忍者ブログ
JJ DRAGONS
当ブログについて お知らせ ブログ内検索 RSS 2.0 Web Master's Operation Web Master's Operation 日本ブログ村「中日ドラゴンズ」
JJ DRAGONS  -中日ドラゴンズ応援系ブログ-
ホーム ニュース 2008年試合結果 公示 球種考察 ファーム NPB全般 コラム ニュースクリップ 動画クリップ お知らせ 当ブログについて 当ブログについて
(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.

No TopPage
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログパーツ
D6x-5G
【巨人】 木佐貫 野口 真田 林 ●会田(1勝1敗)
【中日】 川上 久本 ○岡本(2勝0敗)
[本塁打] 小笠原6号(巨) ウッズ10号(中) 森野4号(中)
中日 vs 巨人 第6回戦 (中日 3勝 3敗 0分)/観客数:38258人 /試合時間:3時間34分

ナゴド観戦してきました。いやぁ見に行った方々、今日のチケット代は安かったですね(笑)。ようやく連敗脱出。
現地観戦でしたので、今日の雑記はスタンド視点です。

エース川上、7回1失点
川上復帰。できれば勝ちをつけたかったが…。これで先発に勝ちなしは14試合連続でしょうか?川上には谷繁かなと思ったんですが、今日のスタメンマスクは小田。試運転の意味合いも含めてか、ある程度全球種を使ってのリード。勝負球でのストレートは結構ファールでカットされてたので、良い時に比べたらまだまだでしょうか。小笠原への一発はカットボールが真ん中やや高めに入った完全な失投。それでも全体的にはスローカーブやスライダー、シュートをまんべんなく配しての投球は相手に的を絞らせず”それなり”の投球が出来るのはエースの面目躍如か。やや雑な制球面も見られましたけどね。6回、1死1・3塁で阿部の場面の小田のリードはシビれましたね。阿部の頭の中のは、”相手の理想はカットで詰まらせて併殺”というイメージがあったんじゃないかと。で、外のシュートを引っ掛けさせて併殺。でも久本の時の小田のリードはちょっとなぁ。

久本が1イニング4失点
川上の後を受けて久本登板。いきなり小笠原に四球。意識しすぎた時の久本のノーコン具合はもうメンタル面の問題を超えてますね(笑)。でもスンヨプの初球バントファールをきっかけに立ち直りの兆し。直球3球で三振に斬って取ると、ここで交代かと思いきや二岡に続投。で、今年の久本は右打者に投げにくそう。ニ岡にヒットを浴びますが、とにかく低めに意識を持って単打に抑えた事、続く阿部を見事なスライダーで三振ってところで最低限の役目は果たしたかと。小笠原の四球こそ余分だったが、李と阿部の強打者を何とか力で抑えきった。左に関しては壁がある分、投げやすいのかインコース低めの膝元にも力のあるボールがいっていた。で、続く代打キムタクで降板かと思いきや続投…。森コーチの考えがイマイチわからんかった…。キレのあるスライダー、力のある直球に過信したのか?

で、キムタクにはコースヒットを浴び、逆転を許す。続く鈴木尚でも動かない。矢野にも動かない…。計4失点。これで自信が一番の薬になるはずの久本を殺してしまった気がするんですね。李・阿部を抑えたところで代えていたら今後に繋がったと思うんですけどね。明日にでも抹消でしょうか?

で、小田のリード。川上の時は川上の状態を良く読み取った最高のリードだったのですが、久本へのリードに関しては…。
右打者のアウトコースを狙ったボールがほとんど内に入ってくる久本に、ゾーンギリギリのアウトロー直球を何度も要求。内に入って痛打、痛打。川上に対して投手主導だったリードが、久本へは捕手主導に変わってしまった。リードどおりに投げられる投手じゃない事はわかっているとは思うのですが。前回の登板で結果を見せたカーブも要求せず(ニ岡への初球のみ)、見せ球にも使わずにスライダーとストレート(カット)一辺倒(まぁフォーク=チェンジアップは抜けて使い物になってませんでしたが)。ここでキャッチャーがチキンになってどうする…と。要求どおり久本が投げられないのだから、外に構えているのに真ん中に入ってくるのだから、自分は悪くないでとでも?

前回の久本の時の小田のリードは良かったんですがねぇ。この時は久本が「腕を振って」投げられるコース、球種を上手く選択していたと思うんです。それが打者にとっての得意コースであったとしても、迷うことなくそこにミットを構えていた。久本に対して、打者対応や捕手主導のリードやってもな。この辺が「谷繁に比べて…」ってなるとこだとは思うんです。失点が重なる嫌な展開でのこの配球は、個人的に物凄くイライラしてしまいました。

冒頭に「森コーチの考えがわからん」と書きましたが、久本ではなく小田への「この暴れ馬をピンチの場面でどう扱うか」がテーマであったのなら、それはそれで意図としてはわかります。でも連敗中のこの状況でそういう采配というか…、まぁある意味連敗中ながらも”余裕”のある采配ってことなんですかね。すごいポジティヴシンキングしちゃえば、ですけどね。

ま、当然、一番ダメなのは久本自身ですけどね(笑)。でも彼の生かし方があるはずというか…。久本に限らず、高橋聡文なんかも同じ部類だと思うんですけど。打たれ方にも色々あると思うので。あ、ちょっと長くなっちゃいました…。

英智が結果だすも途中交代→代走李炳圭?
良い活躍を見せてくれました英智。足がちょっと心配ですが…。で、代走に李炳圭。代走????
ビョンに関しては完全に見限ったんでしょうか。代走で出場してそのまま退き…。開幕後の普久原の起用法と変わらない使い方。守備面での不安と、やや低調気味の打撃がリンクした上でのスタメンからの降格と感じていたのですが、いやはや意外と首脳陣は総合的に見限ったのかもしれないな、と思わせる場面でした。本気で李炳圭に「不要」を突きつけるつもりならば、彼にとっては今後へのチャンスは少ないのかも。変な契約してなければ、一時抹消なんていう事も考えられなくはない展開。

ウッズ
良く打ってくれましたサヨナラ打。短期間で好不調が巡るウッズだけに、この1試合で明日からの横浜戦はとりあえず期待できそうではあります。

岡本
四球がひとつ出ましたが、しっかり零封。昨年は平井が春先、調子良かったですが、今年は本命岡本が2004年あたりの輝きを取り戻しつつあります。危機感を持ってハードなキャンプをしてきた成果がしっかり出てますね。今のところは打たれても諦めのつくリリーフ投手の一人でしょう。

慢心を感じた真田投入と脅威伊原野球
Gが弱かった頃の姿、ですよね。8回ウラ、勝ちを確信し真田投入。アタマから林・もしくは会田だったらドームの雰囲気、全然違ったでしょうね。真田は必死に投げたでしょうけど、ベンチに慢心があったのは間違いなさそう。でも伊原野球は脅威。7回、ヒットで出た脇谷を一塁に置いて鈴木はバントの構え。バッテリーはバント失敗(フライ)を狙って打ち上げやすい高目へ配球。ここでバスターエンドラン。スイングならばクリーンパンチは容易なこのボールをきっちり叩いた打球はセンター前へ抜けて一気に無死1・3塁へ。続く打者を抑えてこの回、何とか凌ぎきりましたけど、こういう野球は昨年までの巨人には見えませんでしたから。とにかく伊原の目は脅威としか言いようが無い…。

明日は小笠原か?グラセスキか?
久本の無理な続投が今日明日の共倒れ防止であったとするならば、明日の先発はリリーフから誰かがまわる可能性も見えてきます。グラセスキなんか結構、怪しいかと。今の一軍で考えれば後は小笠原。鈴木や川井を昇格させて…なんて手もあるにはありますけど。どちらにしろ初回からブルペンで誰かが肩を作ってるくらいな感じにはなりそうです。明日もなお、打線の奮起が期待されます。英智がダメだった場合、中堅にビョンギュが入るのか藤井が入るのかも見もの。英智がOKだった場合、森野をサード(orセカンド)に入れて中堅藤井・左翼英智っていうのも無きにしも非ずでしょうか。李炳圭がスタメンを外されている今、個人的には次は、首脳陣が「荒木・ノリ」をどう見ているかっていうのが気になるポイントだったりしてます。
PR

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログパーツ
「[PR]」「5月3日(木) 中日 vs 巨人 ~ナゴヤドーム~」への最新コメント
Re:5月3日(木) 中日 vs 巨人 ~ナゴヤドーム~
 観戦お疲れさまです。ナイスゲームでしたね。

 …川上。ボールに力はあったものの、抜けて高めに浮く球も目立ちましたね。8安打されたのはこのあたりが原因でしょう。

 …久本。ポテンヒットでやられましたが、キムタク以外は、小田の構えより若干高めに浮いた球を打たれていました。このあたりが課題でしょうか。…でも、8回表、森野のバックホームは戴けない(あれはアウトにしてほしかった…)

…蔵本。2塁に走り終えたあと、自分で指さしていましたね。外から見た感じ、大きな心配はないと思っています。

…小田。8回表、ウッズのバックホームへの暴投をよく止めました。ウッズもホームへの送球をしっかり!!

…巨人も先発は素晴らしいですが、中継ぎ以降は中日に分がある感じ。憲伸に続く先発の出現を期待したいですね。
knoll 2007/05/04(Fri)11:23:22
Re:5月3日(木) 中日 vs 巨人 ~ナゴヤドーム~
knollさんコメントどうもです!
>観戦お疲れさまです。ナイスゲームでしたね
ありがとうございます。昨日のチケット代は、昨日までの試合を見に行っていた方に申し訳ないぐらい、本当に安上がりでした(笑)。

>川上。ボールに力はあったものの、抜けて高めに浮く球も目立ちましたね
そうですね。でも復帰戦にしては今後に希望が持てる投球でもありましたし、今後に期待したいですよね。

>久本。ポテンヒットでやられましたが、キムタク以外は、小田の構えより若干高めに浮いた球を打たれていました
そうなんですよねぇ。久本に関しては、球の力はあるように見えるんですがねぇ…恐々と投げてリリースが早まるのか、とにかく中へ高めへ浮いてしまう。ただ、小田もその辺をわかってリードしないと…とは思えたんですよね。

>…蔵本。2塁に走り終えたあと、自分で指さしていましたね。外から見た感じ、大きな心配はないと思っています。
そうですか。スタンドからだったので彼から目を離していた隙に代走が送られていて、何が起きたのかよくわかんなかったんですよ。自己申告だったんですね。大きな心配は無さそうとのことでちょっと安心しました。

>巨人も先発は素晴らしいですが、中継ぎ以降は中日に分がある感じ。憲伸に続く先発の出現を
連敗は止まりましたが、明日以降も先発不足は変わらないですからねぇ。交流戦では日程的にローテに余裕が出てくるので、とりあえず一人、しっかり試合を作れる先発が出てきて欲しいですね。
JJ 2007/05/04(Fri)12:07:28
コメントの投稿
※メールアドレスはWEB上には公開されません。当ブログに関連性の無いコメントや、内容が不適切なコメントは削除される場合があります。一部のブログでは、正しくサムネイルが表示されなかったり、表示に時間がかかる場合があります。
お名前:
タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:
「[PR]」「5月3日(木) 中日 vs 巨人 ~ナゴヤドーム~」への最新トラックバック
この記事にトラックバックする:
※当ブログに関連性の無いトラックバックや、内容が不適切なトラックバックは削除される場合があります。 一部のブログでは、正しくサムネイルが表示されなかったり、表示に時間がかかる場合があります。
大型連敗脱出
大型連敗脱出:ドラゴンズが気になる。 5月3日 VS巨人6回戦 3勝3敗(ナゴヤドーム)巨  人0010000405中  日000010041X6 [中]川上、久本、岡本 [巨]木佐貫、野口、真田、林、会田 (勝)岡本2勝 (負)会田1勝1敗 〔HR〕小笠原6号(川上)、T・ウッズ10号(木佐貫)、森野4号(林) 今日から待ちに待った4連休です。今日は午前中に墓参り。午後から実家でパナソニックVIERA37型プラズマテレビで地デジ観戦。ちなみにいつも見てる我が家のテレビは25型ブラウン管。しかも地上波はアナログのみ。何年ぶりかで父親と酒を酌...
ドラゴンズが気になる。 2007/05/04(Fri)13:15:47

VIEW COUNT
カレンダー
←04 2017/05 06→
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
一万年と二千年前から「中日ドラゴンズ」を愛してる
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
※リスト表示以前のアーカイブは上記カレンダーよりご覧ください。
※2006年以前の記事は現在一部の記事のみです。一括エクスポートできない為、現在地道に引っ越し中…。
ブログ内検索
複数ワードによる検索は出来ません。検索ワードは高確率でインデックスされます。
 Keyword often retrieved:
サイト内検索

スペースで区切ることによって複数ワードでの検索が可能です。更新されたばかりのエントリーのワード反映には日数がかかる場合があります。検索ワードを全てインデックスさせるには上記「ブログ内検索」窓をご利用下さい。
Powered by Google
参照サイト
多謝リンク
あわせて読みたいブログパーツ

Environment Browser:FireFox2.0 & Plese On JavaScript / We Use Font "meiryo". Test Browser:FireFox2.0 , Internet Explorer 7 / Sorry,Japanease Only.
忍者ブログ [PR]

(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.