忍者ブログ
JJ DRAGONS
当ブログについて お知らせ ブログ内検索 RSS 2.0 Web Master's Operation Web Master's Operation 日本ブログ村「中日ドラゴンズ」
JJ DRAGONS  -中日ドラゴンズ応援系ブログ-
ホーム ニュース 2008年試合結果 公示 球種考察 ファーム NPB全般 コラム ニュースクリップ 動画クリップ お知らせ 当ブログについて 当ブログについて
(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.

No TopPage
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログパーツ
昨日の試合、東海ラジオ「ガッツナイター」内の稲葉さんの解説で”気になる発言があった”と書きましたが、今回はそれについて少々…(記憶をたどって書いてます。コメントの正確性はかなり欠きます)。


この日、高橋由伸が放った2本のアーチ。ともに左中間からセンター方向の飛球。これについて稲葉さんがボソっと一言。

稲葉さん「いやぁ…気づいちゃったかなぁ…。」

すかさず突っ込む大沢←間違えてました北山アナ。

大沢アナ「むむむーっ?気付いちゃったぁ???と、言いますと?」

稲葉さん「いやぁ…あのですね、ここまでナゴヤドームのゲーム見てて思うんですけど、今年のナゴヤドームは 打球がすごく飛ぶ んですよ。」

大沢アナ「ええっ?飛ぶボールを使っているんですか??」

稲葉さん「はっきりとはわからないんですけど、打球がすごく伸びる。逆方向でも伸びます。ジャイアンツの打線がそれに気付くと、ちょっと厄介ですね…。」

大沢アナ「確かに高橋由伸の打球は伸びましたねぇ。東京ドームで逆方向へのアーチはよく見るんですが、最近のナゴヤドームで逆方向にあそこまで飛ぶのは珍しいですね。」

稲葉さん「今のもそうなんですが、先日のノリの2打席連続も逆方向に驚くほど伸びました。他にも今年はそういう打球が多いんですよ。引っ張った打球にしろ逆方向にしろ、打球に飛距離を感じます。」



珍しかったアライバのアベックアーチ、和田の態勢を大きく崩しながらセンターバックスクリーンへ運んだアーチ、ノリの連発…。言われてみればそんな気がしてきた…。
2004年、ドラゴンズはナゴヤドームでの試合で、対戦チームごとに”飛ぶボール”と”飛ばないボール”を使い分けて戦った事は記憶に新しいですが、今回は果たして。




PR

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ ブログパーツ
「[PR]」「今年のナゴヤドームは飛ぶボール採用?」への最新コメント
飛ぶボール
ドラ気に's blogこんばんは。

そうですか。公の電波でも飛ぶボール発言がありましたか。
自分も中村ノリの逆方向2発見て“アレッ?”って思ってたんですけどねぇ。
そういわれてみると井端も左中間の深いところにブチ込んでましたなぁ。

まぁ自分的には、それでもまだ東京ドームよりマシかなっとは思います。

ドラ気に 2008/04/17(Thu)21:44:05
Re:今年のナゴヤドームは飛ぶボール採用?
ドラ気にさんこんばんは。コメントどうもです。

アレッ?と思われてたんですねぇ。自分なんかは「いてまえの頃のノリだ!」ぐらいにしか思ってなかったです(汗)。
しかしこの発言を聞いた後に思い返して見ると、やっぱり打球の伸びが昨年と違うような気がしてきました。

ふくらみのない東京ドーム…、加えて空調疑惑なんかも言われたりしますが…、やっぱりあそこは異質ですね(苦)。
JJ 2008/04/17(Thu)22:20:43
Re:今年のナゴヤドームは飛ぶボール採用?
こんにちは。
まずは、稲葉光雄さんのお顔を久しぶりに拝見させていただいて、感謝しております。 「...気づいちゃったかなぁ」から始まる解説。外低めへボールになるスローカーブで誘い、その後胸元へズバッと3球勝負の配球のようですね。ノケ反って三振しました(笑)。
ボールの違いについて、私もネット上を閲覧してみました。また丁度、BS2での変化球を科学的に検証する番組を観ました。
ほぉ~、ボールの質や縫い目の高さの影響って、けっこうあるものなんだなぁと今更ながら思いました(驚)。打球の伸び・飛距離・スピード、投手の速球のキレ、変化球のキレ、それによる慣れ(→好み)などなど。一度、体験してみたいものです。
で、「今年のナゴヤドームは...」と言われ振り返ると、私も同じくそんな気がしてき..ますね~...。だとすると、意図があるんですよねぇ、きっと。考えてみました...
①日本代表候補が最多のD →国際球に合わせた? ん?「飛ぶ」んだから、相反させたの???
②球団経営陣からの圧力???
③単に今年のチーム戦略?
・攻撃陣の「走」の低下→ロングヒット
・同じく外野守備陣の「肩」の低下→外野の頭・間を越えたら仕方ない。鉄壁内野を抜けるヒットは、速く速く外野手に到達してほしい。
・投手陣よ、球を変えちゃってスマン。コントロール出来るよう修正してくれ。が、Dの誇る君達なら克服できる! 谷繁クン、よろしく頼みます!... 

...憶測はつきませんよね(笑) ①②は無いと願います。
③なら、従来活躍した投手は新ボールに戸惑い、修正しきれなければ良くない結果に。最近出てきた投手は旧ボールの感覚がこびりついておらず、前進あるのみ。
何だか、心当たりがあるよーな...であったとしたら尚更、現在の投手陣の防御率は...Oh,My God.
攻撃陣、HR味しめずに、繋いでほしいですね(笑)
とにかくDチームに有益な意図であれば、どうか意図通りに現実が転がっていただきたいと祈ります。

では。
シャオロン123 2008/04/19(Sat)16:53:14
Re:今年のナゴヤドームは飛ぶボール採用?
シャオロン123さん、コメントどうもです。

>外低めへボールになるスローカーブで誘い、その後胸元へズバッと3球勝負の配球のようですね。ノケ反って三振しました(笑)。
何とユニークな喩(笑)。ボール球に手を出して「いかんいかん、ジックリ見ていこう」となったところへズバっと、ですね(笑)。

>BS2での変化球を科学的に検証する番組
拝見していないのですが、物凄く興味ありますねぇー。ボールの違いによる影響は昨年、松坂と岡島の件でも話題になりましたものね。松坂なんかは滑ってボールが抜けやすくなったそうですし。

>だとすると、意図があるんですよね
現時点では正式なアナウンスがあったわけではなさそうなので、まぁボールを変えたかどうかは定かではないのでしょうが、仮にそうだとすれば仰られる③の可能性はありそうですね。
挙げられたポイント考えれば、戦略的にチーム状況には合致しますものね。

>Dチームに有益な意図であれば、どうか意図通りに現実が転がっていただきたい
そうですね。まぁ2004年のボール使い分けの時も、戦略的な意図があったと言われていますし…。
ビジター球場での観察も踏まえ、もう少し気にして見ていきたいと思ってます。
JJ 2008/04/20(Sun)02:27:37
コメントの投稿
※メールアドレスはWEB上には公開されません。当ブログに関連性の無いコメントや、内容が不適切なコメントは削除される場合があります。一部のブログでは、正しくサムネイルが表示されなかったり、表示に時間がかかる場合があります。
お名前:
タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:
「[PR]」「今年のナゴヤドームは飛ぶボール採用?」への最新トラックバック
この記事にトラックバックする:
※当ブログに関連性の無いトラックバックや、内容が不適切なトラックバックは削除される場合があります。 一部のブログでは、正しくサムネイルが表示されなかったり、表示に時間がかかる場合があります。
VIEW COUNT
カレンダー
←08 2017/09 10→
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
一万年と二千年前から「中日ドラゴンズ」を愛してる
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
※リスト表示以前のアーカイブは上記カレンダーよりご覧ください。
※2006年以前の記事は現在一部の記事のみです。一括エクスポートできない為、現在地道に引っ越し中…。
ブログ内検索
複数ワードによる検索は出来ません。検索ワードは高確率でインデックスされます。
 Keyword often retrieved:
サイト内検索

スペースで区切ることによって複数ワードでの検索が可能です。更新されたばかりのエントリーのワード反映には日数がかかる場合があります。検索ワードを全てインデックスさせるには上記「ブログ内検索」窓をご利用下さい。
Powered by Google
参照サイト
多謝リンク
あわせて読みたいブログパーツ

Environment Browser:FireFox2.0 & Plese On JavaScript / We Use Font "meiryo". Test Browser:FireFox2.0 , Internet Explorer 7 / Sorry,Japanease Only.
忍者ブログ [PR]

(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.