忍者ブログ
JJ DRAGONS
当ブログについて お知らせ ブログ内検索 RSS 2.0 Web Master's Operation Web Master's Operation 日本ブログ村「中日ドラゴンズ」
JJ DRAGONS  -中日ドラゴンズ応援系ブログ-
ホーム ニュース 2008年試合結果 公示 球種考察 ファーム NPB全般 コラム ニュースクリップ 動画クリップ お知らせ 当ブログについて 当ブログについて
(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.

No TopPage
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
YB5-10D
【投手】
(中)朝倉、チェン、中里、小林、鈴木、平井-谷繁
(横)ウッド、三橋、小林、佐藤-相川
【責任投手】
(勝)朝倉4試合3勝1敗
(敗)ウッド4試合3敗
【本塁打】
(中)森野5号2ラン(4回、ウッド)、中村紀5号2ラン(7回、小林)、李炳圭2号ソロ(9回、佐藤)
(横)吉村5号ソロ(8回、中里)

取り急ぎにて、まずは結果のみ。後ほど書きます。

14安打10得点。ようやくアライバが機能?

初回、荒木が横浜石井の悪送球で塁に出ると、牽制をはさんで初球スチールに成功。ようやく今季初盗塁を決めると、井端進塁打を放ち走者を進め、打者李炳圭。ここで遊撃三塁が前進守備、一塁ニ塁がやや後ろ目の守備位置をとった横浜内野守備に対し、きっちりセカンドゴロを放ってヒットなしで一点を先制。何ともドラゴンズらしい先制点となりました。3回もアライバで1点をとるなど、今日はアライバコンビが効果的に機能。打線全体としても効率的に得点を重ね10得点。
特に荒木は守備面でもファインプレー2つで相手の流れを止め、好機を最少失点に抑える活躍。今年も出塁率はなかなか上がっていきませんが、今日の荒木は”足”と”守り”で充分な活躍を見せてくれました。

横浜先発ウッドは初見でしたが、シュート気味に遅れてくるチェンジアップ(OKボールか?)や落差のあるスライダー、風の影響もあってかややムービング気味に来るファストボールを中心にテンポ良く投げる投手。その投球テンポの早さに、打者が「タイム」をかける場面が何回かありました。制球ミスもあり4回5失点という結果でしたが、第一印象としては簡単には崩れない良い感じの投手に見えました。でも、未だ未勝利なんだなぁこの投手。
横浜4番手の佐藤も、躍動感あるフォームと回転の良さそうなストレート。見ていて楽しい左腕、ですね。


荒れる朝倉…5回降板も3勝目

先発は朝倉。前回も5回1/3降板でしたが、今日も良くなかった。5回で降板。得意の2シームが中に入る場面も多く、逆球が目立つなど制球に難アリ。リリースポイントがブレているのでしょうか?全体的にバラついていて、修正も効かなかった。打線の援護で勝利こそ得られましたが、内容を考えるとまだまだですねぇ。得点を重ねた打線との兼ね合いを考えると結果オーライですが、やはり朝倉には今後も柱の一人としてもっと長いイニングを投げてもらいたいところ。

その他、リリーフ陣もチェン中里が失点。中里は1死もとれずに降板。最近は走者なしでもセットから投げるなど、色々と試行錯誤は見られますが、ボールがなかなかゾーンにいかない。腕を振ればそれなりに威力のある直球はいっているのでしょうが、ゾーンへ行かず、中へ置きにいけば痛打されるという感じ。ちょっと苦しい内容でした。腕の出所やひじの位置なんかを見ていると、ちょっと下がっている?まぁ気のせいかもしれませんが、どっか痛いところとか無ければ良いですが。
平井もカットやストレートが高めに抜けていて、球質も軽い感じで、危ない場面を任せるにはちょっと不安でしょうか。とは言え、今日は打線が効率よく得点できた試合。こういう日はリリーフ陣が打たれても、炎上するような崩れ方さえしなければ良し、なのでしょう。小林はまたしてもナイスリリーフ。


◆監督談話

「(荒木、井端の攻守の活躍に)2人が動いてくれたら普通の戦い方に戻れる。これで普通の戦い方に戻る。荒木の守りは1、2点以上の価値がある。」
毎日サンスポ
PR

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
D0-1G
【投手】
(巨)グライシンガー、クルーン-阿部
(中)山井、鈴木、チェン-谷繁
【責任投手】
(勝)グライシンガー4試合2勝1敗
(S)クルーン7試合5S
(敗)山井2試合1敗
【本塁打】
(巨)高橋由8号ソロ(4回、山井)
(中)

山井好投も打線の援護なく3タテならず。山井は巨人戦5連勝中だったようですが、これもストップ。

山井・7回5安打無四球の好投も無援護と一球に泣く

山井が先発ローテに帰ってきた!7回を5安打に抑える好投。高橋由の被弾の1失点のみ。あの一球…恐らく2シーム系だと思うのですが(←抜けたフォークとの事)、失投となったあの球だけが悔やまれるところです…。
山井の代名詞ともいえる大小のスライダーと2シーム(シュート)による揺さぶりを中心に、テンポ良く投げました。不安とされている立ち上がりの悪さも今日は見られず。山井は”山井らしい”投球を見られた事で、とりあえずはひと安心。今後もしっかりローテを守ってくれる事でしょう。怪我だけはしないように。


得意のグライシンガー相手に打線沈黙…

グライシンガーはやはりナゴヤドームのマウンドが合わないのか苦手の中日戦を意識するのか、序盤はボールが全体的にやや高かった。後半、少しずつ調子を上げていったところを見ると、序盤で叩いておきたかったところですが…。何となく打てないまま終わってしまった感じ。調子は悪かったでそうですが、コース際を突く細かいコントロールを見せ7回無四球。大怪我しない制球力で、8安打も全てシングルヒット。何だかんだでやはり手強い。
8回からクルーンを投入した場面は、まぁ明日から帰国の為に離脱だしイニングまたがせとけ、という部分と、豊田などは明日以降にクローザー等厳しい場面で使う事が多くなるから”今日は休んどけ”という事でしょう。でも自分が豊田だったら”信頼されてないのか!”ってフテくされるかもなぁ(笑)。”勝ちパターン”よりも”勝ち”に固執した感じ。しかしながら、パターンにこだわって星を落とす場合もあるわけで…。ここの判断は難しいですね。ただ、まだ4月。そんな時期ではないとも思いますが(苦笑)。
クルーンは調子良さそうでしたね。イニング跨ぎでもうちょっとムキになってくるかなぁと思ったんですが意外に冷静でした。抜けたフォークもチェンジアップ効果となって李炳圭・タイロンがともに見逃し三振。9回はフォークが決まって森野を空振り三振にとるなど、”ある程度”の制球力がある時のクルーンはそうは打てませんな…。

あとは、立浪になかなか一本が出ませんねぇ…。初球打ちの良い当たりはライト線を襲ったが惜しくもファウル。一打席だけだと状態がどうこうという事も判断しにくいですが、とにかく早く一本欲しい。荒木は最近、ボールが全然見えてないなぁ…。8回に打ったセンター前は良かったけど。

◆監督談話

「一人(軸となる)先発が戻ってきたと思えばいいんじゃないか。点を取る取らないは勝負事。10点取られて勝つときもあれば、1点に抑えて負けることもある。あのくらい放ってくれれば。無事に戻ってきたかというところかな。今日の収穫は山井だろ。キチッと放れるのがわかったから。今度あいつが放ったら(打線は)打つだろう。そういうもんだ。(全てが上手くいけば)144勝するって。そんな簡単にはいかないさ。まあ本人に勝ちがつきゃいいんだろうけど。ローテーション投手がみんなひとつずつ負けてるからいいんじゃないか。勝負事だから勝つときもあれば負けるときもある。チャンスを逃した?仕方ないんじゃないか。舞台を整えて、打ったか、打ち取られたかの問題だから。(惜しい試合だったと)簡単に言うけど、3つ勝つのは大変なんだ。相手も必死なんだから。クルーンは明日帰るから(8回途中から)来たんだろ。(帰国がなければ)続投か豊田だろ。明日(クルーンに)ゲームがあったらああいう使い方はしないだろ。まだそういう時期じゃない。(巨人も)それだけ必死ってこと」

中スポ中日毎日ニッカン:多謝ドラゴンズスタジアム

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
D6-1G
投手】
(巨)内海、西村健、藤田、栂野-阿部
(中)川井、鈴木、平井、小林、高橋-谷繁
【責任投手】
(勝)川井2試合1勝
(敗)内海3試合1勝2敗
【本塁打】
(巨)
(中)

エントリーが遅れてしまいました。時間短縮のため、今日は簡単な雑記です。

先発川井6イニング1失点、プロ初勝利

山井ではなく、4年目左腕川井が先発。カーブ、スライダーにカット気味のファストボールを概ね低めに配し6イニング被安打6、1失点。緊張からかフィールディングに危うさを見せたり、ボールが高めに浮く場面もみられましたが、6回無四球は立派。2アウトランナー三塁の場面で抜けた暴投がバックフェンス直撃となり谷繁のところに戻ってくるラッキーな場面や、一塁ゴロを弾いたウッズの破れかぶれバックハンドパスがファインプレーとなるなど運も味方しました。が、この勝利は川井のナイスピッチングによるものでしょう。谷繁とのリードの波長も合っていたように見受けられたし、カーブやスライダーをコースに丁寧に配する投球は川井の持ち味が十分に出た投球だったのではないでしょうか。後半はチェンジアップも試していたとの事。

一方、巨人打線の落ち込み方は深刻…。終始、川井の緩急にタイミングが合わない場面が多く、狙い球が絞れていなかったのかなぁと。特に川井のスローカーブをひっかけたり、空振りしたりと、カウントをテンポよくとられ、最後まで攻略の様子が見られなかった。ベンチ主導の判断というか、例えば「カーブは捨てていこう」とか「目線を上げていこう」とか、そういう意志統一が打線になさそうというか…。まぁそれが必ずしも好結果に繋がるわけではないのでしょうが、投手としては凡打パターンのひとつになっている球種を捨てられると嫌なハズ。上位打線は実績もプライドも高い選手たち。打撃コーチ以下首脳陣も、あまり口を出せない部分もあるでしょうか。

◆監督談話

「(結果を出している投手陣について)いい競争してますな、25(歳)前後の連中が。(川井は)オープン戦(3月18日・東京ドーム、巨人戦は投げてたよな。ファームでキチッと抑えてきてるやつは、(1・2軍で)そうは野球が変わるもんじゃないと思うけど。4年目か?それなりに経験してきてる。ドミニカにもいって経験してきたんだろ。この世代の連中はやっとスタートしたってとこじゃないの。(川上の離脱がなくても)どこかでは使ってると思う。それがいい状態で使っているか、落ちてきて使うのかは違うけど。ファームでもそれなりのピッチングしてきているし。(好守が目立った試合だが)打てなきゃ守るしかない。打てなくて守りがシュンとしてたらこのチームは成り立たない。打つことと守ること別で考えられるようにやっとなってきた。それが彼らの評価とつながっていく。野球は打つだけでも守るだけでもない。勝つためにどんな歯車が狂ってもダメなんだ。」

(中日:スポーツ報知共同時事毎日:多謝ドラゴンズスタジアム



Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
D6-3G
【投手】
(巨)上原、越智、栂野、野間口-阿部
(中)中田、チェン、小林、岩瀬-谷繁
【責任投手】
(勝)中田3試合2勝1敗
(S)岩瀬6試合5S
(敗)上原3試合2敗
【本塁打】
(巨)高橋由6号ソロ(3回、中田)、7号ソロ(5回、中田)
(中)森野4号ソロ(4回、上原)

中継で観戦。副音声などで場内サウンドがあると、そちらを聞く機会も増えましたが、今日は音声は東海ラジオ。稲葉さんの解説を聞ききたかったので。今日も気になる発言をなさっていました。これはまた別のエントリーで。

中田不調も精彩なき上原に集中打で逆転勝利

先発は前回、すさまじい制球難を披露してしまった中田と、今シーズンまだ勝ち星なしの上原先制点を取られるとマズイなぁ…と思っていたところへ、2回・3回と失点。4回裏に見方が逆転し、そろそろ中田が暖まってくるだろうか?得点直後の追い上げは避けたいなぁ…と思っていたところでまたも失点。結局今日はエンジンがかかる前に降板。

初回はカーブを多めに要求するなど、不調の中田のリードにも四苦八苦した谷繁。体を大きく使い、力みを取るためにそういう配球にしたのでしょうか?何というか、相手打者との駆け引きとして、カーブやスライダーを多めにした感じはしなかったので。打者との勝負の前に、自分(谷繁からしたら味方)と戦わなければならないってのもなぁ。

今年も中田の機関坊っぷりは続きそうですね…。利かん坊か聞かん坊か…。

中田の後は先発要員と思われていたチェンがリリーフで2イニングをピシャリ。2試合続けて零封となると、どっかが”今中二世”なんて言葉と絡めてフライング気味に「巨人キラー」なんて言葉が出てきそうだ(苦笑)。いや決して今中2世には見え…、あ、くどいですねコレ(笑)。その後は今日も小林がナイスリリーフ。開幕から与えられた仕事を堅実にこなしています。結果に伴い、内容も良いのではないでしょうか。最後は岩瀬が難なく締めて勝利。

上原不調?リードミス?

まだシーズン始まったばかりなのに堂々とメジャー宣言してしまうエース…というのも個人的に気になるところなのですが(腹は決まっていても発言すべき時期じゃないような…)。まぁそれは置いておいて、上原は微妙なコントロールに苦しんで4回0/3で降板。原監督が直々にマウンドに行って降板を言い渡しました。確かに右打者のアウトコースのジャッジが厳しい場面もありましたが、その後は明らかなボールに対するジャッジにも不満顔を隠さないなど、自滅気味な感じも。そこから甘いボールが増えていきました。

そしてもうひとつ気になったのが阿部のリード。谷繁のタイムリーは高めの釣り球がやや低く入ったものでしたが、昨年の谷繁ならばファウルか空振りの多いセーフティーゾーン。が、脇をしめてコンパクトに振っていく今の谷繁にとっては甘い球。同じく、李炳圭のタイムリーも初球、アウトコースややボールゾーンを要求。上原のボールは要求より高く入ってしまいました。初球からどんどん振っていく李炳圭ですが、ここも昨年までならばファウルか空振り、フェゾーンへ落ちても凡打のゾーン。が、今年の李炳圭はあそこのアウトハイ周辺を逆らわずにレフト線から左中間方向へミートしています。巨人バッテリーに今年のデータが入っていないわけはないと思うのですが、阿部は昨年のイメージでいってしまったのかな?と。上原の後を投げた越智や栂野なんかもなかなか良い球投げてるなーという場面もあったのですが、阿部は外中心で奥行を使ったリードで、もっともっとインコースなんかも使って左右の振りを使ったらいいのに…などと思ってしまいました。まぁ素人考えですけど。
栂野はチェンジアップやカーブとキレの良いストレートによる緩急が効いていて、まぁ今日見ただけですが、なかなかおもしろい投手に感じました。

さて、チェンが中に入った事であす以降のローテがまたわからない。山井・川井という順で来るのでしょうか?それとも17日は山本昌が登録即先発か?となると、今度は落とす投手に困るなぁ…。中田もウカウカしてると危ないぞ。


◆監督談話

「中田の立ち直る気配がないから、代えようということだった。早かったよ。ピッチングコーチが代えましょと言ってきたの。あそこはピッチャー代えるとなったら、(代打立浪の)選択肢としては正しいんじゃないか。最善の策じゃないかな。まして上原がああいう形で引っ込むと思っていないし。(中田は)今までで一番良くない。立ち直る兆しが見えないので六回から代えた。そのうちよくなるでしょう。次に期待しましょう。
(5回に無死一、二塁で中村紀に犠打については)打てる手は打たないと。何でもいいから1点取れればいいんだ。取れなきゃ仕方ないんだけど。最終的に(立浪の)セカンドゴロのあの1点が、向こうにすれば一番ダメージが大きかったんじゃないか。ヒット打たれるよりもな。何でもいいから1点は1点。(得点には)きれいも汚いもない。入れば1点。」

毎日共同報知:中スポ:中日:多謝ドラゴンズスタジアム



20080415中日x巨人 上原KO


2008年4月15日 中日荒木の好プレー


20080415中日x巨人 中村紀 怒りの一打からの逆転劇


20080415中日x巨人 森野 反撃の4号HR



Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
C0-7D
【投手】
(中)吉見-谷繁
(広)長谷川、青木高、広池-石原
【責任投手】
(勝)吉見3試合2勝
(敗)長谷川3試合1勝2敗
【本塁打】
(中)ウッズ3号ソロ(5回、長谷川)
(広)

繋がらない…と心配していた打線が繋がって7得点。17安打打ったけど残塁も11(笑)。

吉見2試合連続完封、開幕から20イニング無失点

今季2度目の先発となった吉見がこの日も完封で2勝目。9回111球、11安打を打たれながら零封の粘投。カープ打線の拙攻に助けられた部分もありますが、相手の狙いをことごとく外した谷繁のリードと、おおよそ制球よくリード通りに投げ込んだ吉見とによるバッテリーの勝利ということでしょう。

前半はストレートと2シーム中心の配球、後半はパームをやや多めに配した組み立てで読ませず、相手の機先を制した感じ。調子は悪かったとの事で、確かに苦しみながら達成した完封。ある程度スイスイいった前回の完封よりも、自信になるのかもしれません。吉見って新人王の資格アリなんですね。こんな時期からそんな事を考えるのも何ですが、このピッチングを持続できれば、もしかするともしかするかも?

9回に吉見の2シーム(シュート)を二塁打した石原は開幕戦でも川上のシュートを二塁打放ってませんでしたっけ(確か9回表)?インコースの厳しい球を肘をたたんで打つのが上手いですね。

打線爆発!先発全員安打

先発全員安打、17安打で7得点を奪ったわけですが、長打に単打、内野ゴロの間の特点などいろいろな得点パターンでスコアを重ねていきました。まぁ17安打で二桁いってないっていうのも何だかではあるんですが(苦)。井端がセンターから右方向で4安打を放った事で、やや視界が良好になったでしょうか?井端の復調気配は大きい。長谷川の調子が悪かった部分も大きいと思いますが、打線全体として繋がって安打が出たのは大きいでしょう。

大味な試合になると野手も投手も、色々と打席やマウンドに立たせておきたい選手もいるのですが…。まぁこの日の主役は吉見って事で、勝って尚、多くを望むわけにもいかないですね。


この週末は荒木を中心に”走る!”という目標があったみたいですが、結局盗塁は記録できず。現在、盗塁数2は横浜と並んでリーグワースト。うーん、ちょっと気になるところ。まぁスチールに限らず、足を絡めた攻撃とアライバの連係がそろそろ見たいところですが。
さて週末カードを勝ち越して、来週から巨人戦。エースなき巨人戦ですが、頭を中田にして、チェン・山井で行くのでしょうか?

◆監督談話

「(チャンスで広島に適時打が)一つ出たら(試合展開は)逆になっていた。(吉見の完封については)吉見? だから最後ああいう布陣(9回途中、得点圏に走者を置いてから藤井を投入)にしたんだ。」
中スポ毎日



080413 中日 吉見 完封勝利 全打者対決!


20080413中日x広島 吉見 2試合連続完封



Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
C3-1D
【投手】
(中)小笠原、川井、中里-谷繁
(広)高橋、梅津、横山、コズロースキー-倉
【責任投手】
(勝)高橋2試合1勝1敗
(S)コズロースキー6試合2S
(敗)小笠原3試合2勝1敗
【本塁打】
(中)森野3号ソロ(2回、高橋)
(広)アレックス3号2ラン(4回、小笠原)、シーボル2号ソロ(4回、小笠原)

今日はナゴヤ球場でウェスタン観戦。よってこちらの試合は見てません。ネットで確認のみ。6安打は散発かぁ。打てないというか、ここのところずっと繋がらない打線。色々と見てまわってから後ほど書きます。

散発6安打…小笠原は2発に沈む

開幕後、はじめて打順をいじって6番森野・7番中村紀中村紀は先日の2アーチで状態の好調さを感じたのですが、そこから調子降下気味。3併殺を含め、打線の繋がりも悪く…。6回表、デラロサが内野安打で出塁後、荒木の併殺はスコアを見る限りではショートゴロ。映像を見ていないので何とも言えませんが、進塁打であるとか、結果はどうであれその意識であるとか…。そういった部分は不器用な荒木にそこまで求めるのも酷でしょうか?打線は全体的に、なーんかここのところ、これまで培ったものが失われてしまっているかのような感じさえしてきてしまう。

小笠原の調子はどうだったのでしょう?球場の特性を考えても、2発で3失点というのはスコア上では判断しにくいところ。ただまぁ3~5回の3イニングで被安打8というところを見ると…悪かったのでしょう、きっと。
川井が試運転登板。ローテ投手がいって、状況によってローテ候補がロング待機という感じは当分続きそうですね。

明日は吉見でしょうか?先日のような投球ができれば試合を大きく崩す事はないでしょう。簡単なことではないのでしょうが。まぁ打線が早い回に得点してラクにさせてあげたいところですが…。


◆監督談話

「重苦しい展開だったのでは?)重いじゃない。ゲーム運びがへたなだけ。これから考えてやっていかないと。これからですよ。」
「(打順の組み替えについては)何とでもなります。他(の打順は)はそうもいかないけど、6・7番は。その都度?そうですね。みんなには分からない部分がある。経験した者でないと分からないところもあるからな」
(中スポ:サンスポニッカン:多謝ドラゴンズスタジアム

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
C3-7D
【投手】
(中)朝倉、小林、鈴木、平井、高橋-谷繁
(広)大竹、林、岸本、広池-石原
【責任投手】
(勝)朝倉3試合2勝1敗
(敗)大竹3試合2敗
【本塁打】
(中)和田3号満塁(1回、大竹)、4号3ラン(5回、林)
(広)シーボル1号2ラン(4回、朝倉)

今日は試合を見られませんでした。ネットで経過確認のみ。色々見てまわって、後ほど書きます。

和田が満塁弾&3ランで全打点を叩き出す

膝の状態が気になるものの、打撃は調子にやや上向きの感のあった和田が二本のアーチで7打点!!全打点を叩き出す活躍で快勝。狭い広島市民球場のレフトへ、貴重なアーチを叩き込んでくれました。カープ先発大竹は四球が4つ、和田の満塁の打点も四球2が絡んでいて、まぁなんというか去年までの大竹…、いや一昨年くらいの大竹になっちゃってたのかな、と。打ちあぐねることなく、立ち上がりに4点を取れたのは大きかったのではないでしょうか。

で、李炳圭の4タコがやや気になります。荒木・井端があまり調子が出ないことも相まって、1~3番の上位打線が沈黙気味。それでも李炳圭は3番に置いておいて欲しいところ。後ろにウッズが控える事でボール球や誘い球の減少効果が見込めるような気がするし、基本的にゾーンへ来たら全部振っていく打者なので。それこそ7番とかに置いたらボール球で勝負される場面が増えてしまうような。まぁ森野三番の有効性も大きいのでしょうが、全体的に”生かそう”と考えたら”そこ”なのかなぁ、と。

朝倉は5回1/3で降板。試合を見ていないのでわかりませんが、まぁあまり良くなかったのでしょう。2シーム(シュート)にフォームのクセがあり、見破られているというような報道も出ているようですが、この日はどの程度の割合で2シームを投げてたのでしょうか?投球フォーム問題は、一度時間があるときに検証してみようかな。まぁTV中継の視点だとわかりにくいでしょうけど。小林は今日もナイスピッチ!


◆監督談話

「(憲伸の抹消は)体調不良。すべてに共通する言葉だ。元気が戻れば使う。それしかない。いつ戻るか分かりません。(和田については)最初から心配していない。最後はその辺のところにいってるよ。そういう選手なんだから。」
毎日報知サンスポスポニチ中スポ


20080411中日x広島 和田 爆発7打点


Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
VIEW COUNT
カレンダー
←05 2020/06 07→
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
一万年と二千年前から「中日ドラゴンズ」を愛してる
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
※リスト表示以前のアーカイブは上記カレンダーよりご覧ください。
※2006年以前の記事は現在一部の記事のみです。一括エクスポートできない為、現在地道に引っ越し中…。
ブログ内検索
複数ワードによる検索は出来ません。検索ワードは高確率でインデックスされます。
 Keyword often retrieved:
サイト内検索

スペースで区切ることによって複数ワードでの検索が可能です。更新されたばかりのエントリーのワード反映には日数がかかる場合があります。検索ワードを全てインデックスさせるには上記「ブログ内検索」窓をご利用下さい。
Powered by Google
参照サイト
多謝リンク
あわせて読みたいブログパーツ

Environment Browser:FireFox2.0 & Plese On JavaScript / We Use Font "meiryo". Test Browser:FireFox2.0 , Internet Explorer 7 / Sorry,Japanease Only.
忍者ブログ [PR]

(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.