忍者ブログ
JJ DRAGONS
当ブログについて お知らせ ブログ内検索 RSS 2.0 Web Master's Operation Web Master's Operation 日本ブログ村「中日ドラゴンズ」
JJ DRAGONS  -中日ドラゴンズ応援系ブログ-
ホーム ニュース 2008年試合結果 公示 球種考察 ファーム NPB全般 コラム ニュースクリップ 動画クリップ お知らせ 当ブログについて 当ブログについて
(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.

No TopPage
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
D1-1C
【投手】
(広)ルイス、横山、コズロースキー、林、岸本、永川、梅津-石原、倉
(中)朝倉、チェン、岩瀬、平井、小林、長峰-谷繁
【本塁打】
(広)
(中)

GW最終日。観戦に行ってきました。引き分け…あぁ疲れた。。。。チャンスはあったのですがねぇ…。アレが痛かった、コレが痛かった、と言い始めたらそういうものが盛りだくさんだった試合、でしょうか?結果を見れば、今日も投手陣は良く頑張った。

12回裏、デラロサが来るのかな?と思ったら小川の代打起用。隣の隣の席の人が言ってたけど、小川は梅津と下で対戦経験があるのかな?小川は良く粘ったけど、最後はバットを出して欲しかったなぁ。代打(特に右)、足りないよなぁ。
立浪は今日もヒット出ず。




◆監督談話

「そんな簡単に(通行)手形なんか出てこない。もっと苦しめばいい。代わりはいないんだから、選手が音を上げるまで変えない。監督が音を上げることはないが、選手が音を上げたらいつでも代えてやる。」

共同時事サンスポ


◆ブログランキング
ブログランキング、現在「中日ドラゴンズ」ランキング4位です。最後まで読んでくださった方、もし宜しければ左記バナーのクリックをお願い致します。
PR

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
D4-10T
【投手】
(神)杉山、能見-矢野
(中)中田、長峰、金剛、高橋-谷繁、小田
【責任投手】
(勝)杉山4試合2勝1敗
(敗)中田6試合4勝2敗
【本塁打】
(神)
(中)

今日は所用で出かけており、全く試合を見てませんでした。野球ファンたるや、外出していてもやはりドラゴンズの試合が気になるもの。2時半過ぎ、、、くらいだったでしょうか?携帯から速報サイトに繋ぎ、「さて、どうなっとるかな」とスコア確認。

ズンっ。

TBSラジオ



ジー○ン刑事殉職…
「なんじゃこりゃああああああっっ!!!」





◆監督談話

「(中田は)イメージチェンジは早すぎる。暴れろと言ってるんだ。きょうはまるで駄目。真ん中に球が集まるとやられる。」

サンスポ時事


◆ブログランキング
ブログランキング、現在「中日ドラゴンズ」ランキング3位です。最後まで読んでくださった方、もし宜しければ左記バナーのクリックをお願い致します。


◆関連動画

080505 阪神対中日 1回表 タイガースの攻撃ハイライト
080505中日×阪神 4回表
プロ野球ニュース 中日対阪神 080505
080505 初回で決まった! 新井と中田の熱い勝負 中日vs阪神 

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
D3x-2T
【投手】
(神)岩田、渡辺、久保田、江草、藤川-野口
(中)吉見、小林、岩瀬、チェン-谷繁
【責任投手】
(勝)チェン8試合2勝1敗
(敗)藤川14試合1勝1敗11S
【本塁打】
(神)鳥谷3号ソロ(7回、吉見)
(中)李炳圭4号ソロ(10回、藤川)

観戦してまいりました(ライトパノラマ)。嫌な空気を引きずったままの序盤~中盤でしたが、そんな劣勢の中、ノリの同点タイムリー2ベースに震え、李炳圭のサヨナラアーチに驚愕!!投手陣も良く頑張りました。まずは結果のみ。徐々に追記します。






”FK”を打って今季初のサヨナラ勝ち!

先発は中6日でサンデー吉見、阪神は岩田と、両カードでは珍しいこれまでにない若手二人(ともに3年目)のマッチアップ。どちらが”重圧に崩されるのか?”なんて言ってたんですが、両投手とも先発の役目を果たす好投。吉見は4回、無死からの三連打で1点を奪われましたが、その後粘り強く投げて7回2失点。鳥谷の一発はまぁ余計だったんでしょうが、打線の無援護の中、本当に良く投げました。スライダー、シュート、フォーク・パームを駆使し、打者のインアウト・縦左右をしっかり突く投球スタイルも十分に確立されてきた印象。まだまだ、疲れも感じさせないですね。投手陣は吉見の後も、小林・岩瀬・チェンと本当によく踏ん張りました。

一方、阪神先発の岩田もスライダーとシュート(2シーム)でインアウトで攻める投球。特に左から逃げ、右に食い込み沈むスライダーには手を焼いていた印象。同じ攻め方で凡打を繰り返す打線にやや、苛立ちを感じましたが、阪神は岩田から渡辺-久保田と繋いできた。渡辺のキレのある投球には「あぁこりゃ打てそうにないなぁ」と思わずボヤいてしまいましたが、久保田からはヒットが続き、中村紀の2点タイムリー(2ベース)で同点。久保田はストライクを取りに来た球が打ちごろ付近に集まってましたかね。しかしまぁ打線は良く追いつきました。

開幕直後の打撃はどこへやら…また昨年のような”型にはまった凡打”を繰り返すようになってきた李炳圭が、最後は藤川球児から劇的サヨナラアーチ。今年は開幕から我慢できていた”外へ逃げるボール”にも最近は対応でず、昨年のように空振りを繰り返し…。逃げる球、落ちる球にが頭にあるせいか、直球にも体を崩し、バットもアッパー気味に。久保田の低めワンバウンドになるストレートを空振りするなど、本当に状態としては最悪な印象。で、藤川に対してもカウント2-1の時点で打てる感じは皆無でしたが、”何とか繋ぐ”という意識でポイントを近めに持っていたところへ、フォークがやや甘くシュート回転して入ってきました。阪神バッテリーには”落して空振り”という考えがあったのでしょうが、これが裏目に。
昨年から、時折左中間へ逆方向に伸びる打球を見せてくれてましたが、まさかスタンドまでいくとはなぁ…。良く打ちました!
ただまぁ、ビョンさん、あの打球フェンス直撃になった可能性もあるわけで、打った後はちゃんと走りましょう(笑)。

で、気になったところは、阪神は10回から藤川投入。裏攻撃で、同点からの岩瀬投入はまぁ、うちのいつものパターンというか、同点での9回以降は良い投手から順に使っていくノーマルないつものドラゴンズの継投。ただ阪神は表攻めな分、”負けない為”の12回裏が待っているわけで、先日の延長引き分けはそうだったのですが、最後に”藤川”で来るもんだと思っていた。ピンチになれば出てくるかな?くらい。
仮にのまま進んでいたら藤川で3イニング行かせていたのだろうか?2イニングならまだしも、”(展開次第で)3つ行くぞ!”という事になると、なかなか全力投球はできないよなぁ。鉄腕久保田は1イニングで変えちゃったし、その辺、どうなんでしょうね。


◆監督談話

「もがき苦しんで、一つずつ勝ちを拾っていけばそのうちパーッと花が開くだろう。誰が関所(チャンス)でせき止めているのか。誰か通れるよう手形を渡してくれ。相手の先発投手をつぶしていれば、こんな展開になってない。」

サンスポ時事


◆ブログランキング
ブログランキング、現在「中日ドラゴンズ」ランキング3位です。最後まで読んでくださった方、もし宜しければ左記バナーのクリックをお願い致します。


◆関連動画

20080504-中日 vs 阪神 10回裏 李炳圭サヨナラホームラン
中日対阪神 十回裏 080504-1
中日対阪神 十回裏 080504-2
20080504-中日 vs 阪神 10回表 チェン
中日対阪神 八回裏 080504-1
中日対阪神 八回裏 080504-2

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
D1-9T
【投手】
(神)安藤、江草-矢野
(中)小笠原、中里、金剛、小林、高橋-谷繁、小川
【責任投手】
(勝)安藤6試合4勝2敗
(敗)小笠原6試合3勝2敗
【本塁打】
(神)新井3号2ラン(1回、小笠原)、平野1号3ラン(4回、小笠原)
(中)ウッズ5号ソロ(4回、安藤)

大負け。ちょくちょくサッカーとチャンネルを変えながらTV観戦。ホイッスルが吹かれサッカー終了。で、ホっと一息ついて野球に集中したところから試合は崩れ…。とりあえずは結果のみ。徐々に追記します。

4回6失点…先発小笠原崩れ大敗

まぁ監督の言葉にもある通り、シ-ズン中にこういう試合はつきもの。開幕からここまで、先発が序盤に大崩れするなどの、こういった類の試合が無かった方が驚くべき事なのかもしれませんね。ただ、GW初日、大入り満員御礼。地元ナゴヤに多くのドラゴンズファンが詰めかけた試合でこんなゲームせんでも…(汗)。

中6日、予定通りの登板となった先発小笠原は、立ち上がりからボールの抑えが効かなかったか、高い球が多かった。初回に新井に肘をたたんだ芸術的な2ランアーチを浴びると、3回にも簡単に今岡に犠牲フライを打たれ、4回には平野に3ラン。これまで調子が悪くとも、悪いなりに投げてこれた小笠原ですが、この日は修正も効かず、終始高めに抜け気味でしたかね。疲れもあるのかなぁ(と言ってもまだ1月たっただけだし、酷使されているわけでもないしな)。山本昌が一軍帯同している事もあり、これで小笠原は一旦ロング待機に降格でしょうか?うーん、一回の失敗でそれはないかな?まぁどちらにしろ今日の投球のみで抹消という事はないでしょう(?)。次回登板に期待。

主導権を相手に完全に握られた事で、中里金剛の予備軍が登板。中里は何球に1球かは良い球がいっていた気がします。が、2006の後半に見せたような強烈なストレートはまだまだですねぇ。今日はカットボールも多めに投げてましたし、2シーム系のボールも投げていたでしょうか(投球練習中に1球、シュートは投げてましたね)?ファスト系のバリエーションは出せてました。個人的には2イニングくらい見たかったですけどね。今日の内容ではこれまでのイメージから可もなく不可もなく、といった感じ。金剛は全体的にストレートがシュート回転して高めに抜ける球が多く…(恐らくは直球はオール4シーム?意識的に投げている2シームというわけでもなさそうですし…)。これではカウントも取れなければフォークも生きないしなぁ。鳥谷に完全に盗まれた(三盗)事も含めて、ちょっと内容的に苦しいでしょうか?縦落差のあるスライダーは良い感じに放れてはいましたが。

9回に登板した高橋聡は荒木のトス暴投絡みもあって3失点(自責2)。良いときは良いんですが、今日は例によって”最低限の制球力”を失った悪いアキフミ…。使いにくい投手だなぁというのは今年も変わらないなぁ。何か勿体ない。まだまだバランスが悪そうですが、課題だった下半身強化はどうなったんでしょ…。


打順入れ替えも結果は出ず…ウッズのソロのみ

もう少し我慢するかな?と思っていた打順ですが、変えてきましたね。森野を3番に、不調の李炳圭を6番へ。打順自体は妥当な変更と言えば妥当なところでしょうか。李が7番に入るのかな?というのもありましたが。打順変更、即好転とはなりませんでした。

安藤は得意のフォークや、高めの釣り球や打者の懐へのボールを効果的に配球。特に高めのストレートには手こずった感があるなぁ…。それでも安藤も序盤は”抜群の調子”というわけでなかったと思うのですが。個人的には初回、先頭荒木が出てからのアライバの動きに期待したのですが、結局井端がセンターフライでランナー動かせず。ここが残念でした。井端は数字以上に、どこか落ち込み感があるというか、状態悪いんでしょうかね。守備面、走塁面も含めて、どこか”見慣れない井端”の姿のような。

代打陣井上・立浪は今日もヒット出ず。まぁ井上はまだ昇格して3打席なので、これでどうという事はないのでしょうが、立浪はこれで17打席13打数無安打…。月が変わってツキは…変わらなかったか。とにかく、早く一本欲しい。1本出ればポンポン打てるように…なるかなぁ…。とにかくまず一本。

今シーズン、先発が崩れての敗戦は初でしょうか?まぁこういう試合もないとね。中里や金剛、小川もそうですが、こういうゲームにも勿論、実用性はあるわけで。
とは言ってみたものの、、、、、今日観戦に行かれた方は、本当にお疲れ様でした…。

んで、アライバコンビならぬ、関本・鳥谷のセキトリコンビには笑いましたよ小田島さん…。

◆監督談話

「長いシーズン、こんな日は必ずある。今までなかったのが不思議なくらい。毎日これじゃ困るけど。今日一日で彼らが何を学んで成長してくれるかだ。」

共同時事


◆ブログランキング
ブログランキング、現在「中日ドラゴンズ」ランキング3位です。最後まで読んでくださった方、もし宜しければ左記バナーのクリックをお願い致します。


◆関連動画

中日対阪神 三回表 080503-1
中日対阪神 三回表 080503-2
中日対阪神 四回表 080503-1
中日対阪神 四回表 080503-2
中日対阪神 八回裏 080503
中日対阪神 九回表 080503-1
中日対阪神 九回表 080503-2
中日対阪神 九回裏 080503
プロ野球ニュース 中日対阪神 080503

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
D2ー1YB
【投手】
(横)那須野、桑原謙、横山-鶴岡、新沼
(中)川上、チェン、岩瀬-谷繁
【責任投手】
(勝)川上5試合1勝1敗
(S)岩瀬12試合10S
(敗)那須野9試合1勝4敗
【本塁打】
(横)
(中)ウッズ4号ソロ(6回、那須野)

今日はネットとラジオで経過確認のみ。詳細がわからないので雑記のみです。
ウッズの一打と川上の好投で勝利。川上は良かったのでしょうか?7回で下がったのは連戦前だから?久々の先発だったから?体力不足?見ていないのでそこら辺がわからなく、やや気になるところです。皆さんのブログを見て回ろう。

エースが抑え、4番が打つ!川上が今季初勝利とウッズに久々の一発

先発は久々、1軍復帰後、2試合のリリーフ登板を挟んで先発復帰の川上。7回を投げて2安打、無失点のピッチングでようやく今季初勝利。スコア上では死球2というのが気になりますが…。まぁまた録画を見られる時にまた確認しよう。

継投に関しては、リリーフと先発を行ったり来たりのチェンが8回から登板。川上降板の意図が何だったのかも気になるところなんですが、2点差8回からチェンというのも意図が見えにくいところ。昨日、平井を使ってるというのもあるのでしょうが。チェンは連打と四球からの犠牲フライで1失点。スコアを見る限りでは、まぁ踏ん張ったというところなのでしょう。

リリーフ陣もローテーションというか、基本的に2試合続けての連投はないですね。そういう意味では小林という線は今日は考えなかったのかなぁ?と。まぁタクローを挟んで右打者が続くというのもあったのかもしれませんが(まぁチェンも左腕ですが)…。昨日もそうなんですが、こういう状況になるとやっぱり鈴木の故障が本当に痛いというか、例えば中里なんかはすごく起用法が難しい。勝ちきりたいゲーム・競っているゲームではまだまだ危うい印象で、基本的には大量リードor捨て試合で投げさせておきたいのでしょうが…。全体的に投手陣が頑張っていて、打線が振るわない今のチーム状態ではなかなかそういうゲームが無いですからねぇ…。まぁテストケースも含めて、予備軍を使う状況が無いというのは野手陣にも言える事ですね。

最後は岩瀬が横浜打線に詰め寄られながらも、何とか逃げ切りに成功。最後、2死2・3塁から仁志を歩かせて満塁策。この選択ができると言うか、こういうところでバタバタしないところはさすがですね。

さて、これで横浜相手に無事勝ち越し。井端が荒木とのグラブトス失敗の際に、手を痛めた?との事でやや心配。打線は結局、1~3番待ちだなぁ…。すごく個人的な意見としては、今の打順は組み替えるべきではないと思っているのですが…、でもここまで来るとなぁ…。


◆監督談話

「何もない。(活躍したのが)エースと4番じゃないか。監督がもう少しうまくやらないと。それが今日のこういう結果だ。」

毎日


◆ブログランキング
ブログランキング、現在「中日ドラゴンズ」ランキング3位です。最後まで読んでくださった方、もし宜しければ左記バナーのクリックをお願い致します。


◆関連動画

'08/05/01 中日 川上憲伸

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
D2-4YB
【投手】
(横)ウッド、マットホワイト、木塚、川村、横山、寺原-鶴岡
(中)川井、平井、高橋、金剛-小田、谷繁
【責任投手】
(勝)川村3試合1勝1S
(S)寺原6試合1勝3敗2S
(敗)平井9試合1敗
【本塁打】
(横)吉村6号ソロ(8回、高橋)
(中)

テレビ中継で観戦。中盤、良く追いついたんだけどなぁ…。流れ的には、アップアップの横山を崩せなかったところで、流れが向こうに行ってしまった感じでしょうか。

川井が立て直すも…打線は終盤拙攻

ウッド川井のマッチアップで始まったこの試合。川井は立ち上がりを攻められ初回に2失点するも、なんとか立ち直って6回をこの2点に抑えた。内川のタイムリ-2ベースは、李炳圭の打球の追い方がちょっと気になりましたが…。打球に対して最短距離で直線的に追うのは良いのですが、”追いつけるか否か”の判断がちょっと甘かった感じ。まぁこのプレーは仕方ないと言えば仕方ないか…。

で、川井は序盤はチェンジアップがちょっと甘かったかな?という感じ。ただ全体的にはボールも低めに集まっていたし、まずまずの内容だったのではないでしょうか。4四球もうち二つは敬遠の四球。これまでも制球力の良さを見せてくれていましたが、改めて川井は”コントロール崩して自滅”というのが無い投手ですね。次回の登板では先に先制されないよう、立ち上がりに注意してもらいたいところ。


横浜ウッド相手にゴロの山…依然打線に繋がりの気配なし

横浜先発ウッドから打線は2安打のみ。まぁウッドの今日の調子では攻略は難しかったかな?という気はしないでもないですが…。ウッドとの前回対戦でも感じましたが、やはりなかなかの好投手。特に印象に残ったのが2シーム。左打者の肩口からインコースギリギリのゾーンへ沈み込んできたり、右打者の甘い打ち頃のゾーンからボールゾーンへ流れていったりと、打者はこの動くボールに四苦八苦。チェンジアップもスライダーも、手元を離れた時は”甘い球かな?”と思うと、地上に引き寄せられるかのように低めへ。ドラゴンズ打線はゴロの山…。連続四球で6回途中に降板しましたが、調子の良い時はなかなか攻略が難しそうな感じですね。

で、このウッドが1死からの連続四球で降板すると、2番手マットホワイトがリリーフに。ここで李炳圭が値千金の同点タイムリー2ベース。相手がくれたランナーを返す攻撃、これは良かった。が、8回にも同じような場面。横山が連続四球で無死一・二塁となると、今度は李炳圭が併殺打に終わって以下、結局無得点。今度は無死だったので、せめて一塁方向に打って、最悪”1死1・3塁or2・3塁”という形が欲しかったとこですが…。まぁこれも仕方無いですね…。相手がくれたランナーが多かったので、もうちょっと繋ぐ野球ができればなぁ。

リリーフ陣は平井高橋が揃って失点。踏ん張れず。平井は丁寧に隅を突く投球をしていたのですが、やや甘め(スポーツニュースで今、見ましたが、そんなに甘い感じではなかったですね。失礼。)に入ったフォークを打たれ失点。まぁ打った村田も巧かったですけどね。アキフミもスライダーが甘く真ん中に入る失投を、不振の続いていた吉村にレフトポール直撃被弾。両投手とも1球に泣いた感じでした。こういう試合になると、鈴木の離脱の痛さを感じるなぁ。

谷繁は小田に代わって途中出場。結局アクシデントは体調面だったのかな?風邪?2試合連続スタメン落ちで心配されましたが、安心しました。その他、井上デラロサ藤井立浪が代打出場もヒット出ず。久々にたくさんの代打を使ったなぁ。井上はまぁこれからでしょう。デラロサはセンター前に抜けるかな?という当たりだったが残念。内容を見ていると、ちょっと右の代打の一番手は厳しいかな、という印象。まぁ投手の左右に関係なく、切り札は立浪なんですが…、その立浪は……うーん、、、ドツボにハマってるなぁ…。いつになったら一本出るのだろうか…。

◆監督談話

「何もねえなあ…。帰っていいか?帰るよ。何もなし。ないときゃない。」(わずか数秒で会見を打ち切る)

毎日スポニチ


◆ブログランキング
ブログランキング、現在「中日ドラゴンズ」ランキング3位です。最後まで読んでくださった方、もし宜しければ左記バナーのクリックをお願い致します。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
D4-1YB
【投手】
(横)土肥、桑原謙、佐藤、木塚-鶴岡
(中)中田、岩瀬-小田
【責任投手】
(勝)中田5試合4勝1敗
(S)岩瀬11試合9S
(敗)土肥5試合4敗
【本塁打】
(横)
(中)中村紀6号2ラン(2回、土肥)

毎年楽しみにしている「長良川祭り」。今年も観戦に行ってきました(昨年は雨天中止)。帰宅したばかりなのでとりあえずは雑記のみ。また落ち着いてから書きます。







中田、素晴らしい投球でした。小田とのコンビでどうなるかな?と注目していたのですが、ポイントで変化球をうまく使い、フィニッシュにはフォークを効果的に配球。先頭打者は一度も塁に出さず、無四球!失点は荒木のエラー絡みの1点のみ。
前半フォークは高めに抜けた甘い球もありましたが、ストレートが走っていたこともあってチェンジアップ効果で打者のタイミングをうまく外せていた感じ。終盤はフォークが低めに配せるようになり、空振りを奪い、そして低めから落ちるフォークとの相乗効果で低めストレートで見逃し三振に斬ってとるなど、本当に完ぺきな投球でした。小田のリードも良かったのではないでしょうか。

谷繁は練習前に私服のまま、球場を後にしたとの事。故障でしょうか?ベンチ入りもせず帰宅という事は何らかのアクシデントなのでしょうが…。扇の要として素晴らしいパフォーマンスを見せてくれていたので、ちょっと心配です。

◆監督談話

「中田は今年の中で一番の投球だったんじゃないの。今日の収穫は何と言っても(小田)幸平だな。よく頑張った。きょうの収穫は小田幸平。あいつが(スタメンで)いって勝ったのは久々じゃないか?(中田を最後まで投げさせるつもりは?)3点差だったら(うちのゲームプランでいけば)岩瀬だろ。」

(CBC:時事:中スポ)


◆ブログランキング
ブログランキング、現在「中日ドラゴンズ」ランキング3位です。最後まで読んでくださった方、もし宜しければ左記バナーのクリックをお願い致します。

Please click this blog-ranking banner↓
にほんブログ村 野球ブログへ にほんブログ村 野球ブログ 中日ドラゴンズへ
VIEW COUNT
カレンダー
←05 2020/06 07→
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
一万年と二千年前から「中日ドラゴンズ」を愛してる
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
※リスト表示以前のアーカイブは上記カレンダーよりご覧ください。
※2006年以前の記事は現在一部の記事のみです。一括エクスポートできない為、現在地道に引っ越し中…。
ブログ内検索
複数ワードによる検索は出来ません。検索ワードは高確率でインデックスされます。
 Keyword often retrieved:
サイト内検索

スペースで区切ることによって複数ワードでの検索が可能です。更新されたばかりのエントリーのワード反映には日数がかかる場合があります。検索ワードを全てインデックスさせるには上記「ブログ内検索」窓をご利用下さい。
Powered by Google
参照サイト
多謝リンク
あわせて読みたいブログパーツ

Environment Browser:FireFox2.0 & Plese On JavaScript / We Use Font "meiryo". Test Browser:FireFox2.0 , Internet Explorer 7 / Sorry,Japanease Only.
忍者ブログ [PR]

(c)Copyrights 2005-2008 JJ DRAGONS All rights reserved.