忍者ブログ
JJ DRAGONS
当ブログについて お知らせ ブログ内検索 RSS 2.0 Web Master's Operation Web Master's Operation 日本ブログ村「中日ドラゴンズ」
JJ DRAGONS  -中日ドラゴンズ応援系ブログ-
ホーム ニュース 2008年試合結果 公示 球種考察 ファーム NPB全般 コラム ニュースクリップ 動画クリップ お知らせ 当ブログについて 当ブログについて
(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.

No TopPage
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログパーツ
S7-16D
【中日】 吉見 小林 金剛 浅尾 ○S・ラミレス(1勝0敗)
【ヤクルト】 ●藤井(2勝2敗) 花田 高井 遠藤 館山 松井
[本塁打] 福留3号(中) 中村紀2号(中) 宮本2号(ヤ) 中村紀3号(中) 青木5号(ヤ) 福留4号(中) 青木6号(ヤ)
ヤクルト vs 中日 第5回戦 (ヤクルト 1勝 4敗 0分)/観客数:23138人 /試合時間:4時間4分

強風吹き荒れる神宮、D乱打戦を制す
この日の神宮はセンター方向へ強風が吹いていた様子。この風の影響に加え投手陣の乱調もあり、両軍合わせて7発33安打の打ち合いに。
立ち上がり制球が不安定なヤクルト先発藤井に対し、ボールをしっかり見て甘い球を振りぬいていったD打線。初回から2四球5安打で4点を先制すると、2回3回も1点ずつを追加し藤井を3回KO。1点差に追い詰められた7回にはリリーフ高井に対し、今度はファーストストライクを積極的に打つ作戦で連打、連打。代わった遠藤からも勢いは止まらずこの回8得点。結果的には計21安打・16得点で圧勝。制球の定まらない藤井にはボールを良く見て狙い球を絞り、ウチにウチに入ってくる高井にはファーストストライクを積極的に打つ打法。チームに意思統一がされていたのかどうかはわからないが、この戦術は完全にハマった。

好リリーフで相手の追い上げを断ち切った浅尾
ひとつのアウトも取れなかった金剛の後を受け、2点差無死2塁から登板の浅尾。田中浩の犠打の後、福川・真中を斬って相手の流れを断った。相手の押せ押せの流れの中、難しい場面だったが良く抑えきった。2イニング目は青木に自慢の150キロをライトスタンドに放り込まれたが、その後もリズムを乱す事なく2イニング1失点。制球力はまだまだだが、得意のパームのキレも良くなってきたようで、段々頼もしくなってきた。

勝ち星はS・ラミレスに。来日初勝利
てっきり浅尾にプロ初勝利がつき、ラミレスにセーブかつくもんだと思っていた(苦笑)。こういう試合での勝利投手の選定は、「先発投手に勝利投手の権利がない状況で登板し、チームの勝利に最も効果的な投球をしたと公式記録員が見なした投手」となっている。公式記録員は3イニング1失点のラミレスを勝利投手と選定したようだが、1点差の場面で2イニング1失点の浅尾の方が貢献度は上のような…。ラミレスも3イニング任務遂行でセーブがつくしなぁ。

吉見
3回2/3で降板。吉見の投球は映像で見れていないので詳しくはわからないが、試合を作る最低限の投球はして欲しかったなぁ。もう一回くらい、先発チャンスはあるでしょうか。

李炳圭
インコース攻めに対し、体を開いて「インコース狙い」で対応。4安打。決め打ちであれば苦手な内角でも振りぬけるところはさすがと見るべきか。少しずつではあるが、対応を見せ始めた。ここに、ウラをかかれた場合、そのボールをカットする技術が見られれば。今のところは空振りの多さが気になる。
守備では失策1。風に流され、荒木と福留の間に落ちた打球を後逸。二人のバックアップに周る場面で後逸していてはバックアップにならない。とにかくこの辺りの雑さが最近よく目に付く。今後、李炳圭に対しても守備固めは必要となってくるのだろうか。

中村紀・福留
2発ずつ。互いに逆方向へのアーチが出た事で調子は上向きか。

金剛
5回アタマから登板も1死もとれず、ルーキーにケツを拭いてもらう始末。唯一の生命線、フォークが高めに浮いてしまい何もできず。鈴木、久本らの昇格が噂される中、昇格間もなく抹消候補の一番手に。

清水将
スタメン。最後までマスクをかぶった。低調投手陣のリードには苦労しただろうが、何とか形を作った。昨日、大事な場面でバント失敗となった小田に対し、マサウミはきっちり犠打成功。「何としてでも送る」という気迫が感じられた。今後も谷繁・小田・清水将とハイレベルな併用に期待。

新井
立浪に対する代走で今季初出場を果たすと、打者一巡で今季初打席。遠藤の初球スライダーを左方向へ二塁打。若手が少ない打席で結果を残せない中、こうやって初打席で結果を出すあたり、なかなかの”モノ”を感じさせる。足があるのも大きい。首脳陣の指示で外野守備の練習を始めた様子。動画-【7回】新井良太 今季初打席初安打初打点 :ドラゴンズが気になる

新エース、サンデー中田で勝ち越しへ
明日の先発は中田でほぼ間違いなさそう。昨日、朝倉が粘投した事で今日はリリーフを惜しみなく登板できたが、できれば明日は休ませたいところ。毎回バラバラな制球ながら抑える投球の続いている中田だが、そろそろ安心して見られる新エースの片鱗を見せて欲しい。中田-岩瀬の二人だけで繋げるくらいの好投を期待。対するヤクルトは今季2戦2敗中の石川か?スタミナに難のある石川だけに早い回に攻略or不安定なリリーフ陣を早目に登場させたいところ。
PR

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログパーツ
「[PR]」「4月21日(土) ヤクルト vs 中日 ~神 宮~」への最新コメント
Re:4月21日(土) ヤクルト vs 中日 ~神 宮~
 新聞記者以上に鋭い指摘で、読み応えあります。
 4/20は朝倉で負けはしましたが、自責点はゼロであり、内容に評価はできる反面、昨日(4/21)は勝ちはしましたが、自責点5と、内容は今ひとつの感がいなめません。落合監督もそのあたりを指摘していましたが。
 私の記憶する限り、2003年以降のセリーグ覇者は防御率1位のチーム。現状のままでは防御率1位のチームに抜かれることは時間の問題でしょう。もっとも現在、防御率1位のチームは先発が充実しているものの、後ろに出てくるピッチャーが今ひとつ、現在の中日は後ろはしっかりしているものの、先発が今ひとつ。佐藤充、中田らが現状を打開してくれることを期待したいものです。
knoll 2007/04/22(Sun)11:20:39
Re:4月21日(土) ヤクルト vs 中日 ~神 宮~
JJ's blogknollさん、コメントどうもです。
>新聞記者以上に鋭い指摘で、読み応えあります。
いやいや、とんでもないです…。ありがとうございます。

>2003年以降のセリーグ覇者は防御率1位のチーム
>現状のままでは防御率1位のチームに抜かれることは時間の問題
全くその通りの結果がたった一日で起きてしましたね。。。鋭いご指摘。

現時点で1位のチームは先発○のリリーフ×、一方のドラゴンズは先発×のリリーフ○。建て直しに成功した方が抜け出す可能性もありそうですね。

>佐藤充、中田らが現状を打開してくれることを期待
川上がああいう現状の今、柱になる先発がいないのが気がかりです。中田も今日は無残な結果に終わりましたし…。佐藤充も上がり時を計っている状況じゃなくなったので、来週にも先発でしょうか。期待したいですね。

JJ 2007/04/23(Mon)00:58:39
コメントの投稿
※メールアドレスはWEB上には公開されません。当ブログに関連性の無いコメントや、内容が不適切なコメントは削除される場合があります。一部のブログでは、正しくサムネイルが表示されなかったり、表示に時間がかかる場合があります。
お名前:
タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:
「[PR]」「4月21日(土) ヤクルト vs 中日 ~神 宮~」への最新トラックバック
この記事にトラックバックする:
※当ブログに関連性の無いトラックバックや、内容が不適切なトラックバックは削除される場合があります。 一部のブログでは、正しくサムネイルが表示されなかったり、表示に時間がかかる場合があります。
中日打線爆発21安打16得点で打撃戦を制す!
中日打線爆発21安打16得点で打撃戦を制す!:DRAGONS VICTORY ●ヤクルト7-16中日○ 2007年4月21日(土)神宮球場で東京ヤクルトスワローズ対中日ドラゴンズ、プロ野球公式戦5回戦が行われた。中日の先発は吉見一起、ヤクルトの先発は藤井秀悟で18時20分試合開始。 6回を終わり6対7と中日が1点差に詰め寄られた..
DRAGONS VICTORY 2007/04/22(Sun)12:24:11

7回脅威の8連打、猛爆竜21安打16得点!
7回脅威の8連打、猛爆竜21安打16得点!:ドラゴンズスタジアム 打線が沈黙しての完封負けを喫したドラゴンズ。 迎えた神宮球場での対東京ヤクルト第2戦、 強い風が舞うなかでのナイトゲームは 立ち上がりからその風のごとく、激しい点の取り合いに。 7本のホームランが乱れ飛んだゲームの結末は…。
ドラゴンズスタジアム 2007/04/22(Sun)12:29:04

対ヤクルト5回戦
対ヤクルト5回戦:On The Road 試合結果 もう何がなんだか良くワカラン。 神宮RHE中  日411010810-16212ヤクルト100221010-7120 勝・Sラミレス 1勝0敗 負・藤井 2勝2敗 本・福留3号(藤井)、4号(館山)、中村紀2号(藤井)、3号(花田)、宮本2号(吉見)、青木5号(浅尾)6号(Sラミレス)  忙しくて1試合無かったことになってますが、それも今日の観戦のため。スミマセンが勘弁してください。  試合の方はたくさん打ちましたが、いっぱい打たれもしました。こういう大味な試合は野球場で見ると退屈しなくていいん...
On The Road 2007/04/22(Sun)21:09:05

VIEW COUNT
カレンダー
←08 2017/09 10→
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
一万年と二千年前から「中日ドラゴンズ」を愛してる
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
※リスト表示以前のアーカイブは上記カレンダーよりご覧ください。
※2006年以前の記事は現在一部の記事のみです。一括エクスポートできない為、現在地道に引っ越し中…。
ブログ内検索
複数ワードによる検索は出来ません。検索ワードは高確率でインデックスされます。
 Keyword often retrieved:
サイト内検索

スペースで区切ることによって複数ワードでの検索が可能です。更新されたばかりのエントリーのワード反映には日数がかかる場合があります。検索ワードを全てインデックスさせるには上記「ブログ内検索」窓をご利用下さい。
Powered by Google
参照サイト
多謝リンク
あわせて読みたいブログパーツ

Environment Browser:FireFox2.0 & Plese On JavaScript / We Use Font "meiryo". Test Browser:FireFox2.0 , Internet Explorer 7 / Sorry,Japanease Only.
忍者ブログ [PR]

(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.