忍者ブログ
JJ DRAGONS
当ブログについて お知らせ ブログ内検索 RSS 2.0 Web Master's Operation Web Master's Operation 日本ブログ村「中日ドラゴンズ」
JJ DRAGONS  -中日ドラゴンズ応援系ブログ-
ホーム ニュース 2008年試合結果 公示 球種考察 ファーム NPB全般 コラム ニュースクリップ 動画クリップ お知らせ 当ブログについて 当ブログについて
(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.

No TopPage
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
D4-6H
【ソフトバンク】 杉内 ○スタンドリッジ(1勝0敗) 佐藤 ニコースキー 水田 S馬原(22セーブ)
【中日】 ●川上(6勝3敗) 久本 鈴木 グラセスキ S・ラミレス
[本塁打] 柳田1号(中) 松田1号(ソ)
中日 vs ソフトバンク 第3回戦 (中日 1勝 2敗 0分)/観客数:38231人 /試合時間:4時間3分

杉内vs川上。
両先発の名前と、互いの最近の打線を考えて真っ先に浮かんだのが「投手戦(貧打線)」。しかし結果は両者KOという予想外の展開に。

川上6回に一挙6失点…逆転負け

川上は5回までほぼ完璧な内容。外のカット(憲伸:自称スライダーカット@Get Sports)の出し入れも、内へのカットも制球力抜群。初回にはストレートで147キロを計測するなど、今日は絶好調?と思ったが、しいて言えば変化球が全体的に高かった。特にカーブはほとんどが打ち頃の高さに。で、6回につるべ打ちの憂き目に合いKOとなったわけですが、この前のイニングあたりからカットが真ん中に入りだしていた。で、タイミングを掴んだホークス打線にボコボコ。カット不調の場合はカーブやスライダーで凌ぐパターンが多い憲伸だが、この辺の変化球は初回から高めに浮いていた為、なかなか凌ぎきれない。で、最後は苦し紛れのカーブを未来の鷹の主軸候補、マッチこと松田にレフトスタンドへ放り込まれてジ・エンド。

これまでの連勝中も投球内容は決して良いとは言えなかった川上だが、この日は立ち上がりは良かったように見えた。それだけに突如崩れた6回の内容は残念。あんだけ連打されるってどういうこっちゃ。被安打6、うち5本が長打。
「ソウイウフウニナッテイクシカナイノカナ…」
「試合ガソチホウコウニイクシカ…」
(Get Sports参照)
試合を悪いほうに読んだか…ケンシン…。

柳田、プロ初スタメン、初安打、初本塁打・初打点

思い切りの良さが目立った柳田。これは先日の中村公とのコントラストで余計に目立った。ガチガチに緊張するであろうこの状況で、しかも相手がエース級で、その中でこんだけ思い切りよく振れれば十分でしょう。明日もスタメンでしょうか?得てしてこういう活躍は一過性で終わったりするものですが、明日以降もこの”思い切りの良さ”を忘れずに頑張れ!

復帰ウッズ・李炳圭
ウッズが4番に返り咲くもチャンスでことごとく三振。4打数4三振。確かに実戦勘の鈍りっていうのもあるかもしれないが、もし体調に問題があるならば明日は休もう。
李炳圭は1安打&ヒット性の当たりを大村に好捕された。まぁヒットは出ましたが、この人の場合のポイントは別の部分でしょう。一度貼られたレッテルは簡単には剥がれませんし、今後もシビアな目で見られていくのでしょうし…。とりあえず、「我慢して起用しよう」という方向に気持ちは向かないので、結果を出し続けるしかあるまい。

まぁ後は何でしょうね。
井端が相変わらず「らしくない」事や、森野が「お疲れモード?」だったり、打線は低調持続かなぁ。
リリーフでは久本・鈴木が良い球放ってましたけど。グラセスキとラミレスはリリーフでどんだけ結果出しても、シビアな展開では使いにくいだろうなぁ。

交流戦最終戦…中田で勝て!

前回悔しい負け方をした中田、連勝中のナゴヤドームでリベンジを。相手は和田ですか?調子を崩していた和田もここ2戦は8イニング無失点、1失点と上昇中。ん~~、中田をラクにさせてあげたいが、ちょっと難しいかな。とりあえず、中田の好投に期待。
PR

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
F1x-0D
【中日】 ●中田(7勝4敗)
【日本ハム】 グリン ○武田久(3勝2敗)
[本塁打] なし
日本ハム vs 中日 第4回戦 (日本ハム 3勝 1敗 0分)/観客数:35121人 /試合時間:2時間54分


中田、8回1/3を137球熱投もサヨナラ負け

(c)中日スポーツ「中田、137球報われず 竜サヨナラ負け」今日の中田も相変わらず。ストレートのキレは抜群ながら、制球力がなく、特に変化球ではほとんどストライクがとれない。で、四球でランナーを出し、球数が多くなし、リズムが悪くなる。6回以降は先頭打者を全てランナーに出し、ストレートも逆球だらけ。結果だけ見れば被安打は4、8回1/3を1失点と十分な数字。だが実際の投球内容とは言えば、相手に助けられた格好ではなかったか。8回を投げ終えて球数は120を超えていたが続投。まぁ今日は「中田にくれてやった試合」なんでしょう。無論、元気がなさ過ぎる打線が敗因ではありますが。
カーブやスライダーでもう少しストライクが取れればなぁ。フォークがベースの上に投げられればなぁ。その辺が修正できれば、もっともっと勝てる投手になるのになぁ…。今後の修正に期待。


沈黙の続く打線…散発4安打

”主力がいないからしょうがない”で片付けてしまえば簡単ではありますが…。まぁ荒木やノリは別としても、やっぱりウッズ不在は痛いですね。その上に福留・井端が不調、森野が下降線気味、振れているイメージがあるのは井上のみ。しかし、その後ろを打つ中村公があれではなぁ…。外のボール球で泳がされながらの三振が二つ。そんなバッティングする前に、打つボールがあんだろ~。同じ三振するでも、思い切りの良い「バカ三振」ならまだ後味もいいんですけど…。まぁ、抹消じゃないですかね彼は…。

一方の澤井は送球がやや不安定。今後、ウッズが一塁に入る場合はちょっと二塁では使いにくいなぁ。良いプレイもありましたけどね。ウッズが戻ってきたら先日のように三塁にまわるでしょうか。

さぁこれでパ主催の交流戦は終わり。今後は地方試合でオリックス、ナゴドでソフトバンクの2カード。DHが無い事もあるので、スタメンはまた替わってくるか?

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
F2-3D
【中日】 ○川上(6勝2敗) 平井 岡本 S岩瀬(17セーブ)
【日本ハム】 ●ダルビッシュ(6勝3敗)
[本塁打] 高橋3号(日)
日本ハム vs 中日 第3回戦 (日本ハム 2勝 1敗 0分)/観客数:33405人 /試合時間:3時間25分

福留を4番に入れた新オプション。クリーンナップに左三枚は、左リリーフに難のある日ハム相手だからこそできた応急処置か?打線は機能せず…。

6回1/3で降板も6勝目、エース川上に復調気配

今日は低めをワイドにとりまくった主審渡田。それを上手く使えた川上は6回まで完璧なピッチング。カットのキレも好調時に近い印象で、いよいよ復調気配でしょうか?毎年ペナント終盤に失速気味となる川上だが、今年は終盤(特にクライマックス・シリーズ)に照準を合わせたと考えよう…そうしよう…。
で、5回くらいで「今日はこりゃエース完封だな!」と確信したワタクシ。が、これが大ハズレ!!!
7回、高橋信二に一発を浴び1点差とされた後、連打で1死1・3塁。ここでまさかの降板。正直、「エースならば続投だろ!」と思ってしまった…。憲伸も怪訝そうな顔してたなぁ。このピンチから、あの流れから、「平井・岡本」で7-8回を抑えられるとは思わなかった。が、結果的にはこの降板は良いほうに出たわけで…。今日は私のカンは外れまくりでした(苦笑)。投球内容自体はだいぶ良くなってきたんじゃないでしょうか?まぁお得意の一発病は出ましたが…。

平井-岡本-岩瀬のリレーで零封

若干、嫌な感じがしたリレーだったが、ほぼ完璧な内容。特に7回二死満塁でのセギノールをストレートで三振の場面は震えた…。あそこで教科書どおりの攻め方をしなかった(フォークを要求しなかった)谷繁には脱帽モノ。この利かん坊リードで最悪の結果を招く事もありますが(先日のヤフーDでの中田→小久保満塁弾とか)、今日は良い方向に出た。で、個人的にはこういうリードは好き。
岡本は今年は立派な働きをしてくれてますね。2004年のイメージに近い。なのに、イマイチ信頼しきれんのはなぜだ。岩瀬はなんだかんだ言って、普通に抑えるところはさすが。

僅か5安打…新打線は機能せず
まぁ相手はダルビッシュですから!というのは置いておいて…、、、、やっぱり格がいない打線は迫力不足。とはいえ、2004年はこんな感じの布陣(+荒木)で星をとっていっていたワケで、やれん事はないと思う。ただ走塁ミスとか、犠打失敗だとか、そういうのはこういう打線では致命傷。その辺はもうちょっとしっかりできんと。澤井はある程度、自分の「スタイル」を考えた打撃をしているような気がします(初回の見逃し三振も含めて)。澤井は守備の方で悪送球っぽいのが一回(結果は内野安打だったかな?)。確かに送球、悪いですけど、主力のアクシデントでこういう選手が守ってるんだから、ベテランがしっかり捕ってやらにゃぁとは思う。まぁ勿論、澤井にしろ中村公にしろ、一つ一つのプレイがチャンスであり、減点ポイントでもあるわけなので、しっかりプレイしてもらいたいのは当然ですが。

後はまぁなんでしょ。最近のカード見てて思うんですが、相手投手が結構に森野・井上を怖がってる感じ。そう考えると、この二人の後を打つ選手がポイントになるのかなぁ。

さーて、、、、どこぞの球団みたいな日替わり打線ですが、明日はどうなるかな。入れ替え、ありますかね?

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
E1-1D(延長11回降雨コールド)
【中日】 小笠原 平井 岡本 岩瀬
【楽天】 有銘 小倉 渡辺恒 福盛
[本塁打] リック2号(楽)
楽天 vs 中日 第4回戦 (楽天 2勝 1敗 1分)/観客数:12696人 /試合時間:4時間13分

エキサイトベースボール:TBS
延長11回終了時降雨コールドとなり、楽天、中日ともに今季2度目の引き分け。楽天が2年ぶり2度目の中日戦勝ち越しを決めた。一方、中日は首位巨人とのゲーム差が2に拡がった。中日は1回、プロ入り初の4番に入った中村公治の今季初タイムリーで1点を先制。1点を追う楽天は7回にリックの2号ソロで同点とした。楽天・先発の有銘は8回2/3を投げ、7安打5三振2四球で失点1。中日・先発の小笠原は6回2/3を投げ、2安打4三振3四球で失点1。なお、山崎武司はこの試合で史上152人目の1500試合出場を達成した。

ザっと雑記。

悔しい引き分け…。負けなかった分、よしとすべきなのかどうか。
小笠原はよく投げました。リックへの一球が悔やまれるが…。

打線は緩いスライダーを中心とした有銘に手こずり、ウッズ故障の代役4番中村公のタイムリーによる一点のみ。しかし延長10回二死満塁のチャンスに一回もバット振らずに三振…。小倉の制球が荒れていたわけでもなかったので、この慎重さ(=消極さ)は意図が不明な分、マイナスポイント高いなぁ。

逆に延長11回のチャンスでの澤井(福盛から初球打ち=センターフライ)の方は諦めのつく凡打の形だったかと。その他の打席でも、右打席からの内野安打も含めて、ある程度自分の”武器”を頭に置いた意図あるバッティングをしているようにも見えます。森野とチェンジとなったセカンド守備も今日は無難に処理していた様子。

で、ウッズの状態が気掛かりではありますが…、出られないとなると…。
一応、新井辺りは明後日から昇格可能なようで。どんなスタメンになるか要注目だなぁ。

ん~中村公治は明日の中スポの一面、、獲り損ねたな…。

(c)ドカベン

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
E4-0D
【中日】 ●朝倉(3勝5敗)
【楽天】 ○田中(4勝2敗)
[本塁打] なし
楽天 vs 中日 第3回戦 (楽天 2勝 1敗 0分)/観客数:16304人 /試合時間:3時間3分

エキサイトベースボール:TBS
楽天が田中のプロ初完封で連敗を4で止め、交流戦5割復帰を果たした。楽天は8回、代打草野のタイムリーなどで4点を挙げると、先発田中は被安打6、9奪三振、6四死球という内容で今季12試合目の登板でプロ入り初完封を達成。高卒ルーキーの完封勝利はドラフト制後では05年ダルビッシュに続く15人目。6月までに4勝を挙げた高卒新人は99年松坂以来となった。中日は先発朝倉が7回まで2安打に抑えたものの、8回に連続四球を出すなど4失点。打線は10残塁の拙攻で今季3度目となる完封負け。チームは4連勝でストップ。
今日は試合見れず。ネットで結果観覧のみ。
健太…勝てんなぁ。今日はなかなか良いピッチングだったようだが、結局最後は粘り負け。結果だけ見てると投手戦のようだが、内容はそうでもなかったようで…。健太がマー君に”投げ負けた”という感想は少々酷か?

むしろ打線が田中を打てなかった事が敗因?10残塁の拙攻?走塁ミスとかもあったようで…。まぁ試合見てないので試合の流れは全然わかんないんですけど。

明日は小笠原ですかね。まぁ明日は勝ちましょ。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
D7-2M
【ロッテ】 ●渡辺俊(6勝2敗) 高木 川崎
【中日】 ○浅尾(4勝1敗) S・ラミレス 久本 鈴木 グラセスキ
[本塁打] 福留11号(中)
中日 vs ロッテ 第4回戦 (中日 3勝 1敗 0分)/観客数:35109人 /試合時間:2時間44分

先発は浅尾。朝倉のバースデー登板と思い込んでたら大外し。
昨日、「打てるイメージが沸かない」「ボールをしっかり見極めて」なんて書いてた渡辺俊介に対し、早いカウントからガンガン打っていって攻略。こちらも大外し(苦笑)。チームは交流戦、ロッテに初の勝ち越し。

荒木抹消で澤井がサードスタメン。1安打1犠打。

浅尾5イニング2失点、打線の援護を背に4勝目

本人いわく、”調子は最悪で、しかも修正がきかなかった”という事ですが、悪いながらもまずまず投げていたのでは?
気になるところとしては、カウントを悪くすると球速が落ちるところか。置きに言って良い事はほとんどない。まぁその辺は、恐らくは谷繁や森繁のシゲコンビにこっぴどく言われてるんでしょうけど(テレビでもベンチで森繁に何やら説教くらってましたし)。
山本昌の再離脱によって、今後もある程度先発で使われていく可能性が高いが、まぁ今後も「いけるとこまで目一杯飛ばせ」という感じでしょう。その為に、リリーフをいっぱいベンチに入れている事ですしね。次回も期待してますぞ。

先発全員安打でサブマリン攻略
打線は早いカウントからおっつけて打っていく作戦で渡辺俊介を攻略。初回の残塁でやや嫌な流れかなと思ったが、2回、下位打線連打&相手のミスもあって計5得点。安打もほとんどが逆方向、早いカウントからのバッティングで、チームにある程度の意思統一があったでしょうか?
で、井上は調子いいなぁ。谷繁も調子を上げてきたし、英智も含めて下位打線が元気。福留もやや復調傾向だし、チーム全体として打線は活発になってきました。

ラミレス・久本・鈴木・グラセスキと繋ぎ零封
「さて、誰を落とそうか?」みたいなリレー(苦笑)。上げたい人間がいても、落とせる人間がいなければ入れ替えはしにくい。で、生き残りテストのように1イニングずつ投げさせたが、全員が零封。こういう試合で、決まって試合時間を無駄に伸ばす事の多い久本も三者斬り。

で、デニーは?

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
D4-2M
【ロッテ】 ●小野(2勝5敗) 高木 小宮山 荻野 藤田
【中日】 ○中田(7勝3敗) 岡本 平井 S岩瀬(16セーブ)
[本塁打]なし
中日 vs ロッテ 第3回戦 (中日 2勝 1敗 0分)/観客数:37936人 /試合時間:3時間13分

今季6度目の3連勝!
ロッテの近況はほとんどわからないのですが、故障(?)で青野がベンチ、ズレータがいない、今江がいない。で、塀内は名前の通り3三振で塀の中(笑)。上位打線には苦しんだが、下位打線はキッチリ抑えた投手陣。

勝ち頭中田が7勝目
”らしい”ピッチングで7勝目。6イニングを投げて球数は126、与四球は5、奪三振は10。良くも悪くも中田は調子を持続中…。最近、ドラの中で一番注目している見ているのがこの中田。まぁなんというか、とにかくストレートのキレ、ノビは素晴らしいですね。逆球だったり高めに抜けたりとしていますが、とにかく球の威力オンリーで勝負できている感じ。それだけに、カーブやスライダー、フォークのどれか一つでももう少し使えるようになると、かなり楽になると思うのですが(カーブは幾つか低めに良いのがいってましたが)ってこれも毎回、同じ印象ですね。

これぞドラ野球?英智・福留好走塁
特に英智のレフト前ツーベースは興奮モノ。こんな感じのを李炳圭の守備で散々相手にやられてきた今年のドラゴンズですが…、やっぱりああいうプレイはダメージ増だな。ランナー二塁になった事で、次打者谷繁で相手は外野前進守備。で、結果はそれがアダとなるタイムリー2ベース!!隙をつき、それが得点に繋がる”本来の”ドラ野球を見る事ができた。さて今日、李炳圭はこのプレイをテレビ観戦していたでしょうか?

その他、セカンドゴロを悪送球(タイロンが無事捕球)しかかったり、1死2-3塁で右方向に打てず併殺打と、彼の”悪い面”を出し切って交代となった荒木。まぁそれとは別問題として体調面で、やはりまだ問題ありなのでしょうか?

8回のピンチは捕まりかかった平井が2塁好牽制で根元牽制死。このプレイはでかかったが、このときのクロスで井端がどこか(膝?)を負傷。次の回の打席のセカンドゴロでも全力疾走できず。これはちょっと心配。

追記
中村公、今季初安打
開幕一軍を果たしながらも、一週間ほどで抹消となった中村公。再昇格の初打席は8回2死一、二塁のチャンスで代打出場。追い込まれながらもレフト前へ(惜しくもランナーは本塁憤死)。1打席目で結果を出せた事は大きいが、これがどこまで持続できるか。中村公って、いつも昇格直後にヒットを打っているイメージなんだけど、後が続かない印象。今回はどうでしょう?2004年のルーキーイヤー、短期間ではあるがスタメンで出場していた。あれから早3年…。そろそろブレイクしたいところだが。

マリンのリベンジ…朝倉バースデー登板か?
前回、2イニング降板となった朝倉が明日の先発予定。バースデーを勝利で飾れるか?マリンでのリベンジもありつつ。後はまぁなんでしょ、次世代エースの座を黙って中田に譲り渡すわけにもいかんでしょう(笑)。対するロッテは渡辺俊介ですか?伝統的に”変則”に弱いドラゴンズ。ちょっと打てるイメージが沸かないですが(苦笑)。まぁボールをしっかり見極めていきましょう。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
VIEW COUNT
カレンダー
←06 2020/07 08→
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
一万年と二千年前から「中日ドラゴンズ」を愛してる
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
※リスト表示以前のアーカイブは上記カレンダーよりご覧ください。
※2006年以前の記事は現在一部の記事のみです。一括エクスポートできない為、現在地道に引っ越し中…。
ブログ内検索
複数ワードによる検索は出来ません。検索ワードは高確率でインデックスされます。
 Keyword often retrieved:
サイト内検索

スペースで区切ることによって複数ワードでの検索が可能です。更新されたばかりのエントリーのワード反映には日数がかかる場合があります。検索ワードを全てインデックスさせるには上記「ブログ内検索」窓をご利用下さい。
Powered by Google
参照サイト
多謝リンク
あわせて読みたいブログパーツ

Environment Browser:FireFox2.0 & Plese On JavaScript / We Use Font "meiryo". Test Browser:FireFox2.0 , Internet Explorer 7 / Sorry,Japanease Only.
忍者ブログ [PR]

(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.