですが)が今年、実を結びつつある感じを受けます。大袈裟ですか(笑)?

かたや我らがD。毎度、赤星・金本の両曲者をそこそこ封じていますね。
しかし今回、新戦力&矢野さんにやられましたね。3番:新井もCの4番の時とは一味違うシツこーいニオイで、過去データがそのまま当てはまらない感じではないでしょーか?
D打線は、調子自体イマイチなのと、対戦投手に対して、まだあまり策自体が無いよーですね(笑) 毎年この時期はそうなのですかね。

ここまでの戦いをデータ分析して交流戦以降のT戦で絶対反抗してほしいです。
また、危険物として警戒される宿命の森野君、自覚もしているようですし、頑張って乗り越えて、よりハイレベルの強打者になることを期待しましょうね。
D党にとってショックだったこの3連戦の後、気持ちを切り替えたDの戦いぶりに注目しましょう。

では。
シャオロン123 2008/05/06(Tue)15:01:53
Re:5月5日(月) 中日 vs 阪神 ~ナゴヤドーム~
シャオロン123さん、コメントどうもです!
5/3、思いっきり負けちゃいましたねぇ…と思ったら、何と翌日も行かれていたのですね。

>それ、私です(笑)
ええっ、という事は、結構近い場所で見てたって事ですねぇ。驚きです。

>7回2死からの1,2,3番による2得点
>長峰君+谷繁さん、アキフミ君+小田君
録画をまだ見られていないのですが…、負けた試合の録画を見るのって、心情的にというか何というか、気が向かなくなってしまうので(苦笑)。見る機会があればその辺も注目して見てみますね。

>T3連戦
仰られるように、クセや傾向…特に中田君の打たれ方なんかは気になりますよねぇ。森野は確かに、阪神戦の成績が一番下ですね。阪神バッテリーは外中心にしつつ、森野が好むインハイ高めはしっかりボール球にしてる印象ですね。
他球団は…どうなんでしょう?データは出ていても、そこに投げ込めるかどうかの投手のレベルも影響するでしょうし、そういう意味でも仰られるように阪神の”森野対策力”は高そうですね。

>Dに対する近年のTの苦労と並々ならぬ復讐心
いやぁ阪神は近年、ナゴヤドームのマウンドに合わせた傾斜のマウンドをブルペンに設置したり、色々やってますしねぇ。大負けした一昨年からナゴド対策は強化されてるみたいですし、色々と効果は出ているのかもしれませんね。

>対戦投手に対して、まだあまり策自体が無い
今のところは”策”を感じないですねぇ。個々の力はあるはずですので、後はどうやって”線”で繋がるか…なんでしょうが…。
今のところは繋がりをあまり感じないし…難しいですね。喩今のままとしても、井端が絶好調モードに入ってくると、かなり印象も変わると思うんですが…。まぁ今年の打線は、昨年までとはガラリと変った印象ですよね。
JJ 2008/05/07(Wed)01:21:31
コメントの投稿
※メールアドレスはWEB上には公開されません。当ブログに関連性の無いコメントや、内容が不適切なコメントは削除される場合があります。一部のブログでは、正しくサムネイルが表示されなかったり、表示に時間がかかる場合があります。
お名前:
タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:
「[PR]」「5月5日(月) 中日 vs 阪神 ~ナゴヤドーム~」への最新トラックバック
この記事にトラックバックする:
※当ブログに関連性の無いトラックバックや、内容が不適切なトラックバックは削除される場合があります。 一部のブログでは、正しくサムネイルが表示されなかったり、表示に時間がかかる場合があります。
VIEW COUNT
カレンダー
←09 2017/10 11→
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
一万年と二千年前から「中日ドラゴンズ」を愛してる
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
※リスト表示以前のアーカイブは上記カレンダーよりご覧ください。
※2006年以前の記事は現在一部の記事のみです。一括エクスポートできない為、現在地道に引っ越し中…。
ブログ内検索
複数ワードによる検索は出来ません。検索ワードは高確率でインデックスされます。
 Keyword often retrieved:
サイト内検索

スペースで区切ることによって複数ワードでの検索が可能です。更新されたばかりのエントリーのワード反映には日数がかかる場合があります。検索ワードを全てインデックスさせるには上記「ブログ内検索」窓をご利用下さい。
Powered by Google
参照サイト
多謝リンク
あわせて読みたいブログパーツ

Environment Browser:FireFox2.0 & Plese On JavaScript / We Use Font "meiryo". Test Browser:FireFox2.0 , Internet Explorer 7 / Sorry,Japanease Only.
忍者ブログ [PR]

(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.